ファミリープランの立て方と高齢出産のリスク

子供を作るか作らないか、作るとしたら何人作るのか、あるいは出産の時期などはどうするかなどは夫婦の価値観、人生観、経済状況、健康状態、年齢などに左右されますが、基本的には「夫婦がともに生みたいと考えたときが生み時である」といっても差し支えないでしょう。夫婦が互いに受胎に関する知識をもって、しっかりとファミリープランを立ててから妊娠・出産できればそれに越したことはありません。 「ファミリープランの立て方と高齢出産のリスク」の続きを読む…

薬の過敏反応と催奇形性について

薬をと要した時にどの程度効果や副作用が現れるかは人によってまちまちです。薬に対する反応が敏感な人は少量の薬を使用しただけでも如実に効果や副作用が現れます。鈍感な人はそれと同じ量の使用では効果や副作用が現れません。医師はこうした個々人の薬に対する反応の強さも考慮したうえで、薬を処方しています。 「薬の過敏反応と催奇形性について」の続きを読む…

バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)とは?

バーンアウト症候群とは、今まで熱心に仕事などの特定のことに取り組んでいた人が、急に無気力状態になってしまう病気のことです。アメリカの精神学者学者H・フロイデンバーガーが命名した病気であり、1970~1980年代にかけてアメリカで、それ以降は日本でも問題となるようになりました。

 

もともとは教師や医師、看護師などの専門性の高い職業でよく見られる病気でしたが、最近は他の職業においても同様の症状がみられることがあります。また、仕事のみならず、子育てや趣味に対して燃え尽きてしまうこともあります。子育てを終えた主婦がバーンアウト症候群に陥ることは特に「空の巣症候群」ということが多いようです。

 

うつ病とは異なる部分も多いですが、バーンアウト症候群からうつ病に発展するケースも少なくありません。 「バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)とは?」の続きを読む…

老年期うつ病ってどんな病気?

うつ病は若い人たちだけがかかる病気ではありません。精神科を受診する高齢者は、ここのところ増加の一途をたどっています。1980年以降は年齢別に見た場合75歳以上の高齢者の受診者が最も多いです。80歳以上の人の精神科受診経験率は100分の1です。また、80歳以上の自殺死亡率は10万分の60であり、40代の10万分の10を大幅に上回っています。 「老年期うつ病ってどんな病気?」の続きを読む…

血圧の下が高い、低い場合は?年齢別の正常値表とは

血圧とは、血管内の血液の圧力のことです。一般的に血圧とは動脈の圧力のことを指しています。心臓が収縮するときの血圧を収縮期血圧(もしくは最高血圧)、心臓が拡張するときの血圧を拡張期血圧(もしくは最低血圧)といいます。血圧は高すぎても、低すぎても問題となることが多いです。 「血圧の下が高い、低い場合は?年齢別の正常値表とは」の続きを読む…

尿検査における糖、PHなどの数値の見方と基準値

尿検査は非常に優れた検査手法です。誰でも簡単に採取することができるうえ、腎臓や膀胱のみならず、心臓、肝臓、ホルモンなど幅広い病気のチェックをすることができます。最近は多項目の検査ができる試験紙もあり、本格的な検査の前に行うスクリーニング検査として利用されています。

 

尿検査の検査項目にはpHや蛋白、糖、潜血等があります。また、尿中の細胞成分から、血尿、膀胱炎、腎障害、悪性腫瘍の有無などをチェックできます。

「尿検査における糖、PHなどの数値の見方と基準値」の続きを読む…