家族介護の準備

家族で介護が必要となる療養者は、多くの場合医療機関から退院してきます。いきなり介護が必要になるということはまずありません。そのため、家庭内での介護を考えるにあたっては、入院中に十分な準備をしておく必要があります。ここでは療養者が入院中にしておくべきことについて解説したいと思います。

 

 

まずは介護保険や障害者認定の申請を行いましょう。在宅で介護を受けるためには、介護保険を申請する必要があります。介護保険とは平成12年から始まった市区町村が運営する保険制度の一種です。40歳以上の人は被保険者として介護保険に入り、65歳以上の場合は要介護認定を受けることによってサービスを受けられます(場合によっては64歳以下でもサービスを受けられます)。

 

 

要介護認定を受けるには、市区町村の役所の窓口、介護支援事業所などに相談を行う必要があります。申請すると調査員が療養者の元に審査にきます。その審査で要介護や要支援のレベルが決まり、サービスの給付額が決まります。

 

 

もっとも軽度なのが要支援1、次が要支援2、以下要介護1、要介護2……要介護5と続きます。障碍者認定は本人や家族が役所に申請するものです。障害者手帳が給付されると、その程度に応じて様々な制度を利用できるようになります。障害者手帳は申請から発効までに約1か月ほどかかるため、早い時期人医師やケースワーカーに相談しておく必要があります。

 

 

また、それと同時に介護の方法や医療処置への方法を学んでおく必要があります。シーツを交換する方法、体の拭き方、おむつ交換の方法など、療養者に不快がなく、なおかつ介護者の負担が少なくなるような方法を知っておきます。介護器具や吸引機、吸入器なども併せて用意しておきましょう。これらの医療機器は自費で購入することもできますが、場合によっては介護保険サービスとして受けることもできます。使い方もきちんと押さえておきましょう。万が一壊れてもいいように、予備を用意したり、緊急時にはどうすればいいかを考えておくことも大切です。

 

 

また、家出安心して暮らすためには、普段の体調を管理する往診医を持つ必要があります。特に普段大病院に通っている人は、近くの町医者に往診医になってもらう必要があります。

 

 

病室については今まで寝室として使っていた場所を使うのが基本ですが、静かで落ち着け、なおかつ孤独を感じづらい場所にする必要があります。トイレや洗面所は近いほうがいいでしょう。夏ばばは室外との温度差を5度以内に抑えたほうがいいでしょう。冬場は20度を目安に室温を管理してください。また、定期的に換気をして、新鮮な空気を取り込むようにしましょう。

 

 

 

ベッドは清潔で、トイレなどに移動しやすいものを選びマッ法。適切な高さは70cm程度です。

終生

高齢化で注目浴びる家庭介護の実態とメリット

認知症患者が増え続ける現代日本。家族が介護が必要になった時にまず考えなければいけないのが、施設に入所させるか、それとも過程で面倒を見るのかということです。どちらにも一長一短ありますが、今回は家庭での介護について考えていきたいと思います。

 

 

家族の中に介護が必要な人がいる時、生活の援助を行うのは基本的には家族になりますが、それでも全部を家族で何とかしようとするのはいいことではありません。もちろん、家族がすべての面倒を見ることができるのならそれに越したことはありませんが、家族には家族の生活があります。みんな学校に行ったり、会社に行ったり、家事をしたりする義務があるんです。

 

 

24時間介護でつきっきりになるというわけにはいきません。介護そのものに対して不慣れな人もいます。最近は介護保険法に伴い、介護の専門職の人たちも増えてきています。そうしたケアに関してはプロの人たちに委託して、家族は精神的な支えとなるという役割分担が重要になります。

 

 

しかし、介護の専門職の人たちに介護を依頼するのにはそれ相応の費用が掛かります。将来自分が介護が必要になった時に家族に迷惑をかけないという意味でも、ある程度のまとまったお金は用意しておきたいものです。もし現在介護な家族がいて、その費用が捻出できないという場合は、ケアマネージャーなどに相談してみるといいでしょう。

 

 

さて、介護で大切となるのは、療養者の能力を最大限に生かすことです。療養者の多くは入院生活を経て、自宅での生活を始めています。自宅での療養生活は、以前の健康であったことと比べて何かと不都合が発生しやすいものです。階段を上ったり、廊下を歩いたり、着替えたりといったような、以前は当たり前にできていたようなことができなくなったりします。介護者はそれに対してイラつくことがあるかもしれませんが、療養者は療養者で毎日精神的につらい思いをしています。

 

 

介護の原則は家族が療養者に臨むことを何でもしてあげることではありません。療養者ができることは最大限やってもらうのが基本です。そして療養者が家族の一員として、また一人の人間として生きていける喜びを分かち合うことが大切です。それができないという場合は、そもそも自宅介護が難しいと考えたほうがいいでしょう。

 

 

また、介護では家族の心身についても配慮することが大切です。療養者の尊厳を守ることも大切ですが、家族の尊厳を守ることも大切です。はじめておこなう介護は家事や仕事に加えていままでにない経験であり、大変かもしれません。しかし、すべてを完ぺきにする必要はありません。むしろ適切なところで手を抜いていかないと精神的な負担でいつか必ず倒れます。介護は楽に、持続可能な状態を保つ。これが鉄則です。

終生

脳や脊髄、神経の病気

脳や脊髄、神経などにはたくさんの種類の病気があり、なかなか診断をするのが難しいようにも思えます。しかし、一定のポイントを押さえておけば、実はそれほど診断を下すのは難しくなかったりします。こうした病気の中で最も大切なのは、症状と時間の関係性です。おおむね以下の3点に分けられます。 「脳や脊髄、神経の病気」の続きを読む…

交通事故にあってしまったらどうする?被害者の救助方法

全日本交通安全協会の発表したデータによれば、平成24年の交通事故死者数は4411人、平成25年は4377人でした。
昭和40年ごろには年間で1万7000人を超えていたことを考えればだいぶ減ったともいえますが、まだそれでも毎年4000人以上の人が交通事故で死亡していることは事実です。

 

 

交通事故の発生件数は昭和50年から平成15年ごろまでは一貫して増え続けていましたが、その後は減少傾向にあります。ただし、それでも昔と比べれば多いこともまた事実です。

 

 

全日本交通安全協会は、関係機関や団体などと協力して、平成27年までに交通事故死亡者数を3000人以下にすることを目標に掲げていますが、現時点では達成は困難な見通しとなっています。交通事故は我々にとって最も身近な外傷といえます。

 

 

今日明日のうちに交通事故の被害者、加害者、目撃者になる可能性は0ではありません。常日頃から気を付けることが大切です。では、万が一交通事故を目撃した場合はどうすればいいのでしょうか。

 

 

交通事故が発生した場合、まずは被害者を安全な場所に移動させます。交通事故は一般的に交通量が多く、複雑な状況下で発生することが多いので、そのままにしておくと二次被害、三次被害が発生することがあります。救助者自身の安全を確保しつつ、応急手当てが行える安全な場所まで運びましょう。

 

 

ここでいう安全な場所とは、道路外の空き地、広場、駐車場などの十分な広さがあり、救急車が入ってきやすく、なおかつ一般自動車があまり入ってこないところを指します。夜間は証明が十分にあるところを選んだほうがいいでしょう。

 

 

周りに人がいる場合は、その人たちと協力して負傷者を移動させます。交通事故では首の骨を損傷すること顔いので、頭部や警部を安定させながら運ぶことが大切です。そして、意識があるかを確認し、意識がない場合は呼吸や脈拍があるかを確認し、それらがない場合は応急手当てを行います。

 

 

それと並行して救急車を呼びます。救急車を呼ぶのは119番です。最初に家事か救急かを尋ねられるので、救急と答えます。次に事故が発生した場所を聞かれるので、それを応えます。住所がわかる場合はそれを伝えるのが一番ですが、それがわからない場合は周りにある建物などをなるべく正確に伝えます。

 

 

事故の状況を聞かれたら、それも正確に伝えます。自動車同士の事故なのか、自動車と歩行者の事故なのか、負傷者は何人いるのか、燃料は洩れていないか、被害者の意識はあるかなどを細かく伝えましょう。

 

 

救急車が来たら可能な限り誘導を行い、わかっていることを救急隊員に伝えてください。
できることを全部やったら、あとは医師にすべてを託して結果を待ちましょう。

そもそもがんとはどんな病気なのか2

人間の体は多数の細胞からできています。正常な細胞は都合に応じて増えたり、増えるのをやめたりします。増えた部分が脱落し、減ることもあります。皮膚や腸管の細胞などはいったん増えた後、古くなった順に脱落して減っていきます。私たちの体にはこうした細胞の増減を監視する機能があり、異常な細胞が増えることを抑えたり、取り除いたりすることによって正常を保っています。

 

 

しかし、異常な細胞がこの監視の目をすり抜けてしまうことがあります。こうした異常な細胞は何年にもわたって勝手に増え続け、周囲の組織を壊したり、本来がんの塊がない組織で増殖したりします。

 

 

がん細胞の誕生

正常な細胞の中には、がんを発生させる因子が含まれています。正常な細胞の遺伝子が傷つくことにより、がん細胞が発生します。これらの遺伝子の傷は一度に誘発されるわけではなく、長い時間をかけて徐々に誘発されるものです。正常な細胞に異常が起こるとその細胞が増殖し、そこに再び異常が起こってさらに早く増殖する、といった感じですね。こうしたことの繰り返しによってがん細胞は完成します。

 

 

がん遺伝子とがん抑制遺伝子

遺伝子が傷ついたときに、細胞増殖が続くこともあれば、細胞増殖が止まることもあります。
細胞増殖を促してしまう遺伝子をがん遺伝子、それを抑制するものをがん抑制遺伝子と呼びます。
がん抑制遺伝子の中でも特に重要といわれているのが「p53遺伝子」、「RB遺伝子」、「MLH1遺伝子」です。それぞれ細胞死の誘導、細胞増殖の抑制、DNAの修復に重要な働きを持ちます。

 

 

がんの進行具合

がんはその進行具合によって早期がん、進行がん、末期がんに分類できます。
後者になるにつれて治療は難しくなり、死亡率は上がっていきます。胃がんや肺がんの場合、早期がんの時点で発見できれば治療することはそれほど難しいことではなくなってきています。

 

 

とはいえ、早期がんの時点では自覚症状がないことも多く、気が付くことは簡単なことではありません。
早期がんを発見するためにはやはり健康診断が有効です。人間ドッグならばさらに精度は上がります。
若いうちはそれほど気にする必要はないかもしれませんが、中年と呼ばれる年齢に差し掛かったら必ず毎年1回は健康診断を受けるようにしましょう。自営業者などは会社が行う健康診断を受けられないので自費で受けることになり大変ですが、がんの治療で何百万ものお金と多大な時間を払うよりは健康診断にお金を使ったほうがずっと有益なはずです。

 

 

情報収集

がんに関する情報はインターネットでも集めることができますし、書籍でも集められますが、やはり一番信頼できるのは医師です。がんに関する不安がある場合は、とりあえず医師に相談するようにしましょう。

がん

そもそもがんとはどんな病気なのか1

がんは日本人の死因第一位に当たるメジャーな病気の一つです。以前と比べればだいぶ直りやすくなった病気ですが、それでも危険な病気であることには変わりありません。がんと闘うためには予備知識が必要不可欠です。ここではがんに関する基本的な情報をいくつかお教えしていきたいと思います。

 

 

がんは誰でもなる可能性がある病気です。日本人の場合、2人に1人は一生の間に一回は顔になるといわれています。なぜここまで癌になる可能性が高いのでしょうか。理由は簡単で、日本人の寿命が延びたからです。がん以外の病気で亡くなる人が増えたことにより、相対的にがんになったり、がんで亡くなったりする人が多くなったのです。人はいずれ死ぬので、仮に今後がんが最も直りやすい病気になったとしても、その時はまた何か別の病気ががんにとって代わることでしょう。

 

 

がんはある程度予防できますが、完全に防ぐことはできません。食事や禁煙、運動などによってがんのリスクを小さくすることはできても、がんのリスクを0にすることはできないのです。このあたりはほかの病気にも言えることですね。

 

 

がんは別名悪性腫瘍とも言われています。腫瘍は体の一部の細胞が無関係に増殖を続けて塊になったものです。腫瘍には悪性のものと両性のものがありますが、より危険なものは悪性細胞です。
悪性腫瘍の特徴には以下のようなものが上げられます。

 

 

1.自律性増殖:自律的に勝手に増殖を続けて、止まることがない
2.浸潤と転移:周辺に染み出るように広がっていき、体のあちこちに飛び貸して新しいがん組織を作る
3.悪液質:がん組織が栄養をどんどん吸い取り、正常な細胞に栄養がいきわたらなくなる。

 

 

良性腫瘍は1の条件を満たしていますが、2と3の条件は満たしていません。増殖の速度も悪性腫瘍と比べればゆっくりであり、外科的手術で切り取ってしまえば再発することはありません。
発生個所によっては重篤な症状をきたすものもありますが、悪性腫瘍と比べると事後は良好です。

 

 

悪性腫瘍はさらにがん腫と肉腫に分けることができます。腎臓、呼吸器、皮膚、臓器などの悪性腫瘍をがん腫と呼びます。組織型の違いによってさらに扁平上皮がん、腺がん、未分化がんなどに分けることができます。なお、肉腫とは上皮以外の細胞にできる腫瘍のことです。

 

 

がんの治療は手術、薬物療法、放射線治療の3つに分類することができます。
手術は体への負担を少なくすることが望ましいとされています。術後の経過が良好な場合は、退院して外来で様子を見るというケースも少なくありません。

 

 

薬物療法は化学療法、ホルモン療法、分化誘導療法などが含まれます。
放射線治療は放射線によってがんを小さくするものです。がんの種類によって聞きやすさは異なります。

 

 

また、がんの治療のほかに、がんによる体と心の負担をケアする緩和ケアを同時に行うのが一般的です。がん患者は精神的にも疲弊することが多いので、心を折らせないようにすることが大切です。

 

続きます

がん

内臓脂肪型肥満の原因と判定とは?

内臓脂肪型肥満とは、肥満のタイプの一つです。

 

 

肥満は大きく分けて皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満に分類できます。皮下脂肪型肥満は皮下組織に脂肪が大きく蓄積されている状態です。主に女性に見られるもので、下半身の肉付きがよくなることから「洋ナシ型肥満」と呼ばれます。内臓脂肪型肥満と違い動脈硬化を進行させる心配はありません。

 

 

それに対して内臓脂肪型肥満は内臓組織に脂肪が大きく蓄積されている状態です。主に男性に見られるもので、おなか周りが大きくなりやすいことから「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。BMIが25未満で、見た目には太っていないのにもかかわらず内臓脂肪が蓄積していることもあります。これを「隠れ肥満症」といいます。

 

 

皮下脂肪型肥満か内蔵脂肪型肥満かを判断することは簡単ではありません。
CTスキャンをとればわかりますが、定期的にCTスキャンを受けるのは現実的な話ではありません。
ウエストの太さで判断するのが一般的です。内臓脂肪型肥満の判定基準は男性で85cm、女性で90cmです。

 

 

ところで、そもそも肥満とはなんなのでしょうか。
簡単に言えば体脂肪が多い状態ですが、体脂肪量を日常的に計測する人はあまりいないのではないかと思います。スポーツ選手でもない限りは体脂肪量と体重はおおむね創刊しますので、実用的な指標として体脂肪が使われています。肥満の測定につかわれることが多いのがBMIです。

 

 

BMIとは体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったものです。たとえば、身長175cm、体重70Kgの人のBMIは70÷(1.75)2=22.8となります。

 

 

日本肥満学会では、この指数が25以上になっている状態を肥満と呼ぶことにしています。一方、標準的なBMIを22としています。この22という数字は、調査から最も病気が発生しにくいことがわかっています。

 

 

逆に言えば、標準体重を求める際には、身長(m)を2乗したものに22をかければいいことがわかります。
たとえば、身長175cmの人の標準体重は(1.75)2×22=67Kgとなります。

 
体重はその時々の体の水分量にも左右されます。体重はいつも同じ条件で測定すると、このブレを減らすことができます。1Kg程度の上下であれば、体重については「変化なし」と考えていいでしょう。

 

 

内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満よりもさらに危険なので、改善することが重要です。
内臓脂肪型肥満は高血糖・脂質異常・高血圧などにもつながります。
内臓脂肪型肥満を改善する方法はいろいろありますが、基本的には食事と運動をバランスよく行うことが大切です。特に食事には気を使いましょう。栄養素についてよく学び、バランスよく食べるようにしましょう。