特発性骨壊死症の好発部位とは?

特発性骨壊死とは、どこかの骨の組織が、原因不明のまま壊死を起こす病気のことです。特発性とは原因がはっきりしない病気に着けられる接頭語です。

 

 

症状

急に膝に強い痛みが現れるのが一番の特徴です。変形性膝関節症と似たような症状がありますが、変形性膝関節症は痛みが少しずつ強くなっていくのに対して、特発性骨壊死では痛みが急激に強くなるという特徴があります。痛み部分は主に大腿骨顆部や脛骨顆部などです。まれに膝蓋骨に骨壊死を生じることがあります。

 

 

痛みは発生してから1日~2日の間に急激に強くなり、夜間にかけても痛むことが通常です。
X線における検査で骨壊死像がはっきりしない段階から痛みを伴うことが多いため、初期には診断がつかず、半年ぐらいたってから診断がつくということがままあります。MRI検査ならば初期段階での発見が可能になります。

 

 

痛みは通常、2か月から6か月くらいかけて徐々に良くなっていきます。しかし、たまに痛みが取れないままのこともあります。また、痛みが焼失した後、時間の経過とともに変形性膝関節症へとつながることもあります。いずれの場合も痛みは片方の膝のみに現れることが多いようです。

 

 

原因

特発性と名がついていることからもわかる通り、明確な原因はわかっていません。骨の脆弱性による骨折から発生するという説がありますが、まだ証明されたわけではありません。腎移植後や全身性エリテマトーデスでステロイドを大量に使用した時にも発症することがあります。

 

 

理由は明確ではありませんが、どちらかというと女性に多く見られる病気です。特に中高年の女性が発症しやすい病気なので、該当する人は十分な注意が必要になります。

 

 

治療

初期の段階の場合は、T型杖や松葉杖、あるいは足底板と呼ばれる靴の中に入れる装具などを用いて対処します。壊死の範囲が狭い場合は自然に治癒することもあります。その場合は消炎鎮痛薬の内服や、ヒアルロン酸の注射などで治療を試みる場合があります。

 

 

ある程度症状が進行している場合は手術が必要とのあります。手術は比較的症状が軽く、なおかつ50歳~60歳以下の人であれば、骨切術と骨移植が選択されることがあります。

 

 

しかし、より深刻な場合は人工膝関節置換術が行われることもあります。

 

 

手術後は筋力が失われるので、筋肉量を回復させるリハビリテーションを行う必要があります。筋肉の回復には時間がかかりますが、焦らずに少しずつリハビリテーションを行うことが大切です。

ふくらはぎや太ももに軽い肉離れが起きたらどうする?症状と治療法

肉離れとは自分自身の筋肉の収縮力や外から加わった力に筋肉が耐えきれずに断裂してしまうことを言います。特に体の一部を急激に伸ばしたり、縮めたりしたときに症状が出やすいです。スポーツ経験者の方の中には、この症状を経験したことがある方も多いでしょう。断裂はたいていの場合は一部にとどまります。完全な断裂は筋断裂と呼ばれ、肉離れとは区別されることがあります。

 

 

肉離れが起きる部位はいろいろありますが、特に大腿部とふくらはぎに多く現れます。
大腿部の肉離れは20代の若い人に多く見られるのに対して、ふくらはぎの肉離れは年齢層を問わずまんべんなく発生するという特徴があります。

 

 

また、頻度はそれほど多くありませんが、腕や腹筋に肉離れが発生することもあります。

 

 

肉離れの程度は様々です。今まで何も痛みを感じていなかったにもかかわらず、急に強い疼痛が訪れるので初めて経験した人はとても驚くことが多いです。損傷部には腫れが生じて、痛みのために歩行が困難になることもあります。歩行できる場合もありますが、困難な場合もあります。

 

 

肉離れが起きた場合は症状からある程度診断が可能です。重症の場合は筋断裂部のへこみを指で触れることがあり、そこを押すと激しく痛みます。あとは病院で詳細な画像検査を行うことになります。

治療はまず安静にします。痛みをこらえて歩こうとすると症状が悪化しがちなので、
周りの人が手を貸しましょう。その後は患部をしっかりと冷却・圧迫してください。
重症の場合にはギプスで固定することもあります。

 

 

それがない場合は氷のうでよく冷やし、弾性包帯などで固定してください。
痛みが強い場合は痛み止めを服用することによってよくなることもある反面、
市販の痛み止め薬の中には内出血の傾向を強めることもあるので注意が必要です。

 

 

受傷直後のマッサージや入浴は内出血や腫れを強めるので避けましょう。
とにかく安静にして、痛む部分を動かさないようにしてください。

 

 

一般的な肉離れの場合、受傷から約数週間である程度治ってきます。
ただしこの部位は通常の部位よりもかたくてもろい筋肉で再生することが多いため、
治ったと思ったら再び肉離れを起こすことも珍しくありません。

 

 

再発を防ぐためにはストレッチが有効といわれていますが、
ストレッチも間違った方法で行えばかえって肉離れのリスクが上がります。
無理のない範囲で行いましょう。

 

 

スポーツへの復帰は慎重に行ってください。競技者の場合もいきなり復帰するのではなく、
まずは軽いジョギング程度から始めるようにしましょう。ジャンプなどの筋肉の収縮を伴う動作は完全に治ってからにしましょう。

 

 

重症の場合は手術やリハビリテーションが必要なこともあります。

親指や小指の突き指にテーピングは有効?湿布の処置と張り方

突き指は軽いけがと思われがちですが、処置を間違うと後遺症が残ることもあります。強い衝撃を受けた場合には捻挫だけでなくはく離骨折や脱臼を起こす可能性もありますので、適切な処置をすることが大切です。 「親指や小指の突き指にテーピングは有効?湿布の処置と張り方」の続きを読む…

こむら返りに隠れる病気の原因とは?ふくらはぎの痛みを緩和し

こむら返りとは簡単にいえば「こむら=ふくらはぎがつる」ことです。
足がつること自体はただ痛いだけですが、
その裏には危険な病気が隠れていることもあります。

 

 

あまりにも頻繁にこむら返りを起こす場合は、
念のために一度病院で検査を受けたほうがいいでしょう。 「こむら返りに隠れる病気の原因とは?ふくらはぎの痛みを緩和し」の続きを読む…

外反母趾の痛みの治し方は?テーピングや包帯は有効?小指の場所はどうする

ハイヒールなどを履く機会が多い若い女性は、
外反母趾になりやすいといわれています。

症状が進むと歩くことすら困難になります。
そコマで症状が重くなる前に治療が必要になります。
「外反母趾の痛みの治し方は?テーピングや包帯は有効?小指の場所はどうする」の続きを読む…

扁平足を治すメリットは?疲れやすい場合は要チェック、サポーターは有効?

足の裏が平らになっている状態を扁平足といいます。
扁平足でも特に自覚症状が無ければいいのですが、
疲れやすいなどの自覚症状がある場合は、治療が必要になることもあります。 「扁平足を治すメリットは?疲れやすい場合は要チェック、サポーターは有効?」の続きを読む…