インフォームドコンセントにおける看護師の役割とは

近年、医療の世界に「インフォームドコンセント」という考え方が根付いてきています。インフォームドコンセントとは、そのまま訳せば「説明と同意」「十分な情報を得たうえでの合意」となります。医療の世界においては、患者が医師から十分に病気の内容や治療の目的、治療後の予想、経費などを十分説明して、理解をしたうえで合意することをいいます。

 

 

インフォームドコンセントの考え方が最初に導入されたのはアメリカでした。当時は心臓移植手術は開発途上の技術だったため、すべて人体実験としての手続きが要求されました。ニュルンベルク綱領では、ナチスの人体実験に対する反省から「医学研究の対象となる人の自由意思による同意」は絶対的に必要なものであるとみなされており、人体実験をするには患者の同意が絶対的に必要でした。その考えはやがて日本にも波及しました。

 

 

インフォームドコンセントの考え方は進歩的にも思えますが、本来は医療というものが始まった当初からある概念ともいえます。医療的には問題がない、正しいと思われている行為が、十分な説明がなかったために問題が生じるということは多々あります。近年は体の機能の一部を失う代わりに日常生活が送れるようになる治療も多々ありますが、十分説明を受けていないとトラブルのもとになります。

 

 

日本のインフォームドコンセントの現状

日本の医師法には、明確にインフォームドコンセントが必要とは記載されていません。しかし、過去の最高裁判所の判例で、医師には説明義務があることが明確にされています。近年は先進医療の現場ではインフォームドコンセントが取り交わされることが多いです。

 

 

患者には自己決定権があり、現時点での病状を詳細に説明してもらうことができます。どのように治療が行われるか、治療を行った場合にはどのような結果が得られるか、副作用が出る恐れはあるのか、他の治療法がないのか、医師の進める治療法は何が優れているかなどを、必要ならば何度でも確認できます。

 

 

複雑な治療では医師によって治療実績に差があることも多いので、他の医師の意見を聞いたり、自分で調べたりすることも大切です。医師のみならず、看護師などにも話を聞きましょう。

 

インフォームドコンセントの問題点

インフォームドコンセントには問題もあります。治療方法の選択は医師ですら決定が難しいことがままあります。それを患者にやらせていつも正しい判断が下せるかというと、そんなことはありません。効率だけを考えたならば、医師がすべて判断を下したほうがずっといいはずです。患者に決定権をゆだねることは、医師の責任逃れという要素もあるのです。医師としてもそこまで患者に対して責任を負えないでしょうし、何でもかんでも訴訟を起こされちゃ溜まったものではありませんが。

病院の診療科の選び方は?

病院にかかるうえで迷うのが、どの診療科で受診するのかということです。たとえば小児ならば症状に関係なくたいていの場合は小児科、女性特有の場合は小児科、妊娠や出身の場合は産婦人科がベターな選択といえます。しかし、症状がよくわからないときなどはどの診療科を受診すればいいのか迷ってしまうかもしれません。わからない場合はとりあえず内科が広い分野をカバーしているのでもっとも無難です。

 

最近は内科もさらに、呼吸器、循環器、消化器、腎臓、血液、神経、代謝・糖尿病、内分泌、リウマチなどに細分化されていますが、最初から専門の加に行くことが必ずしも正しいとは限りません。患者の見立てが間違っているかもしれないからです。最近は総合診療科が窓口になっている病院も多いので、そこでかかる科を決めてもいいでしょう。自分で決めることも大切ですが、医療知識のある医師の助言を聞くことも大切です。

 

主な診療科とその範囲

内科:内科は主に薬で治療できる病気全般を扱う診療科です。また、病院の総合窓口的な役割も持っており、適切な診療科を紹介することも仕事の一つです。急を要さない体調不良の際はまず内科へ。

外科:主に手術で治療できる病気を扱う診療科です。最近は外科も整形外科・耳鼻咽喉科・眼科・泌尿器科・神経科といった感じで細分化・専門化してきていますが、最初から専門の科にかかる必要はありません。

小児科:子供の病気を診る科です。小児科に何歳以上の人間は規定はいけないという決まりはありませんが、一般的には中学卒業程度までが範囲となることが多いようです。大きな病院などではルールが決まっていることもあるので、それに従いましょう。

皮膚科:皮膚に関する病気を診る診療科です。アトピー、アレルギーなどにお困りの際は皮膚科へ。

産婦人科:妊娠と出産を取り扱う診療科です。そのほか、女性性器の病気、月経異常、不妊治療なども範囲内です。

心療内科:主に心身症を扱う診療科です。心身症とは心理的な原因があって身体に悪影響を及ぼしている状態のことです。

精神科:精神疾患について取り扱う診療科です。いわゆる「心の病気」を診る科ですが、心療内科と役割が重なっている部分もあります。イメージ的には心療内科のほうがハードルが低いと考える人が多いようです。

眼科:目の病気や視力の異常を見る診療科です。

消化器科:胃や腸、肝臓、すい臓などの病気を診る診療科です。胃腸科という名前がついていることもあります。

子供や高齢者の薬の服用方法と注意点

薬はすべての人に同じ作用をもたらすわけではありません。主作用だけを効果的に享受できる人もいれば、副作用ばかりが出て肝心の主作用のメリットがまるで受けられない人もいます。主作用がうまく出ないときは薬の量や種類を調整する必要がありますが、そのあたりは医師と相談したうえで決めましょう。 「子供や高齢者の薬の服用方法と注意点」の続きを読む…

症状から病気を探る方法は?診断は?

症状から病気を診断することは、決して簡単なことではありません。
たとえば胃の痛み一つ取ってしても胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍など、様々な病気の可能性が考えられるからです。多くの場合は症状を病気と照らし合わせながら判断していきますが、
では症状はどのように整理していけばいいのでしょうか。 「症状から病気を探る方法は?診断は?」の続きを読む…

日本の救急医療体制とは?

日本の救急医療の整備は、1964年に厚生労働省(当時の厚生省)が、救急病院などを定める省令によって救急病院、診療所が告示されることから始まりました。
日本では特に戦後、自動車が普及したため交通事故でけがを負う患者が増加しました。
これに対応するために各地で救急科、救命救急センターが多数設置されました。

 

 

現在の日本の救急医療体制は各都道府県の医療計画に基づいています。
また、二次医療圏まで対応することとしています。
医療圏とは都道府県が設定する地域的な単位のことです。
一次医療圏はいわゆる町医者などの身近な医療を提供する医療圏のことです。
医療行政においては市町村単位を一次医療圏と呼びます。

 

 

二次医療圏は一般的な入院治療の需要に対応するための区域のことです。
通常は都道府県を5~10程度の区域に分類します。
たとえば、香川県の場合は大川(さぬき市、南かがわ市)、小豆(小豆島町、土庄町)、高松(高松市、三木町、直島町)、中讃(丸亀市、坂出市、善通寺市、綾川町、多度津町、まんのう町、宇多津町、琴平町)、三豊(三豊市、観音寺市)の5つの二次医療圏が設定されています。

 

 

三次医療圏は一次医療圏および二次医療圏では対応が難しい特殊な医療需要に対応するために設けられる区域です。一般的には都道府県全域が一つの医療圏となりますが、面積が広大な北海道などでは三次医療圏も複数設定されています。

 

 

三次医療圏まで設定することによって多くの人命が助かりましたが、
その一方で日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから、救命救急士が制度化されることになりました。

 

 

これにより救命救急士は医師の指導の下で電気的除細動や輸液ルート確保などが出来るようになりました。また、一部の救命救急士には気管挿管や薬剤投与が認められるなど、その権限と責任は拡大しています。

 

 

一方で最近は救急車をタクシー代わりに利用する患者が増えるなど、モラルの低下も問題となっています。総務省消防庁は救急車利用の適正化を訴えています。

 

 

さて救急車の呼び方ですが、まずは局番なしで119をダイヤルします。

 

 

固定電話の場合は問題ありませんが、携帯電話の場合は管轄しているところと違う消防署につながることがあります。その場合は自分の現在地をはっきりと伝えましょう。
また、公衆電話の場合は赤い緊急通報ボタンを押してからダイヤルしましょう。この際に10円硬貨やテレホンカードを挿入する必要はありません。

 

 

電話を受けた消防署の職員が「救急ですか、火事ですか」と聞いてくるので、はっきりと「救急です」と回答し、その後場所を伝えます。

 

 

自宅などの場合は所番地がわかるのでいいですが、外出先の道路上など住所がよくわからない場合には近くにある交差点の名前、目標となる建物などを伝えます。
けがの様子なども併せて伝えると、救命率が上がります。

医師へのかかり方とその前の準備

近年は高齢化や医療の高度化などにより、大した症状でなくても病院にかかる人が増えてきています。
流行っているような医院、大学病院などでは数時間待たされた上に診療は数分ということも少なくありません。このような状況はすぐに改善されることはまず期待できないでしょう。 「医師へのかかり方とその前の準備」の続きを読む…

母子健康手帳の交付場所は市区町村保健所?何歳まで目的にするの?

妊娠が発覚したら、母子健康手帳をもらってくる必要があります。
母子手帳の発行が出来るのは地元の市区町村役場かその出張所、もしくは保健所です。
保健所については小さな自治体の場合は設置されていないことがありますが、
その場合は市役所で手続きすれば問題ありません。 「母子健康手帳の交付場所は市区町村保健所?何歳まで目的にするの?」の続きを読む…

うつ病無料チェック(学生向け)。軽度の症状でも病院へ。嘘をついていると疑わしい場合は?

心疾患の中ではおそらく最メジャーなうつ病
以前と比べれば多少はましな状況になりましたが、
以前として鬱に対する偏見は根強く残っています。

 
うつ病記事1
うつ病記事2
 

自分がうつ病であると思ったら、すぐにチェックを受けてみましょう。
「うつ病無料チェック(学生向け)。軽度の症状でも病院へ。嘘をついていると疑わしい場合は?」の続きを読む…