生理的な老化現象とは?身体機能はどうなる?

高齢者になると次第に体の各部分の機能が低下してきます。
以前はこうした現象はすべての人間に対して怒るものだと考えられてきましたが、こうした生理的な廊下にはかなりの個人差があることがわかってきています。

 
老化現象自体は誰にでも起こるものといって差し支えありませんが、その表れ方や度合いはバラバラです。70歳で認知症になってしまう人もいれば、80歳を超えても自立した生活を送れる人もいるのはそのためです。

 

 

たとえば、認知能力。老化は精神認知機能にも及びます。
最も顕著なのは記憶力の減退です。そして、言語や推理、洞察などの機能も次第に衰えてきます。衰えが来ること自体は仕方のないことであり、一見避けられないことのようにも見えますが、実はこの認知機能の廊下も、加齢以外の影響に大きく左右られます。

 

 

それは栄養や教育の因子。特に教育の影響は大きく、教育レベルが同程度の集団で限って言えば、認知能力テストの結果は加齢の影響を受けないということがわかっています。

 

 

逆に、同じ年齢の場合は教育歴が高い人の方が高い点数を獲得します。
しかし、幼少期に受けた教育レベルが低かったからといってあきらめる必要はありません。認知能力は大人になってから、あるいは高齢者になってからも鍛えることができるためです。

 

 

また、心臓や肝臓などの臓器も加齢の影響を受けます。
人間のほとんどの臓器は年を取るにしたがって小さく収縮していきます。
しかし、唯一心臓だけは年をとっても収縮せず、逆に肥大化します。
なぜならば、年を取ると血圧が高くなり、それにこうして全身に血液を送る必要があるためです。

 

 

心臓が1分間に排出する血液の量を心拍出量と呼びます。
以前は心拍出量は加齢とともに直線的に低下するものであると考えられていました。

 

 

しかし今では、日常生活を活動的に行っている高齢者は、そうでない高齢者と比べて心拍出量の低下が少ないことが明らかになってきています。

 

 

骨も加齢とともに弱くなります。骨を構成するカルシウムなどの成分の密度が少なくなり、スカスカになるためです。特に女性は骨密度が小さくなりやすいです。
骨密度の低下は時には寝たきりの原因となってしまうこともあります。

 

 

骨密度の低下自体は誰にでも起こり得るものですが、ある程度予防は可能です。
喫煙、飲酒、カルシウム不足などの因子は、加齢以上に骨密度を減少させます。逆に考えれば、こうした因子を取り除き、健康的な生活を送っていれば、加齢以外の影響を受けないため骨密度の減少スピードは緩やかなものになります。

 

 

これらのことからもわかるように、老化が進むこと自体は不可避ですが、廊下のスピードを遅らせることは可能です。健康的な生活を心がけて、健康寿命を延ばしてください。

代表的な出生時損傷(分娩損傷)の種類は?

今回はお産の時に発生する、出生時損傷(分娩損傷)について解説したいと思います。

 

 

産瘤

産瘤とは、胎児が賛同を通過する際に先に進んでいく部分のむくみのことを指します。多くの赤ちゃんは頭から生まれてくるので、通常のお産では頭にできます。
場合によっては臀部(尻)や足などに産瘤ができることもあります。

 

 

産瘤の大きさは大体掌で包み込めるくらいの大きさです。
柔らかく、手で押し込むとそのあとにくぼみが残ります。
産瘤に似たものに頭血腫がありますが、こちらは押した後くぼみが残りません。

 

 

産瘤自体は2日~3日程度で自然と無くなるものであり、特に治療は必要ありません。

 

 

頭血腫

頭血腫とは、骨と骨膜との間に出血して血液がたまった状態のことです。
通常、生まれた直後には見られませんが、半日から1日が経つにつれて徐々に表れます。次第に大きくなっていき、数日で産瘤と似た程度の大きさになります。

 

 

産瘤と違い、触れるとブヨブヨとしており、中に液体が入っている感じがします。
針を刺して中にたまっている血液を抜くのは、細菌感染を招く恐れがあるので推奨できません。通常は自然に吸収されるのを待つようにします。

 

 

通常は2か月から3か月で消えるので、それほど心配はいりませんが、
たまに新生児期の黄疸が強くなったり長引いたりすることがあります。

 

 

帽状腱膜下出血

帽状腱膜とは、頭皮の下にある、頭がい骨を包んでいる膜のことです。
分娩の際に大きな力が頭皮に対してかかると、帽状腱膜と骨膜の間に出血が起こることがあります。これを帽状腱膜下出血といいます。

 

 

出産直後は症状がありませんんが、半日から1日が経つにつれて徐々に表れます。
血液がにじむので、皮膚の色は赤みがかって見えます。
出血は東部全体に及ぶため、高度の貧血や横断を伴うことがあります。

 

 

大量出血による播種性血管内血液凝固症候群を引き起こす可能性もあり、最悪の場合死に至る可能性もあるので、注意が必要です。治療の際には輸血が必要になります。

 

 

腕神経叢まひ

腕を動かす神経は首のところで脊髄から出て腕に延びています。
出産時に首の片側が強く伸ばされたり、圧迫されたりすると、神経が損傷し片側の上でが動かせなくなることがあります。これが腕神経叢麻痺です。

 

 

上腕型(腕は動かないが手の関節や指は動く)と前腕型(腕は動くが手指が動かない)があり、上腕型は前腕型よりも治りやすいです。

 

 

横隔神経麻痺

横隔膜の運動を支配する神経も首のところから出ているため、上記と同じ理由で麻痺を起すことがあります。

 

 

呼吸運動は横隔膜が上下することによって行われていますので、横隔膜の運動がなくなると呼吸が制限されて、息が苦しくなります。症状が重い場合は人工呼吸器を装着することもあります。3か月程度たっても治らない時は、手術を行うこともあります。

 

 

顔面神経麻痺

お産の際に頬を強く圧迫されると起こります。
顔の筋肉を支配する神経のまひで、傷害された側の目は完全に閉じなくなります。通常は1週~2週で治ります。

恋愛・パチンコ・ギャンブル・回避・買い物依存症の治し方……生活を蝕まれる前に

世の中には様々な依存症が存在しています。
そのほとんどは我々の生活に多大な悪影響を及ぼします。
身近な人が何かに対する依存症になりかけているなど感じたら、周りの人がストップをかけましょう。
ここでは世の中に存在する代表的な依存症をいくつか紹介していきたいと思います。 「恋愛・パチンコ・ギャンブル・回避・買い物依存症の治し方……生活を蝕まれる前に」の続きを読む…

健康診断で胃ポリープが見つかる原因と症状は?発見率は?

粘膜に覆われた壁から突出してできた突起物をポリープといいます。
台帳にできるポリープを大腸ポリープ、胃にできるポリープを胃ポリープといいます。
今回はポリープの中でも特にメジャーな胃ポリープについて解説を行いたいと思います。

 

 

胃ポリープは胃の中の細胞が異常に増殖することによってできます。
良性のものと悪性のものがありますが、主に良性のものを胃ポリープと呼びます。

 

 

胃ポリープの中でも代表的なものには以下のようなものがあります。

 

 

・胃底腺ポリープ
・過形成性ポリープ
・腺種性ポリープ

 

 

胃底腺ポリープは米粒大のポリープです。特に中高年の女性によく見られる病気です。また、ピロリ菌に感染していない人、ピロリ菌の除去に成功した人に多くみられます。女性ホルモンやガストリン(消化管ホルモン)の関与も指摘されていますが、明確な原因はまだ明らかになっていません。

 

 

一般的には無症状であり、がん化の心配はありません。
しばしば自然に消失するため、一般的に発見された場合は経過を見ることが大半です。

 

 

過形成性ポリープはどちらかというと女性に多く見られる病気です。
大きさはまちまちであり、ごくまれにがん化することがあります。
ヘリコバクター・ピロリ菌感染による萎縮性胃炎に伴って発生することが多いです。

 

 

症状は現れないことも多いですが、出血やびらんを伴うことがあります。
小さいポリープの場合は特に治療の必要はありませんが、ピロリ菌を摘出するとポリープのなくなることがあります。

 

 

2cm以上の大きさになったり、出血がある場合などは内視鏡手術によって除去します。

 

 

腺種性ポリープは高齢者によく見られるポリープです。
胃線種、ATP(胃型上皮)と呼ばれることもあります。
萎縮した胃粘膜に発生するものと考えられていますが、
詳しい原因は明らかになっていません。

 

 

こちらも小さい場合はそれほど心配はありませんが、1年に1回は定期観察を行う必要があります。ポリープの大きさが2cmを超えた場合は約5割の人にがん化が見られるので、経過観察中に増大傾向が明らかになっている場合は、内視鏡を用いて切除することがあります。

 

 

癌になる可能性は他の胃ポリープと比べると高いですが、その場合も癌は粘膜内にとどまることが多く、命にかかわるようなことはほとんどありません。

 

 

胃ポリープには大きく分けて上記の3種類がありますが、いずれの場合も即座に命にかかわるようなことはありません。種類にかかわらず、小さいものの場合は放置してもまず問題になることはありません。

 

 

ただし、大きさが1cmを超える過形成性ポリープ、線種性ポリープの場合は十分な経過観察を行い、大きくなっている場合は切除してください。

女性と男性の避妊の方法は?ピルは有効?

日本は海外と比べると人工妊娠中絶の件数が多い国です。
特に避妊に関する知識が不十分な10代の女性と、産み終える40代の女性の人工妊娠中絶が多くなっています。望まない妊娠を避けるためにも、避妊に関する知識は男女ともに身に着けておきたいところです。

 

 

毎日新聞が行った調査によれば、2004年時点で最も多く使われている避妊はコンドームを用いたもので、実に全体の8割近くを占めています。その次に多かったのが膣外射精法で、以下基礎体温法、女性の避妊手術が続いています。

 

 

コンドームは手軽に手に入りますが、妊娠する確率はピルや子宮内リング(IUD)と比べると高めです。より確実な効果を手に入れたいのならば、ピルや子宮内リングの使用を検討したほうがいいでしょう。

 

 

実際、ドイツでは20代前半の女性の実に70%が避妊のためにピルを使っています。
日本では最もポピュラーなコンドームはわずか12%にとどまっています。

 

 

ここからは日本で行える避妊の方法について解説していきます。

 

 

コンドーム

前述の通り、日本で最も広く利用されている避妊方法です。
ラテックス(ゴム)でできた袋を男性気に装着し、精液をそのゴム内に閉じ込めることによって妊娠を防ぎます。

 

 

コンドームの長所は薬局やコンビニなどでも買えることです。また、性感染症の予防になることも長所といえます。

 

 

短所は比較的失敗率が高いことです。失敗率は3%~14%といわれています。
また、コンドームは使い方が難しく、間違った使い方をしてしまうと十分な効果を期待することができません。きちんと勃起させてから装着する、射精後はすぐに外してゴムの口を結んで捨てるなど、正しい使い方をすることが大切です。また、コンドームの利用には必ず男性側の了解が必要になります。

 

 

コンドーム自体はそれなりに避妊具としては優秀ですが、これだけでは不安なので基礎体温法など他の方法と組み合わせたほうがよりいいでしょう。

 

 

基礎体温法

基礎体温とは体温に影響を与えるような諸条件(運動など)を取り除き、安静な状態では買った時の体温のことを言います。

 

 

男性の基礎体温は常に一定で、グラフにすると平行な直線となります。そのため、グラフの形状から体調を知ることはできません。

 

 

一方、女性の基礎体温には低温相と高音相があります。
月経周期を28日とした場合、最初の2週間は体温が低く(低温相)、その後の2週間は約0.3度ほど体温が上がる(高温相)のが一般的です。そのため、体温のグラフから次の生理はいつ来るのか、妊娠しやすいタイミングがいつなのか、排卵はスムーズに行われているかなどを知ることができます。

 

 

この基礎体温の波を利用して避妊を行うのが基礎体温法です。
排卵日は一般的に低温相から高温相に切り替わる時期といわれています。
この時期を避けて性行為を行えば、妊娠する確率はずっと低くなります。

 

 

精子は性交後3日~4日程度は受精能力が維持されるので、排卵日の前後4日間は性行為を避けたほうがいいでしょう。

 

 

しかし、月経周期は微妙にずれることもあるのでこの方法だけでは完璧といえません。
また、体温は気温、起床時間、睡眠時間、体調などにも影響されるため、今低温相なのか高音相なのかわかりづらいというリスクもあります。基礎体温法だけに頼るのは危険なので、コンドームなどと併せて利用するといいでしょう。

 

 

膣外射精法

男性が射精の直前にペニスを抜き、膣の外に射精するという方法です。
男性の経験に大きく依存する方法であり、避妊法としてはあまりにも危険といえます。
コンドームや基礎体温法と併用するのならば使えないこともありませんが、失敗することも多いです。

 

 

経口避妊薬(ピル)

ピルは傾向で使う避妊薬です。現在の日本で使える避妊法としてはおそらく最も確実性が高く(避妊の失敗率は0.1~5%程度)、また費用もかからないため有効な避妊法といえます。しかし、日本のピル使用率は1.9%と非常に低いのが現状です(ドイツ約58%、フランス約35%)。

ピルが忌避される背景には副作用が強いと考えられていること、安全面に難があることなどが挙げられますが、これらは誤解です。
確かに昔のピルは副作用が強かったのですが、現代の低用量ピルは非常に安全性が高くなっており、服用しても重大な副作用が起きることはほぼなくなっています。

 

 

また、昔のピルは太るといわれていましたが、現代のピルはこれ単体で太ることはまずありません。もしピルを服用することによって太ったならば、それは単なる食べすぎです。

 

 

医師から処方してもらわなければならないため若干使用のハードルが高いですが、費用は月3000円とそれほど負担にはなりませんし、ピルの使用を中断すれば次の月からはまた妊娠できるので将来的に子供が欲しいと思ってる方でも服用することができます。

 

 

飲むだけなので成功の雰囲気を壊すこともないですし、卵巣がんや子宮体がんの予防につながるといううれしい効果もあります。

 

 

欠点は飲み忘れると効果が得られなくなってしまうこと、乳がん患者や糖尿病患者などの既往歴がある人は使えないことなどが挙げられます。また、コンドームと違って性感染症の予防にもなりません。それでも若くて健康な女性には有効な避妊法といえます。

 

 

緊急避妊

避妊に失敗した(コンドームが敗れたなど)の場合に用いる緊急的な避妊法です。
避妊に失敗してから72時間以内に2錠、それから12時間以内にもう2錠ピルを服用します。
緊急避妊をすることにより、約75%の人が避妊を避けられます。

 

 

しかし確実性はそこまで高いとはいえず、加えて吐き気などの強烈な副作用も出やすいため、推奨できる方法ではありません。あくまでも緊急避難的な方法であり、次回以降は避妊に失敗することがないように気を付けなければなりません。

 

 

子宮内避妊具(IUD)

リングとも呼ばれる方法で、ピルと同じく高い成功率を誇っています(避妊失敗率約2%)。
まず、子宮内にポリエチレンなどでできた小さい器具を挿入します。
この器具が精子と卵子の受精、受賞欄の着床を防ぐことによって避妊を行います。

 

 

子宮内避妊具のメリットは効果が長続きすることです。年に1回医師の診察が必要になりますが、大体1度挿入してしまえば3年間は効果が持続します。費用は1回につき1万5000円~3万円前後です。
仮に3万円で3年持つとした場合、1カ月当たりの費用は3万円÷36か月=833円となります。

 

 

ピルが大体1カ月につき3000円なので、これと比べるとリーズナブルといえます。

 

 

デメリットは子宮内に危惧を入れるため、一部の人は違和感を覚えること。
特に出産経験が若いない人は違和感を覚えることが多いです。
また、人によっては月経が重くなったり、不正出血や腹痛などの副作用が出ることがあります。

 

 

若くて将来子供を望む人はピル、ある程度年を取っていて直近の数年間は子供を産む気がない人は子宮内避妊具と使い分けるといいでしょう。

 

 

不妊手術

腹腔鏡手術で女性の卵管を切り取ったり、男性の陰嚢の付け根を切開して精管を縛ったりします。
避妊効果は非常に高く、男性の場合は入院も必要ありません。(女性の場合は2日~4日の入院が必要)。

 

 

ただし、一度不妊手術をした後に再び子供が欲しいと思っても妊娠することは非常に難しいです。
今後子供は一切必要ないという人以外はやらないほうがいいでしょう。

更年期になると月経周期に異常が出る?ホルモンの影響は?

女性の一生は胎児期、小児期、思春期、成熟期、更年期、老年期と区別されます。
生殖機能も時期により異なります。

 

 

生殖機能の基礎は胎児期の時点ですでに始まっています。
この時期にはすでに数百万個以上の生殖細胞が存在することになりますが、
この生殖細胞は増加することなく、現象し続けます。

 

 

胎児期から小児期、思春期の始まりにかけては中枢神経系が成熟していないため、
エストロゲン(女性ホルモン)は低地を維持し続けます。
その後思春期が本格的に始まるあたりから中枢神経系が成熟し、卵巣が刺激されます。
そうなると生ステロイドホルモンの分泌が増加し、二次性徴が始まります。

 

 

二次性徴は一般的に乳房の発達→陰毛の発生→腋毛の発生→初経の順にやってきます。
成熟期では中枢神経系が安定し、ホルモン分泌の周期性が確立されることにより、
卵巣ホルモンの分泌も一定のペースで行われるようににあります。

 

 

卵巣では卵胞と卵の発育、排卵、黄体形成が周期的に繰り返されます。
この状態は数十年間続きますが、徐々に生理の間隔は長くなっていきます。
更年期は生殖可能期から生殖不能器への移行期と定義されており、一般的には45歳~55歳の時期が更年期となります。

 

 

生殖細胞が消滅すると、卵巣機能は停止し閉経となります。

月経の周期

月経周期により、体には特異的な症状が現れることがあります。
ほとんどは心配ないものですが、たまに病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。

 

 

月経時

多くの女性が倦怠感やめまい、下痢、腰痛、胃痛などの幅広い症状を訴えます。
この症状はほとんどは生理的範囲内であり、日常生活には影響を与えないことがほとんどなのですが、たまにこの症状があまりにも重すぎて日常生活が困難になる方がいます。この場合は月経困難症と診断され、病院で検査を受ける必要があります。

 

 

月経前

月経の10日前から数日前にかけて、下腹部痛、腰痛、乳房痛い、頭痛、浮腫、体重増加などの諸症状が現れることがあります。これらの症状は月経の開始と同時に消えてしまうことがほとんどです。
多くの場合は生理的範囲内で心配がないのですが、日常生活に支障をきたす場合は月経前症候群と診断されることがあります。

 

 

中間期

排卵期に軽度の支給出血が見られることがあります。これを中間期出血といいます。
中間期出血の原因は分かっていませんが、排卵期のホルモン変動による子宮内膜の破たんとする説があります。
また、排卵直前に下腹部痛が出ることがあります。これらは病的なものではありません。