冬は血圧が上がりやすい!どう管理すればいい?

血圧はいつも一定なわけではなく、様々な外的、内的要因によって変化します。特に血圧に大きな影響を与えるのが外気温です。外気温が低い冬は夏と比べて最低血圧が5、最高血圧が10程度上がることが珍しくありません。

医療団体・東京都CCUネットワークによれば、急性心筋梗塞で搬送された患者数が最も多かったのは12月で、3月、1月と続いていました。

必然的に、冬は夏よりもさらに血圧に注意する必要があります。では、具体的にはどんなことに気をつけながら過ごせばいいのでしょうか。

急激な温度差には要注意

冬で最も危険なのは、急激な温度差にさらされるときです。例えば暖房のきいた部屋からトイレに行く時、入浴時に脱衣所で服を脱ぐときなどは特に注意する必要があります。

玄関や浴室、トイレなどはいまと比べてかなり気温が低いため、ヒーターを置くなどしてなるべく気温が他の部屋と変わらないようにした方がいいでしょう。外に出る時は、たとえ行き先が歩いて1分の場所でも必ずコートを羽織りましょう。

水分摂取を忘れずに

冬はあまり汗をかかないので水分摂取を怠ってしまいがちですが、冬でも人によっては脱水症状を起こすことがあります。水分不足の血管はザラザラして血管が固まりやすくなっているため、水分摂取で流れを良くしておく必要があります。

入浴前と入浴後はそれぞれコップいっぱい程度の水分を摂りましょう。水分の中で最も良いのは水です。他の飲み物は利尿効果が強いため、せっかく水分をとっても出てしまうので効率的ではありません。

朝はゆっくり起きる

朝、目覚まし時計がなったらすぐに飛び起きるのは健康的に見えますが、血圧を急上昇させるリスクが有るため、普段から血圧が高めの方にはおすすめできません。少し早めに目覚ましをセットして、目覚ましがなってもいきなり飛び起きず、布団の中でゆっくりしてから起きるようにしたほうが安全です。

正しい血圧の測り方と数値の見方

人間の血圧というのは常に一定なわけではなく、直前の行動や時間、環境、精神状態などに大きく左右されます。これらを統一しない状態で計測し、数値を比較してもあまり意味はありません。血圧はなるべく同じ環境で、同じ時間に図る必要があります。 「正しい血圧の測り方と数値の見方」の続きを読む…

血圧の下が高い、低い場合は?年齢別の正常値表とは

血圧とは、血管内の血液の圧力のことです。一般的に血圧とは動脈の圧力のことを指しています。心臓が収縮するときの血圧を収縮期血圧(もしくは最高血圧)、心臓が拡張するときの血圧を拡張期血圧(もしくは最低血圧)といいます。血圧は高すぎても、低すぎても問題となることが多いです。 「血圧の下が高い、低い場合は?年齢別の正常値表とは」の続きを読む…

3大生活習慣病の予防と種類とは?

生活習慣病とは、その名の通り生活習慣を原因とする病気のことです。生活習慣病はかつては成人病と呼ばれていました。癌や糖尿病、心疾患などの病気は成人しかならない病気だと考えられていたからです。しかし、社会構造や生活習慣の変化につれて若い人でもこうした病気にかかるようになったことから生活習慣病と名前が変わりました。 「3大生活習慣病の予防と種類とは?」の続きを読む…