スポンサードリンク

足の裏の黒い痛い魚の目の取り方とは?小指の芯が深い場合


魚の目はその名の通り魚の目のような角質の塊が足の裏や指にできる病気です。
それ自体は悪性のものではないのですが、
痛みで日常生活に支障が出る場合は適切な治療が必要になります。

スポンサードリンク

魚の目はその正式名称を「鶏眼」といいます。
男女問わずできる魚の目ですが、最近はハイヒールやサンダルなど足に負荷がかかる靴を履くことが多い女性に多く見られます。

 

 

黒いぽつぽつが出来たりして不気味な魚の目ですが、
魚の目自体は角質が固くなっただけのものなので、
痛みがない場合は放置しても構いません。
しかし、痛みがある場合には、皮膚科や自己治療などで取り除いたほうがいいでしょう。

 

 

魚の目の治療法
皮膚科で治療を受けるのが最も確実です。
多少の時間とお金はかかりますが、
他のどんな方法よりも確実です。

 

 

魚の目の治療方法は医院や魚の目の深さによって異なります。
一番メジャーなのはスピール膏というシールを張って、
角質を柔らかくしてから削るというやり方です。

 

 

根が深い場合はレーザーで治療したり、もっと深い場合には手術することもあります。
小指の場合は小さいのでレーザー治療が行われることは少ないようです。

 

 

どんな治療方法でも、皮膚科で直したのならばほぼ安心です。
再発することはまずないですし、副作用もほとんどありません。

 

 

一方、自己治療する場合には少し工夫が必要にあります。
まず、自己治療は必ず事故の責任の元に行うようにしましょう。
少しでも不安がある場合は自分で何とかしようとせず、
皮膚科で直してもらいましょう。

 

 

また、足の裏にできる痛くて芯のあるものが、
必ずしも魚の目であるとは限りません。
悪性腫瘍を魚の目と勘違いしてしまっては大変です。
自己治療で良くならない時は、直ちに皮膚科で検査を受けましょう。

 

 

それを理解したうえで自己治療の方法ですが、
薬局に行くと魚の目用の薬が販売されています。
それを使うのが最も一般的なやり方です。

 

 

軟膏を塗り込み幹部を柔らかくして、角質を削ります。
怪我をしないように細心の注意を払ってください。
芯まで取り除かないと再発する可能性が大きいので、
表面だけを削って満足しないでください。

 

 

魚の目の予防
魚の目は繰り返し圧力がかかる部分にできます。
魚の目を予防するには、足にかかる圧力を分散することが大切です。
中敷きを敷くと足の裏に余計な圧力がかからなくなり、魚の目予防になります。
靴選びもハイヒールや底の厚いサンダルは避けて、
歩きやすい靴を選ぶようにしましょう。

 

 

立ち仕事を長時間する場合は、
片方の足だけに負担がかからないように注意しましょう。
足をマッサージするのもよいです。

 

 

魚の目は重大な病気ではありませんが、
日常生活に支障が出た場合は、速やかに治療を開始しましょう。


スポンサードリンク
2014年8月31日 コメントは受け付けていません。 足の病気