スポンサードリンク

薬の作用と横領、使い方


医療行為に用いられるは、大きく2種類に分類することができます。

 

1つ目は病気の原因に対して働くというものです。病気の原因そのものに働きかけることにより、病気を治療します。もう1つは病気による痛みを軽くしたり、症状を抑えたりする事によって、自然治癒を促進するものです。

スポンサードリンク

薬が人体に及ぼす影響と作用

薬は生態に何らかの作用を与えます。この作用の中には人間にとって都合のいいものもあれば、都合の悪いものもあります。都合の悪い反応は総じて副作用と呼ばれます。慢性の病気の場合は継続して薬を服用しなければならないのですが、腎臓や肝臓の働きが悪いと副作用が強く現れたり、中止した時に離脱症状が出たりすることもあります。

 

薬の中には、習慣性ができるものもあります。使っているうちに効き目が薄くなり、量を増やさなければ以前と同じ効果が得られず、急にやめると不眠症や精神症状が起こることもあります。

 

習慣性がある薬の代表例がコカインやモルヒネなどの麻薬です。こうした薬はその使い方を心得ている医師以外は使ってはいけないとされています。その他、覚醒剤や大麻などにも習慣性があり、社会的な問題となっています。

 

また、薬の量によって生体に及ぼす作用は違います。少量を投与した時はほとんど何も起こらず、それよりも多い量を投与した時は狙った通りの効果が出て、更に多い量を投与すると有害に働くケースが殆んどです。

 

中毒などの都合の悪い反応が起こりやすい薬は劇薬と呼ばれ、医師以外は処方できないようになっています。もちろん、普通に薬局などで販売されている薬の中にも、投与し過ぎると危険なものがあります。薬は必ず用法用量を守って使わなければなりません。

 

また、薬同志が互いに影響を与え合うこともあります。このような反応を薬物相互作用といいます。複数の薬を一緒に飲むことによって副作用が起こったり、効果がなくなったり、あるいは効果が高まったりします。医師や薬剤師はこうした反応をおおまかに理解しており、複数の薬を処方する際は一緒に飲んでも危険のない薬同士を処方してくれます。

 

また、薬としての効果は殆ど無いものでも、それを薬だと信じ続けることにより効果が得られることもあります。このような効果を「プラセボ効果」と言います。このような効果は一時的には有益かもしれませんが、長期的に見ればあまり意味の有ることではありません。


スポンサードリンク