日常的な応急手当のやり方とは?

応急手当は患者の命を救う上で非常に重要です。救急蘇生法の成否により、その患者の命が左右されるといっても過言ではありません。救急隊が到着するまでの間、周りに居合わせた人はなるべく迅速に応急手当をする必要があります。

応急手当の心得

応急手当の心得で一番大切なのは慌てないことです。しかし、応急手当の現場に居合わせることなんてそうそうないでしょうから、あわてるなと言っても難しいかもしれません。大切なのは一人で何とかしようとせずに、周りの人に助けを求めることです。1人よりは2人、2人よりは3人のほうが落ち着いて考えられる可能性が高くなります。ただし、あんまりに人が多すぎてわらわらなっても非効率なので注意が必要です。

また、応急手当をする人の安全の確保も必要です。溺れている人を助けようとして自分まで溺れてしまった、というケースは少なくありませんが、そんなことになったら泣くに泣けません。あくまでも自分の安全が最優先、それが確保できたら応急手当てをする、というのが基本的な考え方です。

人工呼吸の安全性

人工呼吸で肝炎やエイズなどの感染症をうつされるリスクは低いですが、心配な場合は一方咆哮弁付きのこきふきこみ用具などを使用するといいでしょう。患者が明確に感染症にかかっていることがわかっていて、人工呼吸をするのは危険な場合は、胸骨圧迫だけでも行いましょう。

倒れている人を発見したら

倒れている人を見つけたら、まずは周囲をぐるりと見渡してみましょう。その場所が危険な場合(道路の真ん中など)は注意が必要です。自分の危険を顧みずにその場に飛び込んでいく、というのは非常に危険です。患者が増えてしまっては意味がありません。安全確認を最優先させるようにしましょう。

意識のあるなしを確認する

周囲の安全が確保できたら、倒れている人の横に座り、耳元で大きな声で「大丈夫ですか?」などと呼びかけながら、軽く肩をたたきましょう(あまり強くたたいたり、ゆすったりすると傷が大きくなるのでやめましょう)。返答がある、目を開ける、顔を動かすなどの反応があれば、意識があると判断します。心停止を起こした直後に痙攣することがありますが、これは意識があるゆえの反応ではないので注意が必要です。

反応がない場合は、とりあえず誰かを呼びましょう。前述の通り、協力者は多いほうが助かる可能性が上がります。協力者が得られたら(周りに誰もいない場合は自分で)119番に通報するように頼みましょう。また、公共施設が周りにある場合などはそこからAEDを借りてきましょう。協力者がおらず、電話すら周りにない場合は、いったん患者のそばを離れてもかまいません。とにかく救急車を呼ぶこととAEDを確保することが最優先で、心肺蘇生はそのあとです。

気道確保

意識がない場合は時間との勝負になります。一般的に、心配が停止してから3分間経つと蘇生率は急激に下がってしまうといわれています。素早く気道確保をします。やり方は簡単で、患者の顔の横の位置に座り、額のあたりを軽く抑えて、顎を上げるだけです。顎を上げて、頭を下げるイメージですね。こうすることにより喉の奥が広がり、息がしやすくなります。

呼吸確認・人工呼吸

気道確保できたら呼吸があるかどうかを確認します。呼吸している場合、患者の胸が上下しているので見てわかるはずです。よくわからないという場合は、口元に耳を近づけてみましょう。息をしていれば呼吸音が聞こえ、吐息が感じられるはずです。

呼吸をしていない、もしくは呼吸をしているかどうかわからない場合は人工呼吸を行います。頭を下げて、顎を上げた状態のまま、息を大きく吸い込んで、自分の口を患者の口に当てて、息が漏れないように吹き込んでいきます。鼻から吹き込んだ息が漏れてしまっては意味がないので、患者の花を軽く摘みます。一通りの動作が終わったら、いったん患者から口を離して呼吸が戻るかどうかを待ちます。

呼吸が戻らない場合は、再度同じことを行います。

人工呼吸は多くても2回までがベターとされています。2回の人工呼吸で息が戻らない場合は、胸骨圧迫に切り替えます。

胸骨圧迫

胸骨圧迫とは簡単に言えば心臓マッサージのようなものです。心臓マッサージで大切なのは、圧迫する場所です。心臓マッサージでは心臓そのものを圧迫してはいけません。押すのは胸の真ん中にある、胸骨の下半分です。場所がよくわからないという場合は、服を脱がせて乳頭の位置を確認してください。乳頭と乳頭のちょうど真ん中が押すべき場所です。

この場所に掌を当て、もう一方の掌を重ねて押していきます。まっすぐ体重がかかるように、腕を伸ばして肩を掌の舞う兄して上から下に押していきます。強さは、患者の胸が4cm~5cm沈む程度です。指には力を加えないでください。ペースは1分間に100回程度で、30回連続で行ったら一度辞めます。反応がない場合は、もう一度30回行います。

救急車がやってきたら、患者をスムーズに引き渡しましょう。

ホルモンの働きとは?どんな病気から守ってくれるの?

人間の身体は絶えず変化する外部環境に適応し、外敵から身を守るために様々な方向に進化してきました。我々の身体は神経系内分泌系免疫系の3つがそれぞれ相互に働きかけながらバランスを保つことによって体調を調整しています。

 

たとえばの話になりますが、精神的なストレスはホルモンの分泌量を変化させます。ホルモン系の異常は神経系や免疫系にも影響を与えます。ホルモンの適切な分泌は体調を管理するうえで非常に重要といえます。

 

ホルモンとは、内分泌器官(視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、生殖器など)で合成、分泌て、血液を介して体中に巡り、特定の期間で効果を発揮する物質です。体内に存在するホルモンは非常に微妙ですが、これが我々の健康状態を大きく左右しているといっても過言ではありません。

 

現在ホルモンと認められている物質は約50種類存在しており、性ホルモン、ステロイドホルモン、甲状腺ホルモン、カテコールアミン、その他に分類されます。作用はまちまちですが、主に以下の機能を担っています。

 

成長と成熟の調節
ストレスに対する防御
エネルギー代謝の調節
生殖機能の調節

 

我々が生きて行くには多くのエネルギーが必要です。また、緊急時に備えてそのエネルギーの一部を備蓄しておくことも大切です。さらに組織がうまくいくためには血液中の電解質、糖分、脂質などが一定の濃度を保つ必要があります。これらの調整を行うのがホルモンの仕事といえます。

 

ホルモンの病気には

 

分泌量の異常
分泌時期の異常
以上ホルモン分泌
ホルモンの作用の異常
2次的なホルモン異常
その他

 

があります。中でも多いのは分泌量の異常であり、さらに過剰な分泌(機能亢進症)と過少な分泌(機能低下症)に分類できます。たとえば、内分泌組織に腫瘍(良性・悪性問わず)ができると、過剰にホルモンが分泌される場合が多いです。また、バセドウ病のように抗体によって内分泌組織が刺激されても、機能亢進症場がおきます。

 

逆に機能低下症は手術や血管障害、感染などでホルモンの産生が阻害されることによっておこります。先天的に内分泌組織が欠損していることもありますが、例としてはあまり多くありません。

 

ホルモンの病気は多数存在しており、障害があるホルモンの種類によって症状もまちまちです。診断は症状、病歴、所見などから決まります。検査は血液検査や尿検査が一般的に行われます。血液中のホルモン濃度が高い場合は機能亢進症、低い場合は機能低下症が疑われます。

輸血と血液型の関係、自己血輸血について

外傷を受けて出血が発生したり、手術中に出血したりした場合、あるいは貧血や血小板減少などの症状がある場合は、その患者に不足している血液を輸血します。輸血は現代医療には欠かせない行為の一つですが、他人の血液を体内に入れることにはリスクもあります。 「輸血と血液型の関係、自己血輸血について」の続きを読む…

輸血