介護における基本的なケアの方法

介護は人の日常生活を助けるためのものです。食事、排泄、睡眠、体の清潔さを保つことなどが主な援助になります。大切なのは、できる範囲で被介護者にも何かをやってもらうことです。これは被介護者のプライドを保ち、生きがいを守ることにつながります。また、介護者は被介護者がなるべく従来の生活リズムを崩さずに生活できるように支援をするべきです。

 

 

洗面と身だしなみ

朝の洗面は顔や口腔内の清潔さを保つだけではなく、朝の気分転換という意味でも重要です。口腔内は細菌が繁殖しやすく、放置したままにしておくと虫歯や絶対ができたり、口臭や口内炎を引き起こす原因にもなります。被介護者は一度新しい病気にかかってしまうと治りにくい傾向があるため、常日頃から清潔を保ち、残された健康を維持増進するように努めましょう。

 

 

洗面は、できるだけ体を起こして行います。被介護者の身体がある程度動く場合は、時間がかかっても自分でやってもらうことが大切です。それがリハビリにもつながります。自力でできない部分のみ、介護者が手を貸すようにしましょう。

 

 

洗面を介護者が行う場合は、温めたハンドタオルにせっけんを少量付けて、額、鼻の頭、ほお、耳の後ろ、首筋を拭きます。別の温かいタオルで顔や首筋についた石鹸をよく撮り、肌が乾燥している場合は乳液などを使って一定の水分を保つようにしましょう。髭が生えている場合は、洗面と髭剃りを一緒に行うと手間が省けます。

 

 

洗面が済んだら整髪です。介護を受けている状態では頻繁に髪が洗えませんので、時々頭皮をマッサージしましょう。

 

 

歯磨き

歯磨きに関しては、磨いている最中に衣服がぬれないように、襟元から胸元にかけてタオルを当てておくといいでしょう。歯を磨くときは普通の歯磨きを使ってもいいですが、手の動きに難がある場合は電動歯ブラシを使うといいでしょう。普通の歯ブラシよりも使いやすく、力が入らなくても簡単にブラッシングできます。

 

 

入れ歯を付けている場合は、それを外してから歯磨き粉で磨きます。口の中はぬるま湯でゆすぎます。外した入れ歯は水で流してきれいにします。寝る前には入れ歯を外して、清潔な水に入ったコップに着けておくといいでしょう。

 

 

手洗いは洗面器のお湯で行います。それが難しい場合は、温めたハンドタオルにせっけんを少量付けて手を拭き、その後別のタオルでふき取ります。手洗いは朝起きた後と食事前に行いましょう。それが難しいという場合は、手元にウエットティッシュをおいて置き、随時それを使ってもらいます。

終生

子供や高齢者の薬の服用方法と注意点

薬はすべての人に同じ作用をもたらすわけではありません。主作用だけを効果的に享受できる人もいれば、副作用ばかりが出て肝心の主作用のメリットがまるで受けられない人もいます。主作用がうまく出ないときは薬の量や種類を調整する必要がありますが、そのあたりは医師と相談したうえで決めましょう。 「子供や高齢者の薬の服用方法と注意点」の続きを読む…

子供の成長は早い?遅い?

子供は日に日に成長します。一応大人も少しずつ変化はしているのですが、子供はその何倍ものスピードで大人に近づいていきます。成長が早い子はどんどん育っていきますし、成長が遅い子はゆっくりと育っていきます。これは単なる個性の問題で、どちらがいいというわけでもありません。成長に個人差があるということを理解しておくだけで、育児のプレッシャーはぐんと低くなります。 「子供の成長は早い?遅い?」の続きを読む…

乳幼児期の発達としつけ

育児はこの世の中で最も大変で、なおかつもっとも意義のある仕事です。
両親がそろっている場合でも、あるいは片親の場合でも、乳幼児を育てるにあたっては、近所や親(祖父と祖母)などの身近な人から支援を受けることが何よりも大切です。一人で何でもしようとするのは大変危険です。

 

 

辛い時に、信頼できる人、あるいは行政などにSOSをきちんと発信することは親の権利であり、責務でもあります。育児は親だけのものではなく、社会のものでもあり、行政のものでもあります。

 

育児書に載っている情報はプロが書いたものですから大変参考になりますが、だからと言って育児書を盲信するのはいけません。育児書はあくまでも一般論をベースとしたものであり、現実の育児ではそれに該当しないケースもままあるからです。

「乳幼児期の発達としつけ」の続きを読む…

薬疹と蕁麻疹の違いは?治療法はステロイドや抗生物質

症状

薬疹は蕁麻疹と症状こそ似ていますが、根本的に違う病気です。蕁麻疹は物理的な刺激や温度、発汗などが原因で起こるものですが、薬疹は薬物の利用が原因で起こるものです。症状は発疹、水膨れ、脱毛、かゆみ、しこりなどです。薬疹は症状によって固定薬疹スティーブンス・ジョンソン症候群薬剤性花瓶症候群などに分類することができます。

 

 

固定薬疹とは、ある特定の薬物を摂取すると、すぐに皮膚の異常が現れるものです。治ると色素沈着になりますが、その後再び同じ薬を摂取すると同じ部位に同じ症状が現れます。

 

 

スティーブンス・ジョンソン症候群とは、薬を摂取すると体に赤い発疹が現れて、その後全身に広がる病気です。目や外陰部などにも同様の症状が現れ、発熱、倦怠感、関節痛などを伴います。重症化しやすいので早めの治療が必要になります。

 

 

薬剤性花瓶症候群は、薬を摂取してから比較的長い時間(1か月程度)がたってから発症するタイプの薬疹です。皮膚に赤い発疹が現れて、高熱が出てリンパ節が腫れます。

 

 

原因

薬疹は薬のアレルギー反応で皮膚に発疹ができるものです。薬疹を予想するのは難しく、発症して初めてアレルギーがあることがわかるのが一般的です。薬疹が起こる薬剤や様々ですが、睡眠薬、下剤、抗生物質、解熱剤などで出やすいといわれています。処方薬だけでなく市販薬でも薬剤が出ることがあります。

 

 

基本的にはじめて飲んだり注射されたりした薬剤で薬疹を起こすことはありません。二度目以降の接種時に発症します。一度薬疹を起こした場合、そのことを体が覚えてしまうので、薬疹を覚えた薬は基本的に二度と使ってはいけません。どうしても使わなければならないという場合は、服用後薬疹が出ないか注意深く観察し、症状が現れた場合はすぐに病院で診察を受ける必要があります。

 

 

薬を多数服用している場合はなかなか原因が特定されないこともあります。過去に長期間服用していて問題がなかった薬でも、突然症状が現れることがあります。

 

 

治療

まずは血液検査やリンパ球幼若化試験などで薬疹の詳しい原因を突き止めます。
まずは疑わしい薬の服用を中止します。薬疹の程度が軽い場合は、これだけで軽快・自然治癒することが多いです。
それだけで自然治癒までたどり着かなかった場合は、症状に応じて抗ヒスタミン剤やステロイド剤などを服用します。重症の場合、入院してステロイド剤の天敵静脈注射が行われることもあります。

 

 

ただし、ステロイド剤は極めて有効な薬である反面、使い方が難しいのでほかに適切な治療方法がない時以外はあまり推奨されません。

痛風の症状とは?足やかかとに異変が?食事良いものダメなもの一覧

痛風とは、足の親指におこる急性の関節炎です。放置すると腎臓障害などを引き起こすこともある、大変危険な病気です。患者の98%は男性で、特に30代~40代、もしくはそれ以降に多く見られます。しかし、最近は20代で痛風にかかる人が増えてきています。

 

 

原因

痛風は尿酸というプリン体の最終代謝産物が、関節の中に蓄積して起こる病気です。
尿酸値の目安は7.0mg/dlといわれており、これを超えると高尿酸血症と診断されます。
高尿酸血症の状態では血液に溶けきれなかった尿酸が結晶になって関節に沈着し、痛風発作を引き起こします。

 

 

尿酸値を上げる食べ物は魚類、肉類、キノコ類などです。特に魚類はほかの食品と比べて多くプリン体が含まれていますので、撮り過ぎには注意が必要です。白身魚よりは青魚や赤みの魚に多く含まれます。肝や白子などもプリン体が多く含まれているので摂りすぎには気を付けましょう。

 

 

一方、尿酸値を下げる食べ物は海藻類、一部の野菜、果物などです。
栄養価の高い若芽やヒジキなどの海藻類は、尿酸値を下げるとともに血糖値の上昇を防ぐ効果があるので積極的に摂取しましょう。

 

 

野菜類は人参、ジャガイモ、キャベツ、ホウレンソウ、ごぼう、茄子、ジャガイモ、サトイモなどが効果的であるといわれています。バナナやメロン、グレープフルーツなどもよいとされています。

 

 

また、尿酸値を下げるにはバランスの良い食事が効果的であるといわれています。主食、主菜、副菜をバランスよく摂取することによって、尿酸値を安定させることができます。尿酸値がいったん上がってしまうとそれを下げるのは大変なので、最初から尿酸値が上がらないような生活を心掛けたほうがよいでしょう。

 

 

治療

治療は薬物療法と生活習慣の改善を両方行うのが最も一般的です。
薬物療法には大きく分けて痛風発作の痛みを抑える対処療法と、高尿酸血症を抑制する治療があります。
初期の痛風発作を抑制するのがコルヒチンですが、これはいったん発作が始まってしまうと無意味になります。
その場合は非ステロイド剤やステロイド薬を使います。

 

 

高尿酸状態が続き、発作を繰り返す場合は尿酸をコントロールする尿酸降下薬を摂取します。
これらの薬は尿酸をコントロールすることはできても、痛風発作そのものを抑えることはできないので、上にあげた対処療法用の薬と並行して使うのが一般的です。また、急激に尿酸値を下げ過ぎると、かえって症状が悪化することがあるので、尿酸降下薬は症状が安定してから使い始めます。

 

 

生活習慣の改善にあたっては食事やお酒の量をコントロールする必要があります。
また、尿酸の排出を促すために、十分に水分を補給し、軽い運動を行うといいでしょう。

特発性骨壊死症の好発部位とは?

特発性骨壊死とは、どこかの骨の組織が、原因不明のまま壊死を起こす病気のことです。特発性とは原因がはっきりしない病気に着けられる接頭語です。

 

 

症状

急に膝に強い痛みが現れるのが一番の特徴です。変形性膝関節症と似たような症状がありますが、変形性膝関節症は痛みが少しずつ強くなっていくのに対して、特発性骨壊死では痛みが急激に強くなるという特徴があります。痛み部分は主に大腿骨顆部や脛骨顆部などです。まれに膝蓋骨に骨壊死を生じることがあります。

 

 

痛みは発生してから1日~2日の間に急激に強くなり、夜間にかけても痛むことが通常です。
X線における検査で骨壊死像がはっきりしない段階から痛みを伴うことが多いため、初期には診断がつかず、半年ぐらいたってから診断がつくということがままあります。MRI検査ならば初期段階での発見が可能になります。

 

 

痛みは通常、2か月から6か月くらいかけて徐々に良くなっていきます。しかし、たまに痛みが取れないままのこともあります。また、痛みが焼失した後、時間の経過とともに変形性膝関節症へとつながることもあります。いずれの場合も痛みは片方の膝のみに現れることが多いようです。

 

 

原因

特発性と名がついていることからもわかる通り、明確な原因はわかっていません。骨の脆弱性による骨折から発生するという説がありますが、まだ証明されたわけではありません。腎移植後や全身性エリテマトーデスでステロイドを大量に使用した時にも発症することがあります。

 

 

理由は明確ではありませんが、どちらかというと女性に多く見られる病気です。特に中高年の女性が発症しやすい病気なので、該当する人は十分な注意が必要になります。

 

 

治療

初期の段階の場合は、T型杖や松葉杖、あるいは足底板と呼ばれる靴の中に入れる装具などを用いて対処します。壊死の範囲が狭い場合は自然に治癒することもあります。その場合は消炎鎮痛薬の内服や、ヒアルロン酸の注射などで治療を試みる場合があります。

 

 

ある程度症状が進行している場合は手術が必要とのあります。手術は比較的症状が軽く、なおかつ50歳~60歳以下の人であれば、骨切術と骨移植が選択されることがあります。

 

 

しかし、より深刻な場合は人工膝関節置換術が行われることもあります。

 

 

手術後は筋力が失われるので、筋肉量を回復させるリハビリテーションを行う必要があります。筋肉の回復には時間がかかりますが、焦らずに少しずつリハビリテーションを行うことが大切です。