スポンサードリンク

脳梗塞の前兆はいびきや頭痛など?首に出る初期症状をチェック


脳梗塞は脳の血管が詰まることによって起きる病気です。
詰まり方には動脈硬化が原因の脳血栓症と、
心臓でできた血栓が脳の血管をふさぐ脳血栓症があります。

 

 

脳血栓症は太い動脈に起きるアテローム血栓性脳梗塞と、
細い血管に起こるラクナ梗塞に分類できます。

スポンサードリンク

症状
脳梗塞の種類には上記の通りいろいろありますが、どれも症状は似通ったものです。
舌が麻痺してろれつが回らなくなったり、
体の片側がしびれて思うように動かせなくなったりします。

 

 

アテローム血栓性脳梗塞は他の者と比べると症状が重く、
意識障害や言語障害、視野障害などの重要な障害が出やすいです。

 

 

また、脳梗塞には前兆があることがあります。この前兆を一過性脳虚血発作といいます。突然のいびき、頭痛などは要注意です。
また、手足の縺れや目が見えにくくなるなどの症状が出ることもあります。
こうした症状は通常は1時間以内、長くても1日内には消えますが、
このまま放置すると数年後には2割~3割の人が脳梗塞を引き起こします。

 

 

また、軽い脳梗塞を起こした場合、血栓が自然に流れた後、
その弱った動から血液がしみ出すことがあります。これを出血性脳梗塞といいます。

 

 

軽い脳梗塞だといって侮らずに、注意深く経過観察をすることが大切です。

 

 

偏頭痛と脳梗塞
偏頭痛は脳梗塞のリスクを上げるといわれています。
そもそも偏頭痛は局所的な脳の血流低下が原因であり、
血流低下が起これば当然その部分には少なからずダメージが蓄積されます。

 

 

脳血栓症の危険予測指数
脳血栓症のリスクを示すのが危険予測指数です。
危険予測指数はコレステロール指数、高血圧指数、糖尿病指数、喫煙指数から成り立っています。

 

 

コレステロール指数
総コレステロール数/HDLコレステロール数で計算します。
この値がそのママ点数になります。

 

 

高血圧指数
最高血圧が160以上、もしくは最低血圧が95以上の場合はプラス1点。
最高血圧が200以上、もしくは最低血圧が110以上の場合はプラス2点。

 

 

糖尿病指数
空腹時血糖が110以上、もしくは75gブドウ糖不可試験の食後2時間血糖値が140以上の場合は1点。

 

 

空腹時血糖が140以上、もしくは75gブドウ糖不可試験の食後2時間血糖値が200以上の場合は2点。

 

 

喫煙指数
習慣的喫煙者の場合は1点。

 

 

この点数が6点を超えたら要注意、8点を超えたら非常に危険な状態であると判断されます。

 

 

治療
早期診断・早期治療がポイントです。
発症後3時間以内であれば、t-PAという薬が効果を示し、障害を軽減できます。
後遺症を減らすにはリハビリテーションが重要です。


スポンサードリンク
2014年10月21日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気