スポンサードリンク

片側顔面痙攣の原因はストレス?初期症状と自然治癒の可能性は?


顔面痙攣は中年期以降によく見られる病気の一つです。
40代以降の女性によく見られる病気で、
自分の意志とは無関係に顔が痙攣するというものです。

 

 

それだけでは命に係わることはないですが、
たとえば自動車の運転中に起こると立体視が出来なくなり、
車間距離がわからなくなるため非常に危険です。

スポンサードリンク

症状
顔の片側が自分の意志とは関係なくぴくぴくと痙攣するようになります。
初期の段階では瞼がひきつるような感じがするにとどまりますが、
進行すると症状が目の周り、頬、額、口元、あごと顔面全体に広がっていきます。

 

 

症状が現れるシーンは様々です。
所為の段階では緊張したときなど特定のシーンのみに起こりますが、
進行するにつれて症状が出ている時間が長くなり、
ついには1日中痙攣が続くようになります。
さらに重症になると寝ていても症状が出るようになり、耳鳴りを伴うことがあります。

 

 

人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、
日常生活を侵害してくることもありますので、早めの治療を心がけましょう。

 

 

原因
脳の深部で動脈や腫瘍が神経を圧迫するためであるといわれえいます。
ほとんどの場合は動脈硬化が進み、その動脈が神経を圧迫しています。
また、ストレスや心身の不調が引き金となることもあります。
ベル麻痺の後遺症上であるという説もあります。

 

 

診断
MR脳槽撮影で顔面神経を検査し、何が神経を圧迫しているのかを突き止めます。
症状が一時的なものにとどまっている場合で、
診察時に症状が現れない場合には、
眼をつぶってから一気に開いたり、口を真一文字に引き伸ばしたりして、まぶたの下の痙攣を誘発します。

 

 

治療
痙攣を鎮める薬、たとえばカルバマゼピンなどの内服が有効です。
また、痙攣を抑えるボツリヌス菌毒素を注射するボツリヌス療法も選択肢の一つです。
ボツリヌス菌は大量に口から摂取しない限り危険なものではありませんので心配は不要です。

 

 

ただし、ボツリヌス菌毒素を注射できるのは研修を受けた医師だけなので、
すべての医療機関でこの治療が受けられるわけではありません。
妊娠中などはこの注射が受けられないこともありますので、事前に医師とよく相談しましょう。

 

 

また、薬と使わずに手術を行うこともあります。
顔面神経と圧迫している動脈を離して、間にスポンジを埋め込んで痛みを抑えます。

 

 

薬や手術による治療に合わせて、日常生活を改善します。
ストレスや心身の不調は症状を進行させる恐れがあるので、
健康管理をきちんと行いストレスをため込まないようにします。

 

 

適度な運動やバランスの良い症状は治療に効果的です。


スポンサードリンク
2014年10月13日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気