がんセンターってなに?ガン以外の病気は見てもらえる?

日本には現在、16のがんセンターが有ります。がんセンターとは文字通りがんの診療や研究を専門的に行っている医療施設です。がんセンターという名前からも分かる通り、がんやその合併症を治療する施設であり、それ以外の病気については基本的に診てもらえません。

今回は日本に存在するがんセンターの種類と受診方法を解説していきます。

日本に存在するがんセンター

国立病院機構

  • 国立病院機構北海道がんセンター
  • 国立病院機構中国がんセンター
  • 国立病院機構四国がんセンター
  • 国立病院機構九州がんセンター

公立

  • 宮城県立がんセンター
  • 山形県立がん・生活習慣病センター
  • 栃木県立がんセンター
  • 群馬県立がんセンター
  • 埼玉県立がんセンター
  • 千葉県がんセンター
  • 神奈川県立がんセンター
  • 新潟県立がんセンター新潟病院
  • 静岡県立静岡がんセンター
  • 愛知県がんセンター
  • 兵庫県立がんセンター

がんセンターのかかり方

がんセンターは基本的に紹介予約制であるため、受診の際には紹介が必要になります。まずはかかりつけ医にご相談ください。一部のがんセンターでは、紹介がなくても受診できることがありますが、できないこともあるので、必ず事前に確認しましょう。

初診時に必要なもの

  • 保険証
  • 紹介状

がんセンターで治療を行うメリットとデメリット

がんセンターは文字通りがんの治療に特化した施設なので、がん治療にはとにかく強いです。総合病院などでは行えない治療が行えますし、精神的なフォローや治療の副作用に対する対応も迅速かつ正確です。

一方、がん以外に何らかの合併症を抱えている場合は、そのフォローが遅れることがあります。がんだけを治療するならばがんセンター、ガン以外の合併症もあるならば総合病院、といったところでしょうか。

このあたりは素人だけで判断するのは難しい一面もありますので、かかりつけ医やセカンドオピニオンの医師とも相談して決めましょう。

いつのまにか骨折は意外と怖い!発見方法は?

近年、高齢の女性の間で増えているのが「いつのまにか骨折」です。いつのまにか骨折とは、その名の通りいつのまにか起きている骨折のことです。

骨折したら激しい痛みを感じるのだからいつのまにかオレているなんてことはありえないのではないか、と思われるかもしれませんが、いつのまにか骨折は通常の骨折と比べて痛みが小さく、感じないこともあるため、気づきづらいものです。

いつのまにか骨折を放置すると骨折の連鎖を招き、寝たきりなどにつながることもあります。今は症状がないという場合でも、60代以上の女性は念のために検査を受けたほうが良いでしょう。

いつのまにか骨折の概要

いつのまにか骨折とは文字通りいつのまにか発生している骨折ですが、概ね「骨粗鬆症が原因で起きる骨折」と考えていただければ構いません。

骨粗鬆症とは、骨密度が低下し、骨がスポンジのように隙間だらけになってしまう病気です。長く生きていれば誰でも骨密度は下がっていきますが、それが過剰に進むと自重に背骨が耐えられなくなっていつのまにか骨折を起こしてしまいます。

骨粗鬆症の有病率は男性よりも女性の方が圧倒的に高く、60代以上でその差が顕著になります。男性の場合は80代でも有病率は10%以下ですが、女性は60代で15%、70代で35%、80代では50%にも登ります。

いつのまにか骨折の症状

いつのまにか骨折では腰の痛みなどの症状が出ることもありますが、痛みを感じないことも少なくありません。痛み以外では身長低下や背中の曲がりなどが主症状です。2cm以上の身長低下は、背骨が骨折している可能性が高いです。

いつのまにか骨折が進むと

いつのまにか骨折を起こすと周囲の骨に掛かる負担が増し、周囲の骨も骨折しやすくなります。結果、周囲の骨が連鎖的に骨折します。このような現象を骨折連鎖といい、寝たきりや要介護につながることもあります。

厚生労働省の調査によれが、介護の原因となる症状の約5分の1が、「骨折・転倒」および「関節疾患」で占められています。いつのまにか骨折の放置は、寝たきりへの片道切符になりえます。

検査と治療

いつのまにか骨折はレントゲン検査で見つけられます。その他にも超音波を用いた計測方法が有り、こちらは妊婦の方などに使われます。

治療は食事、運動が中心です。食事はカルシウムを積極的に摂取し、運動は無理のない範囲でできるものを行います。

病院が混む曜日・時間帯はいつごろか?

厚生労働省が行った「平成23年受療行動調査」によれば、病院を受診する患者が抱く不満のうち、最も大きなものは「診察までの待ち時間」でした。

診察までの待ち時間が長いことは、患者の満足度を下げるばかりでなく、病院の経営状態にも悪影響を及ぼします。

近年は待ち時間を平準化する取り組みを進めている病院も少なくありませんが、十分な効果を得られている病院ばかりではありません。ということで今回は、病院にいつ行けば最も少ない待ち時間で済むのかを考えてみたいと思います。

病院が混む時間帯は10時~11時半頃

診療科や病院の規模等によって多少ばらつきはありますが、一般的に1日の中で最も病院が混む時間帯は朝の10時~11時半頃です。

この時間帯は朝一(大抵の場合9時)にやってきたさんがまだ残っていることが多く、そこに更に遅れてやってきた患者さんが上積みされるため、どうしても待たされる時間が長くなります。

逆に、比較的空く時間帯は朝一番です。それを狙って早めにやってくる患者さんももちろんいるのですが、早く来るのを面倒臭がる患者さんも多いため、10時以降に来るよりは少ない待ち時間で診察を負えられることも多いです。

病院が最も混むのは月曜日

病院が最も混みやすいのは月曜日です。理由は簡単で、前日の日曜日はほとんどの病院が休んでいるからです。同じ理屈で、祝日の後もよくありません。病院が一斉に長期休暇を取った後など最悪です。大きな病院の場合は、金曜の夕方から月曜の早朝までの救急外来を受診した患者さんが全て月曜日に外来診察を受けるため滅茶苦茶混みます。診察を終えても今度は会計までに時間がかかり、更には薬の処方にも時間が掛かるのトリプルコンボなので、急を要しない限りは避けたほうがいいでしょう。

次に混むのは金曜日、土曜日などの週末です。日曜日の休診前に診察を済ませておこうとする患者が少なくないからです(土曜休みの病院は金曜日が混みます)。

逆に比較的空くのは火曜日、水曜日、木曜日の3日間です。特に水曜日はコム理由が最も少ないので、時間が取れるならばこの日がおすすめです。前述の時間帯も考慮すると、週半ばの朝一番が最も空いている可能性が高いです。

なお、病院によっては混雑状況を自らホームページで発信していますので、そちらを確認するといいでしょう。

秋バテを防ぐお風呂の正しい入り方は?

近年、夏バテならぬ秋バテの症状を訴える人が増えています。秋バテとは、夏から秋に移る際の温度変化、日中の温度差の増加などの寒暖差、夏に体を冷やしすぎたことによって体にかかっていた負担などが原因で、体調を崩す現象のことです。秋自体は比較的過ごしやすい季節ですが、だからといって無理は禁物です。

秋バテを解消するのに効果的とされているのが入浴です。秋の冷えにはゆっくりと入浴して、心も体もリラックスさせましょう。 「秋バテを防ぐお風呂の正しい入り方は?」の続きを読む…

ストレートネックは肩こりのもと!頭の傾けすぎに要注意

近年、患者数が増えている病気(正確には症状)がストレートネックです。一見大したことがない症状にも見えますが、首は数ある人間の体の部位でも特に重要なものであり、ここに過剰な負担がかかると肩こり、めまい、耳鳴り、吐き気などの多様な症状が現れます。

現時点ですでにストレートネックの自覚がある方は、今すぐ対策を行ってください。 「ストレートネックは肩こりのもと!頭の傾けすぎに要注意」の続きを読む…

背中に一人で薬が濡れないときに役立つ便利グッズ

背中のかゆみの治療で薬を塗るときに届かなくて困ったことがある方は少なくないかと思います。家族がいる場合は頼んで塗ってもらうことも出来ますが、一人暮らしの場合はそれも出来ません。かと言って我慢するとますます症状が悪化します。そんなときに使いたいのが、今回紹介する「軟膏塗りちゃん」です。 「背中に一人で薬が濡れないときに役立つ便利グッズ」の続きを読む…