スポンサードリンク

病院で行われる頭部の検査について


頭は人間の体の中でももっとも重要な部位の一つであり、脳や脊髄、神経、筋肉などが集まっているためなかなか診断が難しいように思われますが、実は診察自体はそこまで難しくありません。脳の検査には以下の様なものがあります。

スポンサードリンク

単純X線検査

単純X線検査は高エネルギーの放射波を体に当てることによって脳内の様子を画像化する検査です。以前よりは少なくなりましたが、体に対する害が少なく、検査も簡単なことから最初に大雑把に病状を把握するのに使われます。副鼻腔炎、変形性頚椎症、脊椎管狭窄症、脊髄腫瘍、転移性脊椎腫瘍、脊椎炎などの病気を特定するのに向いています。頭部を単純X線検査する場合は、4方向の撮影をします。

 

CT検査

CT検査はX線を使って身体の断面を撮影する検査です。X線写真に比べて精密に検査をすることができる反面、被曝量が多いため最初に行われることはあまりありません。脳の器質的疾患が疑われる場合には、この検査を行うことが多いです。耳の穴と目を結ぶ線を基準に、平行な面で1cm感覚で検査をしていきます。フィルムには16枚の写真が並びます。

 

脳の写っている灰色よりも白く見える場合、出血や石灰化の恐れがあります。逆に黒く見える場合は、浮腫や死亡などの可能性があります。

 

ヨード造影剤静注によるCT検査

増強CTとも呼ばれる検査方法です。画像にコントラストをつけて、より精度の高い画像診断を行うために、造影剤と呼ばれる液体を点滴や注射で注入します。精度は高いですが、ヨードアレルギー患者や重篤な甲状腺疾患のある患者に対して行うのは禁忌とされています。脳腫瘍、脳梗塞、脳炎、多発性硬化性などの病気を特定にするのに向いています。

 

MRI検査

MRIは磁気を使った検査方法です。X線検査線を使用しないので安全性は高いですが、体内に金属が入っていると検査ができないことがあります。そのため、検査の前には必ず金属探知機でチェックを行います。磁場の強度が0.25テスラ以下のものを常伝導MRI,0.5~3.5テスラのものを超伝導MRIと言います。

 

ガドリニウムの静注によって病変が白く(高信号という)増強されます。CTともと違い骨のアーチファクトがないので、複雑な部分の判定もできます。また、画像の解像度もCTより高く、正確な診断ができます。反面高価であり、緊急時には間に合わないことが多いです。

 

MRA検査

MRIを用いて頭蓋内外の重要な動脈を検査する方法です。脳血管障害のリスクと治療方針を考える腕役立ちます。MRIと同様に、体内に金属が入っていると検査できません。


スポンサードリンク
2016年9月6日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気