スポンサードリンク

ドライアイの症状の原因は。めまいやかゆみにどう対処すべきか


涙が少なく目が乾いている状態を、ドライアイといいます。
現代のオフィスで働く人間の30%がかかっている、
とてもポピュラーな病気です。

スポンサードリンク

人間の目には水分(涙)が豊富に含まれていますが、
これが何らかの原因により減ってしまい、
目が乾いた状態になってしまうのをドライアイといいます。

 

 

涙はゴミが入るのを防ぐ、
目の表面を洗浄するなどの大事な役割を担っており、
涙が少なくなるといろいろな弊害が現れるようになります。

 

 

原因
かつてはドライアイの原因といえばビタミンA欠乏症が大半だったのですが、
栄養状態が格段に良くなった現代の日本ではまず見られなくなりました。

 

 

その代わりに近年は、瞬きの少ない状態でコンピューターのモニター画面を見続けることが原因でドライアイになる人が増えています。
瞬きは涙を目の表面に供給する大事な作業であり、
これが少なくなることによってドライアイが進行していきます。

 

 

そのほか加齢夜更かし室内の乾燥コンタクトレンズの使用がドライアイの原因となることがあります。

 

 

症状
ドライアイになると目が乾き、疲れやすくなります。また、目を酷使することによって物が見えづらくなったり、目の不快感やめまい、かゆみを感じたりすることがあります。

 

 

予防・治療
コンピューターを使った作業を行うときには、必ず休憩をとりながら行ってください。
そちらの方が作業効率が良くなります。

 

 

また、コンピューターのモニターは必ず目の位置よりも低い場所に置くようにしましょう。
目にかかる負担が少なくなります。

 

 

その他、テレビゲームやテレビなど、目に負担のかかる行為はできるだけ避けるか、
もしくは適度に休憩をとって行うようにしましょう。

 

 

また、ストレスも目に悪影響を与えます。できる範囲でストレスを減らして下さい。めまいがある場合には、しばらく安静にしましょう。

 

 

また、加湿器などを置いて部屋が乾かないようにするのも良いでしょう。
コンタクトレンズをつける場合は含水率が低いものを選ぶようにしてください。

 

 

含水率が高いものは水分の蒸発量が多く、
涙がレンズに吸い取られていってしまいます。
また、素材は酸素を通しやすいシリコーンハイドロゲルのモノを使うといいでしょう。

 

 

めがねを使っている場合には、ドライアイ保護用のめがねをかけるのもおすすめです。
ドライアイ保護用メガネの内側にはスポンジが付いており、そこの水分で目を保護します。

 

 

ドライアイと目薬
ドライアイの治療によく目薬が使われますが、その目的は主に目に水分を供給し、傷ついた角膜をいやすというものです。

 

 

防腐剤の入っている目薬は、場合によっては角膜に障害が起こることがありますので、
ドライアイの方は防腐剤の入っていないものを使用するようにしましょう。
防腐剤が入っていない分使用期限は短いので、早めに使い切ってください。

 

 

ドライアイ研究会がドライアイに関する研究活動を行っています。
同会は「新ドライアイの定義と診断基準」を設定するなどの活動を行っています。

 

 

心構え
ドライアイは基本的な生活習慣を見直すことによって改善できる病気です。
目に負担のかからない生活を心がけて、未然にドライアイを防いでください。


スポンサードリンク

コメントを残す