スポンサードリンク

頭痛の原因は寝すぎや寝起き?目が痛いときはどうする?


頭痛は我々にとっても身近な症状です。頭痛の裏には重い病気が潜んでいることもありますが、
一方で頭痛自体は珍しいものではないため裏に病気がないものもたくさんあります。

 

 

しかし裏に病気があろうがなかろうが頭痛は嫌なものです。では、どうすれば頭痛の痛みから解放されることが出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

まずは頭痛の種類をいくつか確認してみましょう。
頭痛の中ではおそらくもっともポピュラーである偏頭痛(片頭痛)は、
頭の片方だけがずきずきと痛む病気です。体質的なものであり、
病気の心配はないのですが、頭痛が来る前に目の前が輝いて見えたり、
あるいは逆に暗くなったりすることがあります。

 

 

頭痛そのものを完全に防ぐことはできませんが、薬を使うことによって大分抑制できます。

 

 

緊張性頭痛も比較的ポピュラーな症状です。
頭の後ろの方を中心に広がっていく頭痛であり、頭重感があります。
首や肩などの筋肉が凝り固まっていることが多く、一日中だるさを感じます。

 

 

この場合もやはり飲み薬が有効です。ただしそれだけでは不十分なので、
体の緊張を揉みほぐしたり、ゆっくり休んでストレスを取り除くなどの処置も必要になります。

 

 

起立性調節障害もずつの原因の一つです。
これは思春期前後によく見られる症状の一つで、大人で言うところの自律神経失調症です。
一般的に朝起きられず、無理やり起きても午前中は調子が悪く、
午後になると体調がよくなってくるというのが一般的な傾向です。

 

 

しかし翌朝になるとまた症状が元に戻ってしまいます。
周囲からは怠けているとみられがちですが、そういうわけではありません。
この場合は自律神経調節薬によって体調をコントロールできます。

 

 

その他、心因的な原因によって頭痛が発症することもあります。
蒸気の頭痛のようにカテゴライズされるものではなく、悩みやその日のストレス次第で、
普段頭痛を感じる人がないことでも痛みを感じたりすることがあります。

 

 

また、緑内障などの芽の病気が原因で頭痛がすることもあります。

 

 

頭痛と睡眠

一般的に寝すぎは頭痛のもとになるといわれています。
寝ることにはリラックス効果があります。体がリラックスると体が緩み、血管が広がって頭痛が起こります。

 

 

このタイプの頭痛を防ぐ最も簡単な方法は寝すぎないことですが、
そうはいってもせっかくの休日に頭痛を防ぐためだけに早起きする気にはならないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そんな方におすすめなのが目の周辺のマッサージです。こめかみのあたりを指で刺激し、
血行を良くすることによって頭痛を防ぎます。

 

 

また、カフェインには血管収縮を抑制する効果があるので、コーヒーやお茶を取るのもいいでしょう。
頭痛自体は時間が経つとともに消えていくものですから、あまり考え過ぎずに日常を送るのも大切です。


スポンサードリンク