スポンサードリンク

ストレス性難聴・突発性難聴・感音性難聴とは?症状・原因・治療法を徹底解説


佐村河内氏の事件で注目されるようになった難聴という病気。
実は難聴にもたくさんの種類があり、その種類によって症状も治療法も全く異なります。

 

 

それぞれの違いを理解して、最適な治療法を見つけましょう。

スポンサードリンク


ストレス性難聴
ストレスが原因で発生する難聴に対する総称です。
ストレス性難聴という病気は存在しません。
低音障害型突発難聴、 メニエル病などはストレスが原因で引き起こされると考えられています。

 

 

治療に当たっては原因となっているストレスを取り除く必要があります。

 

 

突発性難聴
難聴の中でも代表格といえる病気です。
何の前触れもなく突然耳が聞こえづらくなります。
耳が詰まった感じ、耳鳴り、ふらつきなどの症状を併発することがあります。

 

 

年齢的には40代~50台にかけてよく見られますが、
高齢者にも少なくありません。

 

 

原因はストレス、疲労、ウイルス感染などといわれていますが、詳しくは不明です。
治療に当たってはステロイド剤、循環改善薬、代謝賦活薬などを投与します。
発生から2週間以上たっている場合は改善が難しくなるので、早めの治療が大切となります。

 

 

感音性難聴
内耳~聴神経における故障が原因で起こる難聴です。
通常の難聴のイメージとは違い、音は聞こえるものの何を言っているのかわからないということがしばしばあります。
補聴器をつけて音が聞こえるようにしても何を言っているかはわかりません。
現時点で治療法は確立されていません。

 

 

薬剤性難聴
薬剤を服用することによっておこる難聴です。
内耳の障害が原因で、耳鳴りを併発することがあります。
前庭と三半規管に障害があるときは、吐き気や頭痛などが起こります。
両側が障害された場合には歩行障害が発生します。

 

 

難聴を起こす薬剤には抗菌薬、利尿剤、抗がん剤などがあります。
治療に当たっては原因となっている薬剤の投与を中止します。
薬剤の投与を続けたまま治療を行っても改善しないケースがほとんどです。

 

 

騒音性難聴
騒音に長時間さらされることによっておこる難聴です。
初期には4000Hz前後の高温が聞き取りにくくなりますが、次第に低い音も聞こえづらくなります。
最近は大音量で長時間、ヘッドホンをつけて音楽を聴いたことが原因で起こるヘッドホン難聴が起こりやすくなっています。

 

 

通常、このタイプの難聴は治療が難しいです。
ヘッドホンを長時間つけない、騒音の出る場所で作業をする際には耳栓をするなどして、
感覚細胞を守る必要があります。

心因性難聴
難聴を起こす障害がないのにもかかわらずあらわれる難聴です。
思春期の女子によくみられる症状で、ヒステリー難聴とも呼ばれます。
子供に対する親の過干渉や溺愛、ストレスが原因といわれています。
治療は行わず、経過観察をするのが一般的です。


スポンサードリンク
2014年10月15日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気