重症筋無力症の初期症状は?難病指定で完治は難しい

重症筋無力症は重症という名前からもわかるように、
症状が進行すると日常生活に多大な制限をきたす病気です。
一方で現代では診断法も治療法もある程度確立されており、完治する人もいます。

 

 

言葉の綾に惑わされず、正しい治療を受けることが大事です。
「重症筋無力症の初期症状は?難病指定で完治は難しい」の続きを読む…

難病指定された筋強直性ジストロフィーの寿命は?症状と遺伝の関係

筋強直性ジストロフィーは難病指定を受けている、複雑な病気です。
筋肉がいったん収縮するとリラックスするまでに時間がかかる(ミオトニー)が最大の特徴です。筋ジストロフィーの一種ですが、全身に症状が現れるのが特徴です。 「難病指定された筋強直性ジストロフィーの寿命は?症状と遺伝の関係」の続きを読む…

大人や子供の筋ジストロフィー初期症状は何?寿命はどれくらい?

筋ジストロフィーは徐々にその筋力が衰えていく非常に恐ろしい病気です。
子供の頃に発症して20代で亡くなる人も珍しくない一方で、
最近は割と長く生きることが出来る人も増えています。
とはいえ平均寿命は30歳。ここ20年間ほどだいぶ改善されたとはいえ、
まだまだ研究が進んでいない病気といえます。 「大人や子供の筋ジストロフィー初期症状は何?寿命はどれくらい?」の続きを読む…

足の甲や腰の疲労骨折とは?その症状と治療法、痛みが完治するまでのプロセス

骨折とは骨に過大な力がかかり、骨が折れる現象のことを言います。
健康な人はめったに骨折することはありませんが、
高齢者などは骨が弱っているため、転倒などの小さな衝撃でも骨折することがあります。

 

 

若い人が陥りやすいのは通常の骨折ではなく疲労骨折です。
疲労骨折はスポーツをを良くする人には身近な怪我の一つで、
過去には高橋尚子選手もこの怪我を罹患したことがあります。 「足の甲や腰の疲労骨折とは?その症状と治療法、痛みが完治するまでのプロセス」の続きを読む…

子宮体癌の初期症状は不正出血。原因と手術費用をまとめたブログは?

子宮がんには子宮頸がん子宮体がんの2種類があります。
どちらも初期にはほとんど自覚症状がなく、
数あるがんの中でも特にかかりやすく、また治りやすいがんと認知されています。

 

 

かつては子宮がんといえば子宮頸がんがほとんどだったのですが、
最近は子宮体がんにかかる人も増えており、その割合はほぼ半々となっています。 「子宮体癌の初期症状は不正出血。原因と手術費用をまとめたブログは?」の続きを読む…

子宮頸がんの初期症状はかゆみなど。ひなたやまるのブログは参考になる

子宮がんには子宮頸がん子宮体がんの2種類があります。
どちらも初期にはほとんど自覚症状がなく、
数あるがんの中でも特にかかりやすく、また治りやすいがんと認知されています。

 

 

かつては子宮がんといえば子宮頸がんがほとんどだったのですが、
最近は子宮体がんにかかる人も増えており、その割合はほぼ半々となっています。 「子宮頸がんの初期症状はかゆみなど。ひなたやまるのブログは参考になる」の続きを読む…

赤ちゃんが突然蕁麻疹になる原因は?慢性には薬や漢方も

蕁麻疹自体はありふれた病気であり、直接生死にかかわるような病気でもないのですが、
罹患してしまうと非常に不快な思いをすることになります。

 
蕁麻疹は蕁麻(イラクサ)に刺された後のように腫れることから、
この名がついています。イラクサのとげにはヒスタミン(アナフィラキシーの原因となる物質)が含まれています。 「赤ちゃんが突然蕁麻疹になる原因は?慢性には薬や漢方も」の続きを読む…

ハンチントン病の原因と治療方法は?遺伝子診断と予後

ハンチントン病は日本では約20万人に1人が発症する非常に珍しい疾患です。
重症度が非常に高く公費負担の対象になっている病気で、遺伝性の病気です。
アメリカのハンチントン氏が発見したことから、このような名前が付けられています。 「ハンチントン病の原因と治療方法は?遺伝子診断と予後」の続きを読む…

くも膜下出血の前兆は頭痛など。水頭症との関係と看護方法

脳の動脈は、太い内頚動脈と脳底動脈が頭蓋内に入って輪を築いています。このわっかから前大脳動脈、中大脳動脈、後大脳動脈が分岐しています。

 

 

太い動脈の部分にはこぶができやすい作りをしています。
動脈の瘤は動脈瘤と呼ばれます。動脈瘤があっても特に症状などは出ないのですが、
動脈が血圧上昇などで敗れることがあり、これをくも膜下出血といいます。 「くも膜下出血の前兆は頭痛など。水頭症との関係と看護方法」の続きを読む…