スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の初期症状は物忘れなど。沢田亜矢子にも兆候が


これまでに学習によって得てきた様々な知識が、後天的な脳の障害によって失われていく病気を認知症といいます。沢田亜矢子さんもかかったアルツハイマーとは、いったいどんな病気なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

そもそも認知症は、一般でいう「ぼけ」とは根本的に異なるものです。
ぼけはある程度加齢が進めば誰の身にも起こる生理的な老化現象です。

 

 

一方、認知症は日本の65歳以上の高齢者の約7%に発症する病気です。
認知症には主にアルツハイマー病脳血管性認知症の2種類があります。
ここではアルツハイマー病について説明していきます。

症状
アルツハイマーは狭義のアルツハイマー(65歳未満の若年性)とアルツハイマー型老年痴呆(65歳以上)に分類できますが、本質的には同じものです。

 

 

アルツハイマーはある日突然一気に症状が進むことはなく、
むしろ日常生活をむしばむように徐々に進行していきます。

 

 

特に若年性の場合はその進行が早く、より早期発見が重要となります。
通常の場合、進行度を3期に分けて考えます。

 

 

第1期、つまり初期の症状では大脳皮質の機能が低下し、
最近起きたことをすぐに忘れるようになります。
その一方でこの時点では過去の記憶は比較的はっきりしています。

 

 

また、精神的には落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなったりして、見当識も少しずつ失われていきます。
しかし、この時点では日常生活を送ることが出来る場合が多いです。

 

 

第2期では大脳皮質の委縮が進み、記憶力がさらに低下します。
以前学習した言葉も忘れるようになり、理解力もなくなっていくため会話が成り立たなくなります。

空間を認知する能力も失われるため、外にいて家に帰れなくなる、
服を着ることが出来なくなるなどの症状が現れます。

 

 

精神的には周囲に対して特に無関心になり、何かをしようという意欲が低下します。
症状が進むと深夜徘徊などの症状が現れます。

 

 

第3期になるとさらに脳機能が障害され、人間的な生活を送ることが出来なくなります。
尿便を失禁するようになり、寝たきりの生活を送るようになります。

 

 

原因
老人斑に付着しているアミロイドの主成分である、
βたんぱくの代謝異常が大脳の変性を進める、という説がありますが、
これが正しいと証明されたわけではありません。
また、そのほかにも様々な学説がありますが、どれもはっきりとはしていません。

 

 

主なアルツハイマーの因子としては
1高齢者である
2家族にアルツハイマーの人間がいる
3過去に頭部外傷がある
4血清にアポリポたんぱくE4を持っていること

 

等が挙げられます。
アポリポたんぱくとは血中でコレステロールを運ぶ成分で、
アポリポたんぱくEはその一種です。

 

 

アポリポたんぱくにはE2、E3、E4の三種類があり、
すべての人間はこのアポリポたんぱくをペアで持っています(E3-E3、E2-E4など)。

 

 

このうち、片方がE4の場合は危険性が2倍から4倍、
両方がE4の場合には危険性が5倍から15倍にまで上昇するといわれています。

 

 

検査
脳波、CT、MRI、SPECT検査などによって診断します。

治療

 

根本的な治療方法はありませんが、早期発見・早期治療を行うことにより、
その進行を大幅に遅らせることが可能になります。

 

 

アルツハイマー病では脳内のアセチルコリンという化学物質が減少します。
アルツハイマーの治療ではこのアセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼという物質を阻害する薬を使います。
この薬を「ドネペジル」といいます。

 

 

支援など
厚生労働省や各都道府県などは、アルツハイマーを含めた認知用患者に対して様々な支援を行っています。
市町村の地域包括支援センター、市町村高齢者福祉担当窓口、市町村保健センター、医療機関などは随時相談を受け付けています。

 

 

また、厚生労働省が「認知症予防・支援マニュアル(PDF)」を作成しています。
その他、日本認知症学会なども支援マニュアルの提供などを行っています。

 

 

心構え
アルツハイマー患者の介護をするうえでの心構えは、一人で何とかしようとしないことです。
介護は一人で何とかしようとしても無理です。その前に過労で倒れます。

頼れるものはすべて利用してやるぐらいの気持ちで臨みましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す