スポンサードリンク

老化現象は防止できる?


高齢者は若い人と比べて体力や身体機能で著しく劣るのは当たり前のことであると我々は考えがちですが、最近の研究によれば、必ずしもそうとは言えないことが明らかになっています。今まで生理的な老化現象、すなわち不可避な老化現象として考えられてきたことも、実はある程度防げることがわかっています。

 

 

耐糖能と加齢

糖尿病とは、血液中のブドウ糖が組織に効率よく取り込まれず、血中に停滞してしまう病気のことです。インスリンというホルモンの作用が低下するため、糖尿病になります。この状態は、動脈硬化を著しく進めてしまいます。今までは高齢者は糖尿病の有無に関係なく、インスリンが効きにくく、食後は高血糖になりやすいと考えられてきました。

 

 

しかし、糖尿病は若い人でも肥満や運動不足、食事の過剰摂取などを続けているとかかるものです。高齢者は運動不足や肥満になりやすいですが、高齢者でも定期的に運動をしていて、節制している人は糖尿病にかかりにくいこともわかっています。

 

 

耐糖能低下が加齢現象そのものなのか、それとも加齢に伴う生活習慣の変化が原因になっているのかは、現時点ではよくわかっていませんが、最近の研究では、老年期のインスリンの低下は、加齢だけでは説明できず、むしろ生活習慣の変化によるところが大きいことが明らかになっています。つまり、インスリンの低下は誰にでも起こる老化現象ではなく、生活習慣を適切なものに保っていれば防げるということです。もちろん若いころとまるっきり同じ体でいる、というのは難しいかもしれませんが、生活習慣次第で老化をかなり遅らせることができるというわけです。

 

 

このように、従来は単なる老化現象と思われていたものの、実は老年期の生活習慣が大きく影響する病気はたくさんあります。

 

 

たとえば、骨粗しょう症はその一例です。骨というものは基本的に、年齢を重ねれば重ねるほど弱くなります。骨を構成するカルシウムの成分が、減少していくからです。特に女性はその傾向が強く、骨粗しょう症にかかりやすいといわれています。

 

 

骨粗しょう症が進むと、ちょっとした衝撃でも骨折してしまうようになります。老年期の骨折は快適な生活を損なうだけでなく、場合によっては寝たきりや落命の原因ともなりえます。

 

 

骨は男女ともに20代後半~30代あたりで減少し始めます。さらに、女性は閉経期を過ぎるころから、そのスピードが加速していきます。これ自体は誰にでも起こる老化現象です。

 

 

一方、それとはべつに予防可能な因子もあります。骨は加齢とは別に、喫煙、飲酒、カルシウムの摂取不足などでも減少していきます。これらの悪因を持つ人は、そうでない人よりも骨が減少するペースが速くなります。悪因を持たない人は年をとっても比較的高い骨密度を維持することができますが、複数の悪因を持つ人は比較的若いうちから骨粗しょう症に悩まされることになります。

 

 

また、心臓の働きも生活習慣が大きく影響します。人間の臓器は通常、加齢とともに縮んて行きます。この法則に従わないのが心臓です。高齢者の心臓は、若い人と比べて大きいです。高齢者は血圧が高く、その高い血圧に対抗するためには心臓を肥大化させるしかないからです。

 

 

心臓が1分間に拍出する血液の量を心拍出量と言います。以前は、加齢とともに心拍出量は直線的に低下するものであると考えられていましたが、現在は活動的な高齢者の心拍出量は下がりにくく、そうでない高齢者は下がりやすいことが明らかになっています。

 

 

さらに老化は精神認知機能にも及びます。記憶力、記銘力は年を取るとともに衰え、さらに高次の機能である言語、推理、洞察、空間認知機能も徐々に減退していきます。しかし、これらの機能も加齢以外の要素に影響されることが明らかになっています。

 

 

このように、加齢以外の因子は人間の老化スピードに大きく影響を与えます。しかし、その一方で加齢が全く体に影響を与えないわけではないこともれっきとした事実です。避けられない老化も確かに存在するのです。

 

 

たとえば、年を取ると誰でも臓器が固くなります。大動脈や心臓の中にコラーゲンが増えると、男性度が減少し、硬くなります。そうすると最高血圧は上がり、最低血圧は下がります。硬くなった心臓は収縮する分には問題はないのですが、拡張はしずらくなります。その結果心房に負担がかかります。高齢者に心房性期外収縮や心房細動などの不整脈が多いのはそのためです。

 

 

また、高齢者の身体は恒常性が低いです。恒常性とは、血圧、体温、体液量などが変化した場合に、それをもとの状態に戻そうとする力です。老化した身体は数値を正常に保つ力が弱いため、各臓器の機能が一度変化してしまうとなかなか元に戻りづらいといわれています。こうした身体の機能の低下は、高齢者の病気や薬剤の反応が変化する原因となります。

 

 

防げない老化はどうしようもありません。せめて防げる老化を防ぐように頑張りましょう。


スポンサードリンク