スポンサードリンク

立ちくらみの対処法はゆっくり動くこと!水分塩分摂取もしっかりと


立ちくらみは日常的によくある症状であり、なおかつ命にかかわるものではないと思われがちなことから、放置されることが少なくありません。

しかし、立ちくらみを放置するのは決して正しいこととはいえません。立ちくらみ自体はそう危険なものでなくとも、それによって起こる転倒事故が悲劇的な結末を引き起こすことが少なからずあるからです。

今回の記事では、立ちくらみがなぜ起こるのか、そしてそれに対抗するためにはどうすればいいのかをお教えします。

スポンサードリンク

立ちくらみの原因は脳の酸素・血液不足にあった

立ちくらみは通常、血液や酸素が脳に十分に送られないことが原因で起こります。脳への血流を促すためにはある程度の血圧が必要なため、低血圧な人ほど立ちくらみになりやすいといえます。ただしあくまで傾向の話であり、高血圧でもなる人はなります。

血管迷走神経反射について

血管迷走神経反射は、立ちくらみの原因として最もメジャーなものです。迷走神経とはリラックスを司る副交感神経の一種で、精神的なショックや空腹、排泄行為、長時間の立位などで活性化します。活性化すると血管が拡張して血圧が低下し、立ちくらみを引き起こすというわけです。

対処法は早めに体勢を変えること

血管迷走神経反射は突然起こるものではなく、徐々に起こります。つまり、立ちくらみの前に”立ちくらみになりそうな感じ”がするわけです。それを感じ取ったら、早めにしゃがんだり横になったりすることが大怪我を防ぐコツです。また、できればこれを引き起こす体勢自体を避けましょう。

高齢者の場合は排泄後に立ちくらみを起こすことが多く、足腰の弱さから転倒することも多いので、トイレに手すりをつけるなどの工夫も役立ちます。

起立性低血圧とは

起立性低血圧とは、寝ている状態から急に立ち上がったときに起こる血圧の低下現象です。急に経つと体内の血液が下の方に流れるため、血圧が下がります。起き上がっただけで立ちくらみになることは余りありませんが、自律神経の障害、血液量の低下などがある場合はその確率が上がります。

対処法はゆっくり起きること

起立性低血圧の対処法は簡単で、早く起き上がらなければいいのです。朝起きる時はゆっくりと状態を起こして座り、少し経ってから立ち上がりましょう。普段から低血圧がある人は、水分や塩分をしっかりと摂取することも大切です。自律神経の障害がある場合は、そちらの治療もあわせて行いましょう。


スポンサードリンク
2017年8月22日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気