秋バテを防ぐお風呂の正しい入り方は?

近年、夏バテならぬ秋バテの症状を訴える人が増えています。秋バテとは、夏から秋に移る際の温度変化、日中の温度差の増加などの寒暖差、夏に体を冷やしすぎたことによって体にかかっていた負担などが原因で、体調を崩す現象のことです。秋自体は比較的過ごしやすい季節ですが、だからといって無理は禁物です。

秋バテを解消するのに効果的とされているのが入浴です。秋の冷えにはゆっくりと入浴して、心も体もリラックスさせましょう。 「秋バテを防ぐお風呂の正しい入り方は?」の続きを読む…

鼻うがいの効果と注意点

花粉症や鼻炎などの症状緩和・予防に役立つとされている鼻うがい。メリットも多い一方で、正しいやり方で行わないと効果が半減してしまうという一面もあります。今回は鼻うがいによって得られるメリットと、最も効果が上がる鼻うがいの方法について解説したいと思います。 「鼻うがいの効果と注意点」の続きを読む…

夏に汗をかいた後はすぐに拭くべき!その理由は?

夏のピークは過ぎたようですが、まだまだ汗をかく機会が多い昨今。汗をかく事自体は代謝がうまくいっている証拠であり、懸念することではないのですが、かいた汗をそのままにしておくのは体調管理の観点から見ても、美容の観点から見ても、いいことではありません。

汗をかいたらすぐに拭くべきなのです。今回は汗を拭くことが人体にどのような良い影響をあたえるのかを解説していきたいと思います。

かいた汗を放置すると、体温調整ができなくなる!なるべくこまめに拭き取ろう

そもそも人間が汗をかくのは、体温を下げるためです。汗をかくと体の表面に汗、つまりは液体がまとわりつきます。液体が暖められると気体になりますが、物体が液体から気体になるときには、周囲の熱を吸収します。つまり、汗が蒸発する際に体温が奪われるわけです。この仕組があるため、人間は夏でも体温を安静させることができるのです。

それならば汗は拭かずに自然と蒸発するまで待つべきなのでは?と思われるかもしれませんが、それは正しくありません。汗は水分以外にも様々な物質を含んでいるからです。

汗をそのまま放置しておくと水分は蒸発しますが、それ以外の塩分や蛋白(不揮発性の物質)は残ります。すると、体表面の水分に対する不揮発性の物質の割合が多くなり、汗が濃くなります。汗が濃くなるとだんだん蒸発しにくくなるため、奪われる気化熱が少なくなり、体温が上がりすぎてしまい、熱射病へとつながります。

汗を拭くと体表面の不揮発性の物質が拭われるため、濃度が下がって効率よく気化熱を奪うことが出来ます。この際に乾いたタオルでなく湿ったタオルを使うと、より効果的です。

汗を拭くのは美容にも効果的!

かいた汗を放置すると、汗と一緒人肌が持っている水分も奪われてしまうため、肌がどんどん乾いていってしまいます。また、汗が長時間触れていた皮膚はふやけて防衛機能が低下してしまいます。防衛機能が低下した肌は炎症になったり、傷ついたりしやすいです。これを防ぐという意味でも、汗をこまめに拭くことが重要です。

吹いたあとは化粧水などでしっかり保湿すると、より効果が高まります。乾燥肌の方ほど、こまめな汗ケアが必要です。

明日は37度!?今からでもできる高温対策は?

明日(2017年8月9日)は東京で最高気温37度、名古屋で35度、大阪で34度が予想されています。特に関東では今年一番の暑さとなる見込みで、熱中症対策は必須といえます。

今回は1日後の猛暑にも間に合う熱中症対策をまとめてお教えいたします。明日外で活動する予定がある方はもちろん、外出予定のない方も参考にしていただければと思います。 「明日は37度!?今からでもできる高温対策は?」の続きを読む…

「暑いからシャワーだけ」はNG!夏の入浴がもたらすメリットと入り方

東京都内では30度を超えているのが当たり前になってきた昨今。夏の暑さにやられて、お風呂は浴槽に浸からずシャワーだけで済ませているという方も多いのではないでしょうか。しかし、それは夏という季節を快適に過ごす上で正しい判断ではありません。

むしろこの猛暑の時期にこそ、しっかりと入浴すべきなのです。今回の記事では、夏の入浴がもたらすメリットと、正しい入り方を紹介いたします。 「「暑いからシャワーだけ」はNG!夏の入浴がもたらすメリットと入り方」の続きを読む…