スポンサードリンク

口唇ヘルペスのおすすめ内服薬(市販薬)は。処方の場合はどうすべきか?


唇に水ぶくれができる病気、それが口唇ヘルペスです。
大人の10人に一人がかかるというポピュラーな病気で、それゆえに対策が必要です。

スポンサードリンク

症状
口唇ヘルペスにかかると、口の周りに違和感を覚えるようになります。
やがてその違和感は消えますが、口周りの皮膚が赤くなり、
口の周りに小さな水ぶくれが現れるようになります。

 

 

その後回復期に入ると、水ぶくれあがかさぶたになり、自然に治ります。

 

 

口唇ヘルペスは日本人の10人に一人が症状を体験したことがあるといわれています。
ただし、感染しても症状が必ず出るとは限りません。
20代~30代で感染している人は約半数が、60代以上ではそのほとんどが感染しているとも言われています。
症状が出ないために、自分は口唇ヘルペスではないのだと思っている人も多いです。

 

 

子供の時に口唇ヘルペスに一度かかると、免疫ができるためその後再度感染しても軽度の症状しか現れません。
しかし、初めての感染が大人になってからだった場合は重症化しやすいので注意が必要です。

 

 

特に最近は衛生環境の改善により子供のうちに口唇ヘルペスにかかる人の割合が少ないので、免疫を持っていな人が増えてきています。

 

 

原因
口唇ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルスです。
感染しても体が健康なときには書状が現れないことも多く、
風邪や不調で免疫力が低下しているときに発症することがあります。

 

ヘルペス関連記事の一覧

ヘルペス性口内炎とは
男女の性器ヘルペスの違い
口唇ヘルペスの時に使いたい薬

 

治療
治療に当たっては抗ウイルス薬を内服・塗布します。
単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、
放置しておくと症状が重症化しやすいので、
感染の傾向があった場合にはすぐに医師(皮膚科医か内科医)に診てもらいましょう。

 

 

再発の予防
再発を防止する一番の策は体力をつけることです。
抵抗力のある丈夫な体を作れば、たとえ感染しても症状は現れないことが多いです。

 

 

また、人との接触にも注意が必要です。
人から人への感染を防ぐため、患部に直接さわらない、食器などは共用しないなどの配慮が必要です。

 

 

口唇ヘルペスとオロナイン
口唇ヘルペスにオロナインが有効だと思っている方は多いと思いますが、
結論から言えば使うべきではありません。

 

 

中にはオロナインで症状がよくなる人もいるかもしれませんが、
大抵の人には効果がないか、もしくは逆に刺激が強すぎて症状が悪化するかどちらかです。
そもそも、口唇ヘルペスが出た際には市販薬で乗り切るべきではありません。
市販薬で何とかしようとしないで、医師の診察を受けて正しい薬を処方してもらいましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す