薬の作用と横領、使い方

医療行為に用いられるは、大きく2種類に分類することができます。

 

1つ目は病気の原因に対して働くというものです。病気の原因そのものに働きかけることにより、病気を治療します。もう1つは病気による痛みを軽くしたり、症状を抑えたりする事によって、自然治癒を促進するものです。 「薬の作用と横領、使い方」の続きを読む…

薬の過敏反応と催奇形性について

薬をと要した時にどの程度効果や副作用が現れるかは人によってまちまちです。薬に対する反応が敏感な人は少量の薬を使用しただけでも如実に効果や副作用が現れます。鈍感な人はそれと同じ量の使用では効果や副作用が現れません。医師はこうした個々人の薬に対する反応の強さも考慮したうえで、薬を処方しています。 「薬の過敏反応と催奇形性について」の続きを読む…

抗生物質とは何か。その副作用と市販品

抗生物質とは、病原微生物を殺す作用を持つ薬の中でも、特に「微生物が作った化学物質」のことをいいます。世界初の抗生物質は青カビから作られたペニシリンです。青カビは菌の一種であり、病原微生物を殺す作用があります。

 

 

近年は人間が科学的に病原微生物に対抗するための化学物質、すなわち抗生物質を作ることも可能になっています。これは抗生物質の定義である「微生物によって作られた化学物質」には該当しません。このような薬を抗菌薬といいます。

 

 

抗生物質の開発により、最近による病気が比較的容易に治るようになりました。以前は市の病気と言われていた結核や肺炎などの細菌感染に関する病気は、高齢者や重病人などのもともとの抵抗力が弱い人以外にとってはそれほど恐ろしいものではなくなりました。ウイルスに有効な抗生物質なども発見されており、世の中の数多くの病気が「治る病気」に変わりつつあります。

 

 

一方で抗生物質に抵抗力を持つ病原菌が表れたり、あるいは種類の異なる新型肺炎が登場したりと、病気の性質にも変化が見られます。また、抗生物質を利用すると過敏反応(副作用)を起こす人もいます。過敏反応では直後に激しいショック症状を示し、ぜんそくのような呼吸が表れて顔面蒼白となり血圧が下がります。場合によってはそのまま死亡してしまうこともあります。一方、投与直後には症状が表れず、しばらく経ってから蕁麻疹が表れる程度で済む人もいます。過敏反応と一口に言っても、その内容は様々なのです。一般的にはそこまで激しい過敏反応が起こるのはまれです。

 

 

こうした過敏反応を防ぐために、アレルギーの有無を事前にチェックするのが普通です。

 

 

また、抗生物質は一般的に風に効果があると考えられていますが、それは必ずしも正しいとは言えません。医師の間ではウイルス性の風に対して抗生物質を投与しないことが常識となりつつあります。

 

 

また、抗生物質をむやみやたらと使用すると「耐性菌」ができます。耐性菌とは同類の最近に対しては有効な薬剤が効かない菌のことをいいます。抗生剤を使いすぎると菌がそれに順応し、抵抗力を持ってしまうわけですね。使い時でもないのに抗生物質を使うのは真に慎むべきといえます。

 

 

とはいえ、抗生物質が治療に効果的な場面も少なくないのもまた事実です。抗生物質を利用するうえでは必ず決められた時間、用法、用量を守って服用しましょう。治った感じがするからと言ってすぐにやめてはいけません。通常、抗生物質は食後に摂取すべきとされていますが、食事がとれなかった場合でも普段食事をしている時間が過ぎたら服用するようにしましょう。

薬の過敏反応と依存性(習慣性)とは?

薬がその人にどんな作用をもたらすかは、実際に服用してみなければわかりません。人によっては、ごく少量でも副作用を起こすこともありますし、逆に多めに使用しても何の反応もないこともあります。薬に対して過敏な反応を起こす原因のほとんどは先天性の特異体質ですが、中には薬物過敏症という病気が原因の人もいます。 「薬の過敏反応と依存性(習慣性)とは?」の続きを読む…