スポンサードリンク

大人の発達障害の原因は?仕事や子育てに対する周囲の対応、ブログ


最近は大人の発達障害が増えています。
増えているというよりも、かつては認知度が低く見逃されていた発達障害者が、
認知度の向上により増えてきたと感じられるようになったのかもしれません。

スポンサードリンク

発達障害の症状
発達障害はADHD・アスペルガー症候群などに対する総称です。
発達障害は知的障害ではないので、知能は発達障害でない人と同等にあります。
しかし、一部のことが極端に苦手だったり、
周囲の人が当たり前にできているようなことが出来なかったりします。

 

 

たとえば、発達障害の人は一般的に整理整頓が非常に苦手で、
行動に計画性がありません。小さいころから忘れ物が多く、
部屋の中は散らかっていることが多いです。

 

 

また、社会人になってからは「仕事はできるが雑務が出来ない」といわれることが多いです。
ADHDの人は単純な複数のタスクを並行して行う(電話で話しながらメモをとるなど)ことが苦手です。

 

 

また、発達障害の人は対人関係がうまくいかないことが多いです。
言葉のキャッチボールが出来ずに自分だけ話し続けたり、
いわゆる空気の読めない発言をしたり、悪気泣く人を傷つけます。
ADHDの人は人と親しくなりたいのにできない、
アスペルガーの人は人と親しくなる気があまりないのが一般的です。

 

 

発達障害の原因
発達障害の原因はしつけではなく、先天的な脳機能の障害です。
これは治るものではありませんし、避けられるものでもありません。

 

 
しかし、たとえ本人に非がなかったとしても、周りに与える悪影響は少なくありません。

 

人前で言うことははばかられるので皆口にはしませんが、
一般的な社会人のブログなどを見れば、職場の発達障害者に対する不満や愚痴を持っている人が少なからず存在することがわかります。

 

 

では、どうすれば発達障害者も健常者も、
お互いいがみ合うことなく気持ちよく生きていくことが出来るのでしょうか。

 

 

まず、発達障害者やその周りの人は、
自分が特別な人だと思わない方がよいです。

 

 

よく「あの天才音楽家○○は発達障害だった」というフレーズを耳にします。
しかし、その天才音楽家は音楽的な才能がすごかったから有名になれたのであり、
発達障害があったから有名になれたわけではありません。
発達障害は短所ではないかもしれませんが、長所でもありません。
数百年に一度の天才と自分を同一視しない謙虚さが大切です。

 

 

職業は刺激と変化に満ちた、専門性の高いものを選びましょう。
発達障害者は好きなこと・特異なことに対する集中力は高いので、
研究者や税理士、漫画家、デザイナー、プログラマーなどが向いています。

 

 

一方、対人関係が中心の営業・接客、ミスが大事故につながる運転士やパイロット、
柔軟性が求められる窓口業務などは向いていません。

 

 

向いていないことを無理に使用としても本人と周囲が疲れるだけです。
やりたいことではなく、できることを仕事にしましょう。

 

 

また、結婚や子育てなどにも周囲の支援が欠かせません。
特に子育てはちょっと目を離したうちに子供が怪我をすることがあるため、
親や兄弟などのサポートはほぼ必須です。
周りに頼れる人がいない時は、発達障害者支援センターなどでアドバイスを受けましょう。

 

 

発達障害の支援で一番大切なのは、
「自分が発達障害である」
ということを受け入れることです。
自分が他人とは違うことを受け入れるのは苦痛かもしれませんが、
その苦痛は一瞬です。

 

 

かたくなに「自分は発達障害ではない」と否定し続ければ、その苦痛は一生続きます。一瞬の苦痛と一生の苦痛、あなたはどちらがいいですか。


スポンサードリンク
2014年8月23日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気