スポンサードリンク

aedの使い方とは?ペースメーカーと幼児の場合を無料イラストで解説


最近は駅などの公共施設でも見かけることが多くなったAED
しかし、その使い方まできちんと把握している方は決して多いとは言えません。
使い方を知るのに一番良い方法はもちろん講習などで実際に使ってみることですが、
そんなものに参加している時間などないという方も多いでしょう。

 

 

今回はAED講習に参加したことがない方を対象にした、
最低限の知識が付くAEDの使い方説明会を開催したいと思います。

スポンサードリンク

まずはAEDとはそもそも何かについて説明します。
AEDとは心室細動(心臓が細かく痙攣する不整脈)に対応し、
正常な鼓動を取り戻すための電気ショック装置です。

 

 

音声メッセージとランプにより解説してくれるので、
医療知識がない一般人でも使えるというのが触れ込みですが、
実際問題何の知識もないままAEDを使うのは容易なことではありません。

 

 

いきなり人が倒れたりしたらパニックにもなってしまいますし、
そんな精神状態で必ずしも適切な治療が行えるとは言えません。
AEDによる治療の成功率を上げたいのならば、やはり事前に知識を仕入れておくことが大切です。

 

AEDの使い方

まずは患者の反応を確かめましょう。意識がなく、正常な呼吸がない時はAEDの出番です。
まずは電源を入れ、上半身の衣服を脱がせて電極パッドを胸に直接貼り付けます。
電極パッドは右胸の上側と左胸の下側に対角線上に張ります。
詳しくは本体にかかれているイラストを参考にしてください。

shinpai AED aedの使い方とは?ペースメーカーと幼児の場合を無料イラストで解説

 

子供の場合は小児用パッドを使いますが、小児用がない場合は成人用で代用が出来ます。
パッドを張る際には金属類のアクサセリーを外してください。外せない場合はパッドを少し金属から離して張りましょう。

 

 

また、胸部に硬い物(たぶんペースメーカー)がある場合は、そこから3cm以上離しましょう。

 

 

ここまで終われば後は自動で心電図解析が始まります(手動の場合もあります)。
電気ショックが必要な場合は心肺蘇生を再開し、効果が見られない時は再び心電図解析を行います。傷病者が動くか、救急車が来るまでこれを続けます。

 

 

電気ショックが必要ないと出た場合は心肺蘇生を行います。
この場合も電極パッドは離さず、そのままにしておきましょう。
AEDが再び心電図解析を行い、今度は電気ショックが必要になることがあるからです。

 

 

これだけ知識をつけておけば、いざというときもAEDを上手に扱うことが出来ます。
もちろん、AEDを使ったからと言って100%蘇生するわけではありませんが、
やらないよりはやった方が良いので、近くで人が倒れたら手を貸してあげましょう。


スポンサードリンク
2014年7月24日 コメントは受け付けていません。 予防 訓練