スポンサードリンク

くも膜下出血の前兆は頭痛など。水頭症との関係と看護方法


脳の動脈は、太い内頚動脈と脳底動脈が頭蓋内に入って輪を築いています。このわっかから前大脳動脈、中大脳動脈、後大脳動脈が分岐しています。

 

 

太い動脈の部分にはこぶができやすい作りをしています。
動脈の瘤は動脈瘤と呼ばれます。動脈瘤があっても特に症状などは出ないのですが、
動脈が血圧上昇などで敗れることがあり、これをくも膜下出血といいます。

スポンサードリンク

動脈瘤は先天性のものもありますが、動脈硬化が原因でできることもあります。
50代以下の場合は先天性の動脈瘤によるくも膜下出血を起こしやすく、
60代に突入すると動脈硬化が原因のくも膜下出血が起こりやすくなります。

 

 

症状
くも膜下出血の主な症状は頭痛です。
頭痛は今までに体験したことがないくらい強烈で、
いったん始まると自然に消えることはありません。
休憩をとっても症状は悪化し、直ちに意識障害が起こるのが普通です。

 

 

症状が重い場合にはさらに呼吸困難が起こり、首はかたくなり、
眼底を除くと網膜の前に出血が確認できます。

 

 

ただし、出血量が少ない場合は頭痛、嘔吐などの比較的軽い症状にとどまることもあります。

 

 

また、くも膜下出血が起きると、その後水頭症と呼ばれる髄液が脳内に過剰にたまる病気を発症しやすくなります。

 

 

診断
CT検査を行います。正常な人の脳と骨の間には髄液と呼ばれる液体が詰まっているため、
CTを取ると黒く見えます。

 

 

くも膜下出血ではその部分に出血があるため、CTを取ると白く見えます。
また、脳髄検査を行うと髄液が血性になります。

 

 

治療方法
軽症の場合は早期治療によって社会復帰することが出来ます。
気が付いたらすぐに救急車を呼び(本人に意識障害がある場合は周囲の人が呼びましょう)、
病院で治療を受ける必要があります。

 

 

治療は手術を行います。手術方法には解凍して動脈瘤をクリップで摘まむ方法と、
コイルを動脈瘤に入れる方法があります。どちらも一長一短です。

 

 

破裂した動脈瘤を放置したままにしてくと、1か月後の死亡率は50%に達します。
くも膜下出血は脳卒中の中でも特に危険なものですが、
必ずしも手術をするわけではありません。

 

 

特に高齢者の方にとって手術はかなり体に負担がかかります。
脳ドックで動脈瘤が見つかったとしても、その動脈瘤が今後1年間に破裂する可能性は1%に過ぎません。

 

 

動脈瘤を抱えたまま一生を過ごし、くも膜下出血を起こさずに別の原因でなくなる方も少なくありません。年齢によっては手術を見合わせたほうが良い場合もあります。


スポンサードリンク
2014年9月24日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気