口蓋裂とはどんな病気でいつわかるものなの?

口蓋裂とは、文字通り口外が裂けている病気のことです。口蓋とは俗にいう「上顎」のことで、前方は骨のある硬い「硬口蓋」、後方は動きのある「軟口蓋」になっています。軟口蓋の最後の部分を「口蓋垂」といい、これらの部分が裂けている病気をまとめて口蓋裂といいます。

 

 

原因

詳しい原因はわかっていません。発生の原因としては遺伝子、妊娠中の喫煙、ストレス、服用していた薬などが上げられますが、一つの要因に特定できないことがほとんどあり、その多くは原因不明といえます。発生率は大体500人~600人に一人ぐらいです。

 

 

症状

口蓋裂があるため、口の中と鼻の中が接続し、食べたものが鼻の方に流れたり、しゃべるときに空気が鼻のほうに漏れるといった症状が出ることがあります。乳幼児期の哺乳は可能なこともありますが、うまく飲めないこともあります。空気が鼻のほうに漏れてしまい、発音がおかしくなることを構音障害といいます。構音障害はおおむね1歳6か月ごろから発生します。

 

 

また、口蓋裂は見た目にもかかわってくる問題です。審美的な問題だけでなく役割的な問題もあるため、早急な治療が望まれます。歯茎同士がきれいにつながっていなかったり、その部分にもともと歯がなかったりすることもあります。前歯の本数が足らなかったり、歯の形が小さかったりする場合は、専門的な治療が必要になります。

 

治療

治療の方法は一つではなく、いくつかに分けられています。口蓋を閉じるための口蓋形成術については、乳児期に口蓋閉鎖手術を行うこともあれば、幼児期になってから行うこともあります。あるいは、2回に分けて硬口蓋と軟口蓋を別々に閉鎖するというやり方もあります。手術方法も粘膜弁法、粘膜骨膜弁法などくつかの種類があります。

 

 

口蓋裂の裂け目の位置などは人によってまちまちなので、それぞれの症状に応じて治療計画を立てる必要があります。手術は一般的に全身麻酔下の元行います。

 

 

手術的に閉じる方法のほかに、硬口蓋では口蓋床などを使ってふさぐ方法がありますが、軟口蓋は口蓋床で動きを獲得することができないため効果的な治療はできません。一方で手術的な方法では将来上顎の部分の発達に影響があるため、あまり早期の治療は行うべきではないという意見もあります。多くの施設では1歳3か月~2歳前後をめどに治療を開始する施設が多いようです。

 

 

構音の治療効果は3歳~4歳ぐらいから評価するようになります。効果が十分でない場合は、再手術や咽頭弁形成術を行うこともあります。

頭痛の原因は寝すぎや寝起き?目が痛いときはどうする?

頭痛は我々にとっても身近な症状です。頭痛の裏には重い病気が潜んでいることもありますが、
一方で頭痛自体は珍しいものではないため裏に病気がないものもたくさんあります。

 

 

しかし裏に病気があろうがなかろうが頭痛は嫌なものです。では、どうすれば頭痛の痛みから解放されることが出来るのでしょうか。 「頭痛の原因は寝すぎや寝起き?目が痛いときはどうする?」の続きを読む…

多発性円形脱毛症とは?症状と完治までのプロセス

円形脱毛症はある日突然10円玉程度の大きさのハゲ(毛がない部分)が出来る病気です。
その見た目から10円禿げと呼ばれることもあります。
痛みなどはないことからついつい軽視されがちな病気ですが、
その裏に危険が潜んでいることもあるため甘く見てはいけません。

 

 

正しい対処法を知って、治療に臨みましょう。 「多発性円形脱毛症とは?症状と完治までのプロセス」の続きを読む…

急性扁桃炎が自然治癒する期間はどれくらい?

急性扁桃炎とは俗にいう「扁桃腺が腫れた」状態のことを指します。
扁桃とは口の中の左右にある口蓋扁桃、端の奥の突当りにあるアデノイド、
耳管周囲扁桃、舌の付け根の自今扁桃などがあります。

 

 

原因

人間の口腔内には様々な菌が存在しています。
扁桃にはそれらの菌と、免疫細胞が混在しています。
通常はこの免疫細胞が金をシャットアウトしてくれるのですが、
ときには対処しきれずに金やウイルスが中で増殖してしまうことがあります。

 

 

ウイルスが増殖を起こすと扁桃に炎症が起こります。これが扁桃炎です。
扁桃炎は主に抵抗力の弱い子供によく見られる症状ですが、大人も感染することがあります。

 

 

症状

子どもの場合は急性扁桃炎と同時に花の症状も引き起こしやすいので注意が必要です。
症状は風邪と似ています。38.5度程度、もしくはそれ以上の高熱が現れるとともに、
のどの痛みを感じるようになります。頭痛、倦怠感を感じることもあります。

 

 

赤くなった扁桃の表面には普段は見られない小さなかすが出来ます。
この小さなかすを膿栓といいます。

 

 

扁桃炎は自然治癒に任せるよりも、医療機関を受診して薬で治すべきです。
自然治癒に任せると扁桃周囲炎や慢性扁桃炎といった他の病気になることも考えられます。
治療は軽度の場合はうがい薬やトローチなどでも大丈夫ですが、
症状が重いときは抗生物質や鎮静剤、消炎鎮痛薬を使用します。

 

 

食事がとれないほどのどが痛いときは点滴で栄養分を補給します。
生活は規則正しいものにしましょう。口の中は清潔に保ち、
症状が消えかかっていても時々はうがいをするようにしましょう。
飲酒と喫煙はなるべく減らすか、断ちましょう。

 

 

食事については免疫力を高めるものを中心に摂取するといいでしょう。
にんにく、納豆、バナナなどは抵抗力を高めるのに役立ちます。
ビタミンC,ビタミンEなどもたっぷりと取りましょう。

 

 

扁桃周囲炎や慢性扁桃炎を繰り返す場合は、扁桃を摘出することも視野に入れましょう。
そもそも扁桃がなければ扁桃周囲炎にも慢性扁桃炎にもかかりません。
扁桃には菌の侵入を防ぐ役割があり、これを摘出するのには抵抗がある人もいらっしゃるかと思います。
しかし、最新の研究によれば、扁桃を摘出した直後は抵抗力が一時的に低下するものの、
その後は次第に回復していくものとのことなので、心配はありません。
扁桃炎を繰り返している場合は、医師と十分相談したうえで摘出してしまいましょう。

 

 

吃音症の治し方とは?芸能人(有名人)にも患者が!

吃音症は話初めに同じ言葉を繰り返したり、あるいは言葉が途中ででなくなったりする状態のことを言います。また、その随伴症状として言葉の途中で無意識に手を振ったり、顔面がひきつったこともあります。 「吃音症の治し方とは?芸能人(有名人)にも患者が!」の続きを読む…

子どもの頭部外傷の症状は?嘔吐があるときはどうする?

頭部外傷とは頭部に何らかの外傷が加わって神経系、筋肉が損傷した状態のことを言います。
末梢神経や筋肉のように直接障害されることもありますが、中枢神経系は頭がい骨や背骨の損傷で、間接的に強く障害されるという特徴があります。 「子どもの頭部外傷の症状は?嘔吐があるときはどうする?」の続きを読む…