三大がんである「肺がん」「胃がん」「大腸がん」は予防できる?

医療技術の進展により、がんは不治の病ではなくなりつつありますが、一方で高齢化、長寿化の進展により、一生涯のうちにがんに罹る患者の割合は増えています。現時点で一生涯のうちに1回以上がんになる確率は男性で54%、女性で40%となっています。

殆どの人は50歳を超えてから発症するので若いうちからあまり過剰に心配する必要はありませんが、健康に長生きしたいのならば十分に気をつける必要があります。 「三大がんである「肺がん」「胃がん」「大腸がん」は予防できる?」の続きを読む…

がん

医療費が無利息で借りられる「高額療養費貸付制度」の使い方

医療技術の発展に伴い医療費が高額化している現代にでは、高度な治療を受けると医療費が自己負担分だけで数十万~数百万円、あるいはそれ以上になってしまうことがあります。

公的な健康保険(国民健康保険、社会保険など)に加入している場合は「高額医療費制度」という制度を利用すれば、自己負担した医療費の大部分が払い戻されますが、窓口での支払いから払い戻しまでに数ヶ月程度の期間が空いてしまいます。民間の医療保険に入っている場合は審査に合格しなければならないため、不確実ですし、やはり時間がかかります。

その穴を埋めるのが、今回紹介する「高額療養費貸付制度」です。 「医療費が無利息で借りられる「高額療養費貸付制度」の使い方」の続きを読む…

健康保険の任意継続なら2年間社会保険に入れます

会社員が会社を退職した場合は通常、それにともなって社会保険の加入資格を失うことになるため、代わりに国民健康保険に加入することになります。しかし、退職した場合でも一定の条件を満たしていれば、2年間を限度に社会保険に加入し続けることが可能です。この制度を「任意継続」といいます。 「健康保険の任意継続なら2年間社会保険に入れます」の続きを読む…

確定申告で所得税・住民税が安くなる医療費控除の対象とは?

年間で支払った医療費が一定の金額を超えた場合、その超過分を所得から控除する仕組みを医療費控除と言います。医療費控除をする場合は確定申告をする必要がありますが、所得が減ればそれだけ所得税と住民税を減らすことができます。 「確定申告で所得税・住民税が安くなる医療費控除の対象とは?」の続きを読む…