夏に汗をかいた後はすぐに拭くべき!その理由は?

夏のピークは過ぎたようですが、まだまだ汗をかく機会が多い昨今。汗をかく事自体は代謝がうまくいっている証拠であり、懸念することではないのですが、かいた汗をそのままにしておくのは体調管理の観点から見ても、美容の観点から見ても、いいことではありません。

汗をかいたらすぐに拭くべきなのです。今回は汗を拭くことが人体にどのような良い影響をあたえるのかを解説していきたいと思います。

かいた汗を放置すると、体温調整ができなくなる!なるべくこまめに拭き取ろう

そもそも人間が汗をかくのは、体温を下げるためです。汗をかくと体の表面に汗、つまりは液体がまとわりつきます。液体が暖められると気体になりますが、物体が液体から気体になるときには、周囲の熱を吸収します。つまり、汗が蒸発する際に体温が奪われるわけです。この仕組があるため、人間は夏でも体温を安静させることができるのです。

それならば汗は拭かずに自然と蒸発するまで待つべきなのでは?と思われるかもしれませんが、それは正しくありません。汗は水分以外にも様々な物質を含んでいるからです。

汗をそのまま放置しておくと水分は蒸発しますが、それ以外の塩分や蛋白(不揮発性の物質)は残ります。すると、体表面の水分に対する不揮発性の物質の割合が多くなり、汗が濃くなります。汗が濃くなるとだんだん蒸発しにくくなるため、奪われる気化熱が少なくなり、体温が上がりすぎてしまい、熱射病へとつながります。

汗を拭くと体表面の不揮発性の物質が拭われるため、濃度が下がって効率よく気化熱を奪うことが出来ます。この際に乾いたタオルでなく湿ったタオルを使うと、より効果的です。

汗を拭くのは美容にも効果的!

かいた汗を放置すると、汗と一緒人肌が持っている水分も奪われてしまうため、肌がどんどん乾いていってしまいます。また、汗が長時間触れていた皮膚はふやけて防衛機能が低下してしまいます。防衛機能が低下した肌は炎症になったり、傷ついたりしやすいです。これを防ぐという意味でも、汗をこまめに拭くことが重要です。

吹いたあとは化粧水などでしっかり保湿すると、より効果が高まります。乾燥肌の方ほど、こまめな汗ケアが必要です。

手足口病は大人にもうつる!仕事(出勤)はいつから?

一般的に手足口病は子供の病気、というイメージが強いものです。確かに、手足口病の患者の90%は5歳以下の乳幼児なのですが、大人でもかかる人はかかります。

そして、大人の手足口病は子供のそれと比べて重症化しやすい傾向があり、3割の人が40度の熱を発症します(子供はほとんどの場合、38度程度で収まります)。子供の病気だからと侮らず、しっかりと対策を取りましょう。 「手足口病は大人にもうつる!仕事(出勤)はいつから?」の続きを読む…

梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは

毎年この時期(6月中旬~7月中旬あたり)になると体調を崩すという方は少なくありません。毎年同じ時期に体調不良が現れるという場合は、気象病を疑ったほうがいいかもしれません。 「梅雨に体調を崩すのは「気象病」が原因?症状を緩和するポイントは」の続きを読む…

夏でも高血圧への警戒は必要!冷房のきかせ過ぎにご用心

血圧は基本的に冬は上がりやすく、夏は上がりにくい傾向があります。しかし、だからといって夏は高血圧へのケアが不要なのかというと、そんなことはありません。

むしろ夏場は心筋梗塞や脳卒中のリスクは比較的高い時期であり、普段から高血圧気味の人は特に気をつける必要があります。 「夏でも高血圧への警戒は必要!冷房のきかせ過ぎにご用心」の続きを読む…

夏の子供の病気「プール熱」の原因・治療・予防法

まだ5月だというにも関わらず真夏のような暑さが続いている昨今。この時期に気をつけたいのが咽頭結膜熱、(通称プール熱)と呼ばれる病気です。

流行のピークは7月~8月ですが、2017年は5月中旬としては過去10年で最多の感染者が確認されています。プール熱は特に子供が感染する病気なので、保育園~中学生ぐらいの子供がいる親は今の時期から対策を進めておいたほうが良いでしょう。 「夏の子供の病気「プール熱」の原因・治療・予防法」の続きを読む…

暑い時期のエアコン冷房の適温は何度?

もうすぐ暑い夏がやってきますね。この時期はエアコン(冷房)に頼り切りという方も多いかと思いますが、その際に気になるのが設定温度です。

冷やし過ぎはもちろんよくありませんが、それを気にしすぎて暑い思いをするのも馬鹿げています。今回は冷房の丁度いい温度について考えていきたいと思います。 「暑い時期のエアコン冷房の適温は何度?」の続きを読む…

プール熱の症状には大人も子供も要注意

プール熱と聞くと、プールで感染する病気というイメージが強いかもしれません。しかし、実際にはプール熱はプールよりもむしろ飛沫によって引き起こされることが多いため、プールに行かなければ防げるわけではありません。子供によく見られる病気もありますが、子供から親にうつることもあるため、大人であっても油断はできません。 「プール熱の症状には大人も子供も要注意」の続きを読む…

夏場は要注意、手足口病の症状と感染経路

今年も暑くなってきましたね。なんでも今年は史上最高に暑い夏になる可能性があるそうですが、そんな季節に気をつけたい病気が手足口病です。その名の通り手と足と口に症状が出る病気で、特に抵抗力の弱い乳幼児が感染します。命にかかわることはめったに無いですが、場合によっては重症化することもあるので十分な軽快が必要です。 「夏場は要注意、手足口病の症状と感染経路」の続きを読む…

食中毒の症状を予防するには?熱からすぐ回復するには

今年も暑い季節がやってきました。海、プール、花火大会と楽しいイベントが目白押しなこの季節ですが、猛暑で体調を崩しやすいことには注意が必要です。中でも気を付けなければいけないのが食中毒。身近な病気ではありますが、場合によっては死に至ることもある危険な病気です。今回は食中毒の症状と、それを防ぐ具体的な方法をお教えしたいと思います。 「食中毒の症状を予防するには?熱からすぐ回復するには」の続きを読む…

熱中症になったらどうする?頭痛や発熱などの症状対処は?

今年も暑い季節がやってきました。海、プール、花火大会と楽しいイベントが目白押しなこの季節ですが、猛暑で体調を崩しやすいことには注意が必要です。中でも気を付けなければいけないのが食中毒。身近な病気ではありますが、場合によっては死に至ることもある危険な病気です。今回は食中毒の症状と、それを防ぐ具体的な方法をお教えしたいと思います。

 

 

熱中症になりやすい人

同じ環境課にいても熱中症になる人とならない人がいます。熱中症は一般的に、高齢者、子供、糖尿病患者など、抵抗力が弱い人がかかりやすい病気です。年齢別に見た場合、0歳~4歳、15歳から19歳、55歳~59歳、80歳前後の人が熱中症をおこしやすいことが統計からわかっています。ただし、若くて健康な人の中にも熱中症になりやすい人はいます。

 

 

熱中症になりやすい時期

熱中症は真夏の暑い時期になるものというイメージがありますが、実際には6月の下旬ごろから患者数が急増する傾向があります。この時期は温度はまだそれほど高くないのですが、その代わり湿度が高いため体の熱がうまく外に出ていきにくいのです。また、今まで涼しかったのがいきなり暑くなると体がそれに対応できずに熱中症になりやすくなります。

熱中症のピークは7月下旬から9月上旬までで、10月ごろになるとほぼ患者は見られなくなります。

 

 

熱中症のメカニズム

人間の体内では常に熱が作られています。これを産熱といいます。
作られた熱は通常、安定したペースで外に出されています。これを廃熱といいます。
産熱と排熱がバランスよく行われることにより、私たちの体は36度~37度前後に保たれます。

 

 

しかし、周りの気温が体温と同じくらい、もしくはそれ以上に上がっていたり、あるいは湿度が極端に高かったりすると、排熱がうまくいかず、体の中に熱がこもってしまうことがあります。この状態が続くと熱中症になります。

 

 

熱中症の種類

熱中症はその段階によって熱痙攣、熱疲労、熱射病のに分けられます。
熱痙攣はふくらはぎや太ももなどに起こる痙攣です。筋肉がつった状態が続きます。
塩分を取らずに水分だけを摂取するとおこりやすいです。症状が出た場合は、日陰で絵分を含んだ水分を補給します。重度の場合は医療機関で輸液によって塩分と水分を補給します。

 

 

熱疲労は熱痙攣よりもより重度な熱中症です。対処法などは熱痙攣と同じです。

 

 

熱射病はより重度な熱中症です。体温は40度以上に上昇し、脱力やけいれん、昏睡状態などが起こります。
めまい、嘔吐、吐き気、頭痛などの症状を伴うこともあり、放置すると非常に危険です。場合によっては死に至ることもあります。命に係わる可能性上がるため、一刻も早く医療機関を受診する必要があります。