親指や小指の突き指にテーピングは有効?湿布の処置と張り方

突き指は軽いけがと思われがちですが、処置を間違うと後遺症が残ることもあります。強い衝撃を受けた場合には捻挫だけでなくはく離骨折や脱臼を起こす可能性もありますので、適切な処置をすることが大切です。 「親指や小指の突き指にテーピングは有効?湿布の処置と張り方」の続きを読む…

ギランバレー症候群の障害部位とは?難病の原因は感染症

ギランバレー症候群は感染症にかかった後に発病する病気です。
数週間でピークに達し、その後は回復していきます。
健康だった人が突然車いす生活になることもある難病で、
周囲を驚かせることもしばしばです。 「ギランバレー症候群の障害部位とは?難病の原因は感染症」の続きを読む…