破傷風の初期症状とは?大人の予防接種の回数と費用は?

破傷風は土の中に存在する破傷風菌という菌が体内に入ることによっておこる病気です。
世界中の土壌や汚泥に芽胞として存在しており、開放制の傷よりもむしろ目に見えないような小さい切り傷・刺し傷から最近が侵入することが一般的です。

 

 

ケガが治った後に改めて症状が出ることも多く、治療が遅れがちですが、場合によっては死を招くこともある(死亡率20~50%)危険な病気です。ただし、早期に治療を行えば比較的短期間で治ります。

 

 

症状

破傷風ではまず最初に口が開きにくくなるという症状が現れます。
ケガをした部位に関係なく、最初に症状が出るのは口元と決まっています。
物をかむ顔の筋肉が痙攣するためです。

 

 

この時期に治療を始めることができれば症状は重症化しにくく、比較的短期間で治ります。
この段階で適切な治療が行われないときは、顔、首、腹、手足と体の下の方に痙攣が広がっていきます。
首や背中の筋肉まで症状が広がってしまうと、体全体がそっくり返ったかのようになります。

 

 

この時に強い痛みを感じます。けいれんは一定の間隔で続き、胸や横隔膜の筋肉が痙攣をおこした状態が続くと呼吸困難に陥り、最悪の場合死亡することがあります。

 

 

熱はたまに微熱が出ることがありますが、高熱になることは稀です。
何にしろ顔の筋肉のけいれんが続くときは、念のために病院で診断を受けましょう。

 

 

診断

基本的にはどのような症状が出ているのかをもとに判断します。
破傷風は体の切り傷から破傷風菌が入り込むことによって発症する病気ですが、
症状が出ている段階ではすでにその切り傷が治ってしまっていることもあるため、
外傷が見られないからといって破傷風ではないと言い切ることはできません。

 

 

予防

体に外傷が出来た時には病院を受診することが大切です。
その場合、医師は万が一のことを考えて破傷風トキソイドを注射することが多いです。
破傷風トキソイドは破傷風に対しては非常に有効なワクチンですが、
一方で強力な故副作用も強く、アナフィラキシーショックが出ることもあります。

 

 

日本では三種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風)と呼ばれる予防接種を1972年から小児を対象に行っています。予防接種は生後3か月以内に1回、その後1カ月から半年で1回、その後半年から1年半の間に1回、合計で3回行います。そのため、子供は比較的破傷風になりにくいです。

 

 

予防接種を受けていない大人の人(おおむね40歳以上が該当)は、破傷風トキソイドの予防接種を注射することが推奨されています。特に農業従事者などの外で傷を作りやすい人は予防接種を強くお勧めします。

 

 

費用は大体1回につき3000円~5000円程度です。1回の注射で大体5年から10年程度効果が続きます。
万が一症状が出てしまった場合は大病院に入院し、けいれんの原因となる光や音のない部屋で安静にします。
けいれんが止まらない場合はICUで筋肉を止める注射をして、呼吸筋求めて人工呼吸器を装着します。
このような処置のおかげで、以前よりは死亡率も下がっていますが、依然として危険な病気であることには変わりありません。

 

 

口が開きにくくなったらまずは病院へ行きましょう。

症状から病気を探る方法は?診断は?

症状から病気を診断することは、決して簡単なことではありません。
たとえば胃の痛み一つ取ってしても胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍など、様々な病気の可能性が考えられるからです。多くの場合は症状を病気と照らし合わせながら判断していきますが、
では症状はどのように整理していけばいいのでしょうか。 「症状から病気を探る方法は?診断は?」の続きを読む…

日本の救急医療体制とは?

日本の救急医療の整備は、1964年に厚生労働省(当時の厚生省)が、救急病院などを定める省令によって救急病院、診療所が告示されることから始まりました。
日本では特に戦後、自動車が普及したため交通事故でけがを負う患者が増加しました。
これに対応するために各地で救急科、救命救急センターが多数設置されました。

 

 

現在の日本の救急医療体制は各都道府県の医療計画に基づいています。
また、二次医療圏まで対応することとしています。
医療圏とは都道府県が設定する地域的な単位のことです。
一次医療圏はいわゆる町医者などの身近な医療を提供する医療圏のことです。
医療行政においては市町村単位を一次医療圏と呼びます。

 

 

二次医療圏は一般的な入院治療の需要に対応するための区域のことです。
通常は都道府県を5~10程度の区域に分類します。
たとえば、香川県の場合は大川(さぬき市、南かがわ市)、小豆(小豆島町、土庄町)、高松(高松市、三木町、直島町)、中讃(丸亀市、坂出市、善通寺市、綾川町、多度津町、まんのう町、宇多津町、琴平町)、三豊(三豊市、観音寺市)の5つの二次医療圏が設定されています。

 

 

三次医療圏は一次医療圏および二次医療圏では対応が難しい特殊な医療需要に対応するために設けられる区域です。一般的には都道府県全域が一つの医療圏となりますが、面積が広大な北海道などでは三次医療圏も複数設定されています。

 

 

三次医療圏まで設定することによって多くの人命が助かりましたが、
その一方で日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから、救命救急士が制度化されることになりました。

 

 

これにより救命救急士は医師の指導の下で電気的除細動や輸液ルート確保などが出来るようになりました。また、一部の救命救急士には気管挿管や薬剤投与が認められるなど、その権限と責任は拡大しています。

 

 

一方で最近は救急車をタクシー代わりに利用する患者が増えるなど、モラルの低下も問題となっています。総務省消防庁は救急車利用の適正化を訴えています。

 

 

さて救急車の呼び方ですが、まずは局番なしで119をダイヤルします。

 

 

固定電話の場合は問題ありませんが、携帯電話の場合は管轄しているところと違う消防署につながることがあります。その場合は自分の現在地をはっきりと伝えましょう。
また、公衆電話の場合は赤い緊急通報ボタンを押してからダイヤルしましょう。この際に10円硬貨やテレホンカードを挿入する必要はありません。

 

 

電話を受けた消防署の職員が「救急ですか、火事ですか」と聞いてくるので、はっきりと「救急です」と回答し、その後場所を伝えます。

 

 

自宅などの場合は所番地がわかるのでいいですが、外出先の道路上など住所がよくわからない場合には近くにある交差点の名前、目標となる建物などを伝えます。
けがの様子なども併せて伝えると、救命率が上がります。

二次性高血圧の原因と検査項目は?

高血圧には原因が明確な二次性高血圧と、原因がわからない本態性高血圧があります。
どちらも高血圧という点では同じですが、二次性高血圧は原因となって居る病気を治療することによって治る場合が大半です。

 

 

二次性高血圧は以前は稀な病気と考えられていましたが、現在は腎血管性高血圧
原発性アルドステロン症など、しばしば発見されており、決してかかりにくい病気とは言えなくなってきました。

 

 

また、本態性高血圧はどちらかというと中年以降(通常35歳前後から)に発症することが多いのに対して、
二次性高血圧は比較的若い人にも多く見られるという特徴があります。
若い人の高血圧、あるいは中年以降の高血圧でも何らかの原因がありそうなときは二次性高血圧を疑います。

 

 

二次性高血圧の原因となる病気は様々ですが、腎臓が害されたときに高血圧を発症する人は少なくありません。このような症状を人生高血圧症といいます。
代表的な疾患は腎炎、尿毒症、多発性嚢胞腎などがあります。
結成クレアチニンが上昇していれば、腎臓の機能が衰退している可能性が高いです。

 

 

血圧が高いと腎臓の機能が低下しやすいため、一度腎臓病にかかってしまうと

血圧が高くなる→腎臓の機能が低下する→さらに血圧が高くなる

という負のサイクルに入ってしまいがちです。したがって治療は早急に行う必要があります。

 
ただし、腎性高血圧症は薬だけではなかなか治療が進まないのも事実です。
他の腎臓病と同様に禁酒と禁煙、減塩が効果的であることが多いです。
また、あまりに急激に血圧を下げてしまうとそれはまた別の危険があるので、
必ず医師の指導に従って適切な速さで治療を行わなければなりません。

 

 

また、ホルモンの異常が原因で高血圧になることもあります。
代表的なのは原発性アルドステロン病です。
原発性アルドステロン病は副腎球状層の細胞が主要化して、
過剰のアルドステロンを分泌して、高血圧を起こす病気です。
原発性アルドステロン病にかかった場合は原則として腫瘍を摘出します。

 

 

最近は開腹手術よりも負担が少ない腹腔鏡手術が一般的になってきており、
体力の低下がみられる人でも安全に治療を受けることが出来るようになりました。

 

 

まあ、心臓や血管の病気が高血圧の原因となることがあります。
一般的に慢性的な心臓病では、血圧はやや上昇することが多いです。

 

 

そのほか、薬の服用が高血圧の原因となることもあります。
特に注意すべきは官報などにも含まれている甘草(かんぞう)。
甘草自体は緊張を緩和させる作用をもち、適量を摂取することで体をリラックスさせ体調を安定させる効果がありますが、長年使用していると高血圧が出やすいものでもあります。

 

 

服用する場合は必ず医師に相談して、適量を守りましょう。

最大血圧と最小血圧の意味は?

血圧を測るときには皆さん最大血圧(上)と最小血圧(下)に注目されるかと思いますが、
この最大血圧最小血圧の持つ意味をご存じですか?

 

 

皆さんもご存じのとおり心臓はポンプの役割を果たしており、小さくなったり大きくなったりを繰り返すことによって血液を体中に運んでいます。
最大血圧とは心臓が血液を送り出すために心臓の筋肉をギュッと収縮させた時の血圧のことです。
この時、血圧の値は最も高くなります。

 

 

一方、最小血圧とはその逆で、心臓の筋肉が最も広がったときの血圧のことです。
この二つの血圧を測ることで、血圧が正常値にあるかどうかを判断します。

 

 

また、あまり知られていない指標ですが、平均血圧いうのもあります。
平均血圧とは、最大血圧から最小血圧を引いたものに1/3をかけて、そこにさらに最小血圧を足したものです。

 

 

たとえば、上が120、下が75の場合、最大血圧から最小血圧を引いた数値は45になります。
これに1/3をかけると15です。ここに最小血圧である75を足すと90になります。すなわち、平均血圧は90ということになります。

 

 

最大血圧の正常値は130以下、最低血圧の正常値は85以下、平均血圧の正常値は90以下といわれています。

 

 

また、最大血圧と最低血圧の差を脈圧といいます。
前述の例の場合、脈圧は120-75=45となります。

 

 

脈圧の正常値は40~60といわれています。

 

 

最大血圧と最小血圧が高い場合はいわゆる高血圧に該当します。

 

 

平均血圧はすでにお気づきの方も多いかと思いますが、どちらかというと最小血圧に近くなります。
つまり、最大血圧が低めの人よりも、最小血圧が低め人の方が平均血圧は小さくなるということになります。

 

 

となると、平均血圧を下げるためには最小血圧を下げたほうがいいようにも思えますが、最小血圧を下げることが必ずしも正しいのかというとそうでもありません。

 

 

脈圧は一般的には(例外はありますが)小さいほうがいいといわれています。
血管が柔らかければ、下の血圧が維持されることになり、また上の血圧も上がりにくくなります。
つまり、脈圧は小さくなるわけですね。一方血管が固くて弾力性がないと上の血圧が上がりやすくなります。

 

 

基本的には脈圧が小さい方が動脈硬化になりにくいといえるでしょう。
しかし、最小血圧だけを下げてしまえば最大血圧との差(つまり脈圧)が大きくなってしまいます。
動脈硬化の危険性を避けるならば、最小血圧だけでなく最大血圧も下げなければいけないというわけですね。

 

 

ただし、高度な心不全の場合は心臓が十分に血液を送り出すことができないため最大血圧が上がらず、その結果として脈圧が低くなる、ということも起こり得ます。脈圧が低いことが必ずしもいいというわけではないのですね。

死の四重奏・恐怖の症状とは?メタボリックシンドロームにご用心

アメリカの高血圧専門家、カプラン教授が1989年に提唱した「死の四重奏」という概念。
高血圧に耐糖能異常、高中性脂肪血症、腹部肥満を組み合わせたものです。

 

 

今ではこの4つを同時に持つ人はそうでない人と比べて心筋梗塞や脳卒中などにかかる可能性が極めて高いことが明らかになって居ます。死の四重奏の恐ろしさとはどこにあるのでしょうか。

 

 

高血圧

高血圧の定義は国や時代によっても多少異なるのですが、
現在は上が140以上、下が90以上のどちらか少なくとも一報を満たす状態を高血圧といいます。
また、上が130代、あるいは下が80代の場合は、成城の中では高い値ということで正常高値といいます。

 

 

また、高血圧にも段階があります。程度が軽い順に1度高血圧、2度高血圧、3度高血圧といいます。
上が180以上、もしくは下が110以上の場合は最も重い3度高血圧となります。
脳卒中の発症率が最も低いのは正常値グループであり、普段から低めの血圧を維持したほうがよいということがわかります。

 

 

耐糖能異常

簡単に言えば糖尿病です。糖尿病についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

高中性脂肪血症

簡単に言えば高脂血症のことです。高脂血症とは血液中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が増加している状態のことです。

 

 

高脂血症の一般的な原因は高カロリーの食事と運動不足です。
一方で、そうした生活習慣によらない遺伝性の高脂血症も存在しています。
家族性高コレステロール症(高脂血症の一種。生まれつき血液中のLDLコレステロールが以上に増える病気)は日本人の500人に1人に見られるポピュラーな病気です。

 

 

腹部肥満

上半身が太い、いわゆるリンゴ型肥満のことです。
BMIは体重と身長から肥満度を測定しますが、
この測定方法では筋肉質な人も肥満と判定されてしまうことがありますし、その逆もあり得ます。

 

 

まずは巻尺でおなか周りの一番太くなっている部分をはかってみてください。
次にお尻の中で最も太くなっている部分をはかってみてください。
そして前者を後者で割ってください。
男性の場合数値が1.0を、女性の場合は数値が0.9を超えていれば腹部肥満(リンゴ型)となります。
逆に下回っている場合は下半身肥満(洋ナシ型)となります。

 

 

リンゴ型肥満は洋ナシ型肥満と比べて生活習慣病にかかる可能性が高くなります。

 

 

以上の4つの因子をすべて満たしている状態を死の四重奏といいます。
メタボリックシンドロームの先駆けとなった概念です。
これらの危険因子は重複しやすく、の条件を満たしてしまうと他の条件も満たしやすいので中飛が必要です。

 

 

体重を適切な状態に保つことが死の四重奏から逃れる最も効果的な方法です。

安産祈願やお守りより効果がある体操のやり方とは?妊娠9か月目でも効果あり

安産祈願のためにお守りを買ったり、お参りをしたりするのもいいですが、
しょせんこれらの手段は非科学的な気休めにしかなりません。
安産を成し遂げるうえで一番大切なのは神に祈ることではなく、
お産の仕組みを十分に理解し、危険を排除し気持ちを落ち着かせることです。
では、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。

 

 

まずは妊娠中に気を付けるべきことについて。気持ちをリラックスさせ、
行動しすぎず、体調を管理するのはもちろん大切ですが、ここではそこからさらに一歩進んだ安産体操をしてみましょう。

 

 

安産体操はおおむね5か月~9カ月ごろに行います。
妊娠初期や妊娠直前は体調を崩しやすいので避けましょう。

 

 

安産体操では全身をまんべんなく動かしてやる必要がありますが、特に大切なのが腹筋運動です。
腹筋を鍛えることによって出産時に必要な筋肉が発達し、楽に出産を行うことが出来ます。
といっても、あまり激しい運動をしてはいけません。

 

 

まずは両手を地面につけて、四つん這いになってください。
次に息を吐きながら徐々に背中を丸めていき、頭をおなか側に近づけるようにしてください。
ちょっと苦しくなるくらいまで近づけたら、息を吐きながら徐々に元の姿勢に戻り、
今度は背中側に頭を動かしていきます。これを1日5回から10回程度続けるだけでも、だいぶ体が鍛えられます。

 

 

妊娠は体力勝負ですから、できれば妊娠前からある程度体を鍛えておくのが一番ですが、
体力に自信がないという人は妊娠してから始めても決して遅くはありません。

 

 

続いては出産時にやるべきことについて。

 

 

事前に腹式呼吸の練習をしておき、実際のお産でもやってみましょう。
仰向けに寝て軽く膝を立てて、両手を下腹にあてて体の力を抜いて、
一度息を吐いた後に下腹が膨らむように大きく息を吸い込んで、ゆっくりは着ます。
息はすうのが3秒、はくのが3秒です。

 

 

また、この際には合わせて圧迫法を行うといいでしょう。
腰骨の内面を側面からつかんで、息を吐いていきながら押していき、
息を吸いながら緩めるを繰り返します。はじめのうちは楽にできるはずですが、
妊娠が安定期に入るにつれて腰の方に痛みを感じるようになります。

 

 

握りこぶしを腰骨のうしろにおいて、腹式呼吸をくり返しながらこぶしで圧迫すると楽になります。
合わせてマッサージも行いましょう。両手を親指の臍のところで合わせて、下腹に三角形をつくるように両手を置きます。その後息を吸いながら水平に手をずらしていき、吐くにしたがって戻します。

 

 

最後に立会分娩について。
立会い分娩は夫婦が一緒に長い苦しみを乗り越えて赤ちゃんの誕生に立ち会う有意義なことです。
できれば旦那さんにも立ち会ってもらいましょう。腰のマッサージや圧迫は夫に上手におこなってもらうと、とても楽になります。

便秘薬は便秘解消に役立つ?食べ物と体操の効果

便秘とは排便回数が少なくなることです。
通常、健康な人では排便は大体1日に1回のペースで行われます。
しかし、便秘の人の場合は2日から3日に1回、あるいはもっと少ないペースでしか便通が来ません。

 

 

医学的にはたとえ人より排便の回数が少なくても不快感がなく、
日常生活に影響をきたしていないときは治療の対象となることはあまりありませんが、
排便回数が少なくなることによって何らかの不利益を被っている、
もしくは排便回数が極端に少ない場合には対策が必要です。 「便秘薬は便秘解消に役立つ?食べ物と体操の効果」の続きを読む…

てんかんの症状と原因は?薬はどこまで有効?

てんかんは大脳の神経細胞が過度に興奮することによっておこる発作の一種です。
一口にてんかんといっても様々な種類のものがありますが、小児期の良性部分てんかんや小発作転換は一般的に予後がよく、年を重ねるにしたがって自然と軽快していきます。

 

 

これに対してレノックス症候群と呼ばれる症状は治療が困難といわれています。

 

 

レノックス症候群は難治性てんかんの一つで、各種抗てんかん剤が効果を示さない・示しにくいのが特徴です。

 

 

けいれん発作が一種類に収まらず。急に手足をつっぱるようにしたり、
意識だけがぼーっとしたり、手足をびくびくさせたりするのが特徴です。

 

 

さて、てんかんの原因はいろいろありますが、ある程度は発病年齢と関係があります。
乳幼児期では胎生期あるいは周産期の無酸素脳症、脳損傷、先天性代謝障害、髄膜炎後遺症などが多いです。

 

 

20代以降は脳腫瘍が、50代以降では脳血管障害が原因となることもままあります。
ありとあらゆる年齢に見られる病気ですが、発生頻度が高いのは10歳前です。

 

 

患者数は日本で大体50万人から100万人ほどといわれています。
あまり普段触れることはないですが日本では相当ポピュラーな病気といえます。

 

 

症状は大発作全般発作その他の発作の3種類に分類できます。
大発作は発作の前に目の前がちかちかとちらつくことが多いのが特徴です。
発作は硬直発作で始まり、目が上を幹、足はまっすぐに伸びます。
約30秒で諤々とする運動が加わり、直ちに大きな発作が出ます。

 

 

症状は数分ほど続きますがやがて小さくなり、いびきをかいて寝始めます。
数秒間声が出なくなったり、一時的に意識を失ったり、会話中に突然反応がなくなったりします。

 

 

全般発作は大発作の部分的なものとして考えられているものです。
発作の症状はいつも同じなのが特徴です。

 

 

あくび発作、ミオクローヌス発作(手足をびくっとさせる)、強直発作、無動発作などがあります。

 

 

その他の発作は新生児や乳幼児など見られる発作です。
一般化しづらい特殊な発作などはここに含まれます。

 

 

治療では抗てんかん薬を使います。抗てんかん薬には神経細胞が過度に興奮することを抑制する効果があり、毎日服用することによって発作が抑えられます。
治療では基本的に1種類の薬のみを服用することになります。
複数治療は難しいため避けられることが多いです。

 

 

治療薬の多寡は治療と反応を見乍ら決めていきます。一種類の薬だけで大体80%の発作を推させることが可能です。

 

 

大多数のてんかん患者は抗てんかん薬の服用によって発作のない生活を送ることが出来ます。
一部の患者は発作が続きますが、そのグループも皮質切除によって改善することが多いです。

 

 

なんにせよ適切な投薬を受けることが大切です。