スポンサードリンク

高齢者や子供が薬を飲まない時の飲ませ方と対策、シロップの利用が効果的


子供高齢者などは薬の効き方が普通の大人とは違うことがあるので、
薬の服用には特に注意が必要です。

スポンサードリンク

子供と薬
子供は臓器が未成熟であり、薬の代謝や排せつが十分に行われないことから、
薬が体内に残りやすく、副作用が出やすいといわれています。
また、アレルギー反応も出やすいため、注意が必要です。

 

 

医師は子供の体重、体格、年齢などから薬の量を適切に調整しますので、
処方されたとおりに飲ませる必要があります。

 

 

大人用の薬を半分に割って飲ませるなどはしてはいけません。
大人と子供では薬の効き方も違います。

 

 

また、子供は副作用が出てもその症状をうまく伝えられないことがあります。
子供に薬を飲ませた後は、子供の様子に十分に気を遣うようにしましょう。

 

 

薬を飲ませた後、子供の様子がおかしい時は、
なるべく早く医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

子供は口やのどが未発達なので、錠剤や粉薬を飲むことが苦手です。
子供に薬を飲ませる場合は、水やシロップと混ぜてから飲ませると効果的です。
その場合はなるべく混ぜた直後に飲ませるようにしましょう。

 

 
時間がたつと味が変質して飲みづらくなったり、
薬の効き目が落ちることがあります。

 

 

母乳に混ぜると、母乳やミルクが嫌いになってしまうことがあるので避けたほうがいいでしょう。
最近は薬用のゼリーなども発売されているので、
子供がうまく薬を飲めないという際には使ってみるとよいでしょう。

 

 

高齢者と薬
高齢者はその人によって健康状態に個人差があります。
健康な高齢者は若い人と同じように薬を飲んでも問題ないことが多いのですが、
体の色々な機能が衰えて弱っている高齢者は、
薬の効き目が強く出すぎることがあるので注意が必要です。

 

 

慢性病がある場合は薬が体内に蓄積しやすくなるため、副作用が出ることがあります。
医師が必要と認めた場合には、薬剤師が自宅に訪問して薬を届けたり、
相談に乗ったりすることがあります。

 

 

妊婦と薬
妊娠中に薬を服用した場合、
薬が胎児に影響を与えることがあります。
場合によっては先天異常児が生まれる可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

特に妊娠初期は薬の影響が大きく、
胎児に様々な障害が出る可能性がありますので、
薬の服用は必ず医師と相談したうえで行いましょう。

 

 

また、授乳中の母親が薬を飲むと、その薬の成分が母乳に溶け出し、
子供に影響を与えることがあります。薬を使う前には、必ず医師に相談しましょう。

 

 

薬と血中濃度
薬の効果の目安となるのが血中濃度です。
血中濃度が一定以上に保たれている間は効果が持続し、
その後血中濃度が下がると効果が消えていきます。

 

 

指示された処方時間と容量を守ることにより、
効果を持続させることができます。


スポンサードリンク

コメントを残す