薬物依存症の症状は?後遺症を克服するための治療方法

メディアでも取り上げられることが多くなった薬物依存症
薬物と聞くと覚せい剤大麻などを想像する方が多いと思いますが、
治療薬に対する依存症も最近増えてきています。

 

 

薬物の種類にかかわらず共通する点として、
最初に使用したときに「心地よかった」「すっきりした」というプラスの経験が頭に残ります。
私はやったことがないのでわかりませんが、経験者曰く、その快感がまたほしくて繰り返し使用するようになるのだそうです。

 

 

物質によっては摂取することで様々な身体的・精神的不調を招いたり、
物質の効果が切れるとともに不快感で満たされ、薬物のことしか考えられなくなるなどの症状が現れます。

 

 

長く吸い続けると体も心もボロボロになり、記憶障害や幻覚に悩まされることになります。
一度始めてしまうと自分の意思でやめることは非常に困難なので、そもそも手を出さないことが大切です。 「薬物依存症の症状は?後遺症を克服するための治療方法」の続きを読む…

蒼井翔太や千春は性同一性障害?芸能人や歌手のブログ一覧

人間はたいていの場合において、それほど抵抗なく自分の性を受け入れます。
ほとんどの男性は何の疑問も持たずに男子トイレに入りますし、
銭湯では男湯に入りますし、性別欄には「男」の方に○をつけます。女性もまたしかりです。

 

 

が、中には自分の性を受け入れることが激しく苦痛と感じる人もいます。
自分の身体的精を嫌悪し、反対の性に対する同一感が続いている人を、性同一性障害といいます。 「蒼井翔太や千春は性同一性障害?芸能人や歌手のブログ一覧」の続きを読む…

自己血輸血の手順と適応は?正しいマニュアルは?

通常、輸血を行うときは他人の血をまわしてもらうものです。これを同種血輸血といいます。
現在は医療体制が十分に整備されていることもあって、
同種血輸血で問題が起こることはあまりありませんが、全くリスクがないわけではありません。

 

 

具体的にはエイズや肝炎などの感染リスク、輸血後移植片対宿主病(輸血後にリンパ球が増え、受血者の組織を攻撃すること)のリスクなどがあります。

 

 

一方、自己血輸血とはあらかじめとっておいた自身の血液を後で輸血する方法です。
自分の血を戻すというやり方であるため、感染症などのリスクがありません。
すべての手術で自己血輸血が適用できるわけではありませんが、
どちらを選んでもいいという状態になったら、自己血輸血を選んだ方がリスクは少なくなるでしょう。 「自己血輸血の手順と適応は?正しいマニュアルは?」の続きを読む…

中枢性・腎性尿崩症とはどんな病気?原因と治療方法は

一般的な人間の尿量は一日当たりおよそ1500mm(1.5L)といわれています。
個人によって多少上下することはありますが、3Lを超えることは非常にまれです。
しかし、尿崩症患者は場合によっては10L以上の多尿が続くことがあります。

 

 

多尿によって水分が失われる続けると大変危険ですので、早めに治療を行う必要があります。 「中枢性・腎性尿崩症とはどんな病気?原因と治療方法は」の続きを読む…

床ずれの症状を防ぐ薬は?クッションの使い方

寝たきりの高齢者によく見られる状態である床ずれ
以前は治る見込みが少ないものとみなされ放置される傾向がありましたが、
最近は形成外科や皮膚科の分野を中心に研究が進んでおり、
かなりの程度まで治すことが出来ます。
「床ずれの症状を防ぐ薬は?クッションの使い方」の続きを読む…

人格障害を無料でチェック。他人との付き合い方を考えよう

人間には様々な性格の人がいます。明るい人・暗い人、働き者・怠け者、自己中心的・献身的……これらの人格はそれぞれが唯一無二のものではありますが、
ほとんどの人は性格の個人差はある程度の幅の中に入っています。

 

しかし、中にはそのある程度の幅から極端に外れている人も居ます。
これらも個性といえば個性なのかもしれませんが、
その性格のせいで本人や周囲が悩んだりすることケースも少なくありません。

 

 

そのような極端な人格を人格障害といい、多くの分類基準があります。

「人格障害を無料でチェック。他人との付き合い方を考えよう」の続きを読む…