スポンサードリンク

三叉神経痛の原因は?治療薬で治るのか?痛みがひどいときは外来へ


左右の顔面を支配する神経を三叉神経といいます。
三叉神経痛は三叉神経が障害を起こし、それにより顔面の片側が激しく痛む病気です。
まれに重大な動脈瘤や脳腫瘍が潜んでいることがありますので、
病院できちんと検査を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

症状
三叉神経痛は50歳以上の女性によく見られる病気です。
右あるいは左のどちらか片方が激しく痛む病気です。
冷たい水で顔を洗ったり、冷たい水を飲んだり、化粧や髭剃りをしたり、あるいは話をしたりすると痛みが誘発されます。痛みは数十秒程度で収まりますが、
別のシーンで再び痛みが始まります。

 

 

その症状は齲蝕症(虫歯)と似ていますが、抜歯をしても症状は消えません。

 

 

原因
三叉神経は目の上から前額を支配する第一枝、上顎から口腔内と皮膚を支配する第二枝
下あごから口腔内と皮膚を支配する第三枝の3種類に分かれています。

 

 

痛みが生じるtのは主に第二枝と第三枝の領域です。
血管によって三叉神経が物理的に圧迫されることにより、痛みを感じます。
血管が神経を圧迫する原因は様々ですが、
まれに脳腫瘍や動脈瘤などの重大な病気が潜んでいることがあります。

 

 

治療
患者さんの希望に合わせた治療を行います。
全身症状や年齢、痛みの程度などによって複数の治療方法の中から一つを選択します。

 

 

鎮痛薬では一般的には痛みは治まりません。
抗けいれん剤であるカルバマゼピンで効果が得られます。
カルバマゼピンは転換の治療に使用する薬で、痛みの伝達を鈍くする薬です。
神経ブロック役も効果的です。

 

 

これらの薬は効果が出る場合が多いですが、同時に眠気やふらつきなどの副作用が出ることが多いため、
医師の指導をもとに服用します。

 

 

それでも効果がない場合には、三叉神経に接している血管を移動させて、離して固定する手術が行われることがあります。

 

 

この手術を神経血管減圧術といいます。
この方法は効果が高いことは確かですが、いったん成功して症状が消えても再発することがあるので、慎重な経過観察が必要になります。

 

 

その他、三叉神経に針を刺して高周波電流を流す方法、針の代わりに神経破壊薬を注射して痛みを感じなくする方法などがあります。
どちらも一時的に痛みは軽くなりますが、痛みの代わりにピリピリとしたしびれが残ることもあります。
また、1年から2年程度で再発するケースも少なくないので、根本的な治療といえるかどうかは疑問です。

 

 

その他、少し特殊な治療方法として、脳の深部の一点に放射線を当てて治療する方法もあります。
この方法をガンマナイフといいます。

 

 

一般的に痛みは完全になるなることが多いのですが、
治療後に薬の服用が必要となることもあります。


スポンサードリンク
2014年10月12日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気