スポンサードリンク

明日は37度!?今からでもできる高温対策は?

明日(2017年8月9日)は東京で最高気温37度、名古屋で35度、大阪で34度が予想されています。特に関東では今年一番の暑さとなる見込みで、熱中症対策は必須といえます。

今回は1日後の猛暑にも間に合う熱中症対策をまとめてお教えいたします。明日外で活動する予定がある方はもちろん、外出予定のない方も参考にしていただければと思います。 「明日は37度!?今からでもできる高温対策は?」の続きを読む…

昼間眠すぎるのは過眠症の気あり!うつやストレスには要注意

夜中にしっかりと寝ているにも関わらず、昼間に異常なまでの眠気を感じる場合は、過眠症(ナルコレプシー)の可能性があります。

一見命にかかわる病気ではありませんが、その症状が運転中や機械の操作中などに現れた場合は、本人のみならず周囲の人間の命まで奪いかねません。現時点で症状がある方は、放置せずにしっかりと治療を受けることが大切です。 「昼間眠すぎるのは過眠症の気あり!うつやストレスには要注意」の続きを読む…

夏の頭痛は熱中症のサイン!?対処法と予防法を紹介します

普段は殆ど頭痛にならないのに、夏になるとよく頭痛になるという方がいらっしゃいます。その頭痛の原因は、もしかすると熱中症かもしれません。今回は熱中症による頭痛の対処法と予防法をまとめて紹介いたします。 「夏の頭痛は熱中症のサイン!?対処法と予防法を紹介します」の続きを読む…

胃の病気の最大の原因はピロリ菌だった!除菌で胃の病気がほとんど防げる時代に

今回の記事では、ピロリ菌という菌がどういうものなのか、なぜピロリ菌を除菌すると胃の病気が防げるのかを解説したいと思います。現在、胃の不調に悩まされている方は、ピロリ菌に感染している可能性があります。念のために一度病院で検査を受けてみてください。 「胃の病気の最大の原因はピロリ菌だった!除菌で胃の病気がほとんど防げる時代に」の続きを読む…

「暑いからシャワーだけ」はNG!夏の入浴がもたらすメリットと入り方

東京都内では30度を超えているのが当たり前になってきた昨今。夏の暑さにやられて、お風呂は浴槽に浸からずシャワーだけで済ませているという方も多いのではないでしょうか。しかし、それは夏という季節を快適に過ごす上で正しい判断ではありません。

むしろこの猛暑の時期にこそ、しっかりと入浴すべきなのです。今回の記事では、夏の入浴がもたらすメリットと、正しい入り方を紹介いたします。 「「暑いからシャワーだけ」はNG!夏の入浴がもたらすメリットと入り方」の続きを読む…

手足口病は大人にもうつる!仕事(出勤)はいつから?

一般的に手足口病は子供の病気、というイメージが強いものです。確かに、手足口病の患者の90%は5歳以下の乳幼児なのですが、大人でもかかる人はかかります。

そして、大人の手足口病は子供のそれと比べて重症化しやすい傾向があり、3割の人が40度の熱を発症します(子供はほとんどの場合、38度程度で収まります)。子供の病気だからと侮らず、しっかりと対策を取りましょう。 「手足口病は大人にもうつる!仕事(出勤)はいつから?」の続きを読む…

伝染性膿痂疹(とびひ)の季節が来る子供も大人も初期症状に注意

今日から7月ですね。この時期に気をつけたいのが伝染性膿痂疹、通称とびひと呼ばれる病気です。とびひは皮膚が細菌に感染することによって発症する病気で、他人に比較的簡単に移ります。

その様子が火事の火の粉が飛び火する様子に似ていたため、とびひと呼ばれるようになりました。以前は子供の病気というイメージが強かった病気ですが、最近は大人が感染するケースも少なくないため、十分な注意が必要です。 「伝染性膿痂疹(とびひ)の季節が来る子供も大人も初期症状に注意」の続きを読む…

有料老人ホームには3つの種類がある!違いは?

少子高齢化の進展に伴って、急速に数を増やしている有料老人ホームですが、実は有料老人ホームには

  • 介護付有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

があることをご存知でしたか?この3つはそれぞれ対象とする入居者や施設数などが異なるため、きちんと区別する必要があります。今回はそれぞれの有料老人ホームの特徴を開設していきたいと思います。 「有料老人ホームには3つの種類がある!違いは?」の続きを読む…

梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは

毎年この時期(6月中旬~7月中旬あたり)になると体調を崩すという方は少なくありません。毎年同じ時期に体調不良が現れるという場合は、気象病を疑ったほうがいいかもしれません。 「梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは」の続きを読む…