スポンサードリンク

高音と低音の耳鳴りの治し方は。難聴や頭痛の治療法も大公開


耳鳴りには音の高い物(高音)と、音の低い物(低音)があります。
どちらもうっとうしいことには変わりありませんが、
高音のものと低音のものでは少しずつ対処法が異なります。

スポンサードリンク

高音の耳鳴りについて
高音の耳鳴りを高音性耳鳴りといいます。
高音性耳鳴りの特徴は以下の通りです。

 

 

1.耳をふさぐと音が大きくなる
低音性の耳鳴りは耳をふさぐと緩和されることがありますが、
高音性の場合は逆に耳をふさぐと悪化することがあります。

 

 

2.音が大きくなったり小さくなったりする
低音性の耳鳴りが「ボー……」と一定の音を保つのに対して、
高音性の場合は音が大きくなったり小さくなったりします。

 

 

高音性耳鳴りの原因は?
高音性耳鳴りの一番メジャーな原因は老人性難聴です。
年齢を重ねるとだれでも聴力は衰えますが、
人間の場合は通常、高い音から聞こえなくなっていきます。

 

 

通常の生活において高音を聞き取らなければならないシチュエーションは少なく、
脳が高音を聞き取る能力は不要だと判断するため、聞こえづらくなるそうです。

 

 

ただ、高音性耳鳴りは日常の生活音に紛れやすいため、
気が付きにくいことがあります。実際は耳鳴りがしているにもかかわらず、
周囲の環境音のせいで耳鳴りのサインを聞きのがすこともあります。

 

 

加齢によるものなので防ぎようはありませんが、
補聴器を使うとよく聞き取れるようになります。

 

 

老人性難聴以外にも様々な病気が隠れていることがありますので、
耳鳴りが続く場合には医療機関を受診しましょう。

 

 

低音の耳鳴りについて
低音の耳鳴りを低音性耳鳴りといいます。
キーンという音ではなく、「ボー」「ゴー」という音が聞こえるのが一般的です。

低音性耳鳴りの特徴は以下の通りです。
1.音が一定である
高音性耳鳴りの場合と違い、音が大きくなったり小さくなったりすることは稀です。

 

 

2.ストレスが原因であることが多い
低音性耳鳴りは高音性のものと違い、重大な病気が隠れている可能性は低いです。
低音性耳鳴りはストレスが原因で起きることが多いため、
そのストレスを緩和する必要があります。

 

 

耳鳴りの治療法
耳鳴りの治療法には様々なものがありますが、
一番いいのは医師の治療を受けることです。
漢方薬やツボ押しに期待するのもいいですが、
余り信頼できるものではありません。

耳鳴りをスルーしたいときは
耳鳴りが続いて集中が出来ない、という場合には、
体を軽く動かしてみるといいでしょう。
耳鳴りには精神的なストレスも関連しているため、
そのストレスを解消し、なおかつ意識を耳鳴り以外のところへと持っていくスポーツは効果的です。

 

 

余りきついスポーツをすると疲れてしまいますので、
早めのウォーキングや軽いジョギングなど、
肉体に負担がかかりすぎないものを選びましょう。

 

 

森の音や川のせせらぎなどの自然音のCDを聞くのもおすすめです。
意識すればするほど耳鳴りはひどくなっていきますので、
他の方向に意識を振ってやることが大事です。

症状別 耳鳴りの対処法はこちら


スポンサードリンク

コメントを残す