スポンサードリンク

薬の飲み忘れを防ぐ4つの方法


今回の記事では、薬の飲み忘れを効率的に防ぐ4つの方法をお話します。

スポンサードリンク

目立つ場所に薬を置いておく

薬を目立つ場所においておくと、すぐに飲み忘れに気づくことが出来ます。家の中でも滅多に立ち寄らない場所に薬を置きっぱなしにしてしまうと、飲み忘れたことにすら気づくことが出来ません。薬はなるべく自宅の中でも特に過ごす時間が長い場所に置きましょう。

お薬カレンダーを活用する

お薬カレンダーとは、月曜から日曜までに使う薬を「朝」「昼」「夜」「就寝前」の4つに分けて入れられる袋がついたカレンダーです。時々このカレンダーを見直すようにすれば、いつどれくらい飲み忘れているのかに気づけます。

服用時間にアラームや目覚まし時計などをならす

服用時間が決まっている薬を使っている場合は、その時間にスマートフォンのアラームなどを鳴らすと飲み忘れを防げます。もしアラームが鳴ったにも関わらず、何故なったのかが思い出せないという場合は、非常に危険なので一刻も早く石に相談しましょう。

服薬した事実を記録しておく

薬を服薬したことをスマートフォンのメモ帳や大学ノートなどに記録するというのも、飲み忘れ予防の効率的なやり方の一つです。

飲み忘れた場合の適切な対処法

薬の飲み忘れに気づいた場合、すぐに服用し、次回以降の服用をずらします。2回分を1度に服用するのは大変危険なので、絶対にしてはいけません。食後に飲むべき薬を食後に飲み忘れてしまった場合は、何か軽いものを食べてから服用するか、多めの水で服用します。

特に重大な病気を治療している場合は、自己判断せず医師に相談します。


スポンサードリンク
2017年11月18日 コメントは受け付けていません。 薬について