スポンサードリンク

あごやデコルテのにきびはつぶすとどうなる?正しい治し方は


思春期に良く見られるにきび。若さの象徴でもあり、
命にかかわるようなものでもないので放置していてもそれほど問題はないのですが、
見た目があまりよろしくないため悩む人も少なくないようです。

 

 

ニキビの正しい対処法を学び、正しい予防法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

症状
毛口の角質が厚くなり、毛包に角質と皮脂が詰まって皮膚が膨れ、黒い点が出来ます。
これを押し出すと中から黄白色の脂肪の柱が出てきます。

 

 

やがてその部分を中心に皮膚が膨れて、赤みを帯びつつ巨大化します。
だんだん赤みが強くなり、痛みも加わってきます。
これが破られると後に広がった毛口を残します。

 

 

ニキビは体中、色々なところにできます。
特にニキビができやすいのがデコルテ部分とです。
どちらも比較的人目につきやすい部分であり、悩まされる人も少なくありません。

 

 

男性の方が重症化しやすいですが、
女性の場合は月経前に悪化しやすいので注意が必要です。

 

 

思春期の男女に良く見られ、年を取るとともに症状は軽減していくのですが、
最近では30歳を過ぎても続く人が増えてきています。
化粧品やファンデーションなどを使う人が増えたためです。

 

 

原因
詳しい原因は分かっていませんが、男性ホルモンが女性ホルモンに対して多すぎるためではないかといわれています。

 

 

胃腸障害や貧血、甲状腺機能障害などはニキビを悪化させる因子といわれています。
遺伝的な関係があることも指摘されており、一家族の中で多発することもあります。

 

 

治療
毛穴のつまりにはアダパレンという塗り薬を使います。

 

 

にきび跡の除去にはレーザー治療が効果的です。

 

 

ただし、出来たものを治療しても、またすぐに新しいものが出来ていくので、
いたちごっこになりがちです。
見た目が気にならないという場合は放置しても自然と治っていくことが多いですし、
あまり気を使いすぎるのも考え物です。

 

 

予防
にきびになりやすい場所(あご、デコルテ)などは常に清潔にしておきましょう。
ただし、あまりごしごしこすり過ぎると皮膚が炎症を越しますので、ほどほどにしましょう。
また、クリーム洗顔や油性クリームは刺激が強いので避けましょう。

 

 

食事にも注意しましょう。チョコレートやクルミなど脂肪分が多い食事は避け、
昇華のいいものを摂るようにしましょう。
水分をこまめに摂取し、便通を良くすることも大事です。

 

 

また、にきびをつぶすのは後が残ってしまうのでなるべくやめましょう。
潰していいにきびも中にはありますが、その場合も事前に医師と相談しておくことをお勧めします。


スポンサードリンク
2014年10月1日 コメントは受け付けていません。 頭部の病気