スポンサードリンク

虫歯の最新治療の料金と詰め物、歯医者に行かず半年放置で……


数ある病気の中でも特に身近なものに虫歯があります。
虫歯はその正式名称を「齲蝕症」といいます。
虫歯はその進行状況によってC0期からC4期までに分けることができ、
治療方法も時期ごとに異なります。

スポンサードリンク

C0期
自覚症状は特にありませんが、歯の表面がわずかに白く濁って見えます。
歯医者で定期検診でも受けていない限りはほとんど気が付くことはありません
仮に気が付いても放置する人が多いです。

 

 

この段階で気づけた場合は、フッ素を含む歯磨き、うがい薬の利用などにより、
脱灰(歯のエナメルを解かす)と再石灰化(歯のエアメルを修復する)が適切に行われるようになり、元通りの健康な歯を取り戻せます。

 

 

C1期
この段階でも自覚症状はありませんが、歯の表面が明確に白濁し、表面が黒褐色になることもあります。

 

 

この段階で気づいた場合は歯の表面を削って充填を行うこともありますが、
最近はとりあえずはC0期と同じ治療方法で様子を見る傾向にあります。

 

 

C2期
この段階になると、いわゆる虫歯らしい症状が表れてきます。
歯の表面のエナメル質の内側にまで齲蝕が進み、
表面に穴が見えるようになります。
冷たい水や甘いものがしみるようになるので、この段階で気が付く人が多いようです。

 

 

この段階に入った場合には、虫歯の部分を削って中に金属などを充填します。
痛みがある場合、齲蝕がひどい場合などには歯髄の保護を行い、充填します。

 

 

C3期
C2期を放置するとC3期に突入します。歯質の崩壊が進み、歯髄にまで影響が及びます。
刺激がなくても痛むことがあります。

 

 

この段階では歯髄の一部を除去し、その後クラウンをかぶせます。

 

 

C4期
歯肉の上に見えるすべての歯が溶けて、歯の根っこだけが残ります。
歯髄が死んでいるので痛みはないですが、放置すると歯根の先に病巣が出来ることがあります。

 

 

ここまで来たら抜歯をするのが一般的です。
通常はここに来る前に気が付くでしょうから、
早めに治療を受けることが大切です。

 

 

虫歯になったら
虫歯を放置してはいけません。半年も放置するとまずC4期まで進んでしまいます。
忙しいなどと言う言い訳をしている暇があったら、早く病院に行ってください。
放置して後々困るのは自分自身なのですから。

 

 

虫歯の治療はいたくない?
最新の虫歯の治療はそれほど痛くありません。
ドックスベストセメントという削らずミネラルで殺菌する方法は痛みがなく、
アメリカでは一般的な治療方法として認可されています。

 

 

日本ではまだ保険診療の対象となっていませんが、
最新の医療機器がある歯科医院ならば自費治療で受けることが出来ます。
治療費は通常の銀歯にする治療の3倍ぐらいかかりますが、
お財布に余裕がある方は試してみてもいいでしょうね。


スポンサードリンク
2014年8月28日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気