スポンサードリンク

若年性脳梗塞は20代でも発病可能性あり!どうすれば防げる?


「脳梗塞は高齢者の病気である」というイメージをお持ちの方は少なくないかと思いますが、最近は生活習慣の変化によって、相対的に若いうちから脳梗塞に掛かる人が増えてきています。脳梗塞はもはや高齢者特有の病気ではなく、全世代に共通の病気と考えたほうがいいでしょう。今回の記事では若年性脳梗塞の症状、予防法などを解説いたします。

スポンサードリンク

若年性脳梗塞は特殊な原因が多い

従来の脳梗塞は肥満、高血圧などによって動脈硬化が進んだ結果発症するものですが、若年性脳梗塞は動脈硬化以外の様々な事象が原因となりえます。特に多いのが抗リン脂質抗体症候群や奇異性脳塞栓症、もやもや病などです。これらの病気はいずれも血栓のもととなる血液の塊が出やすいという特徴があり、それを防ぐことが最大の予防です。

若年性脳梗塞を防ぐ方法は?

血液の塊の生成を防ぐ方法はいくつかありますが、大切なのはやはり食生活の改善です。中性脂肪やコレステロールは血液を固まらせる原因となるので、肉の脂肪分は余り取らないようにしましょう。一方、納豆や青魚などは血栓を出来にくくする効果があります。

また、運動不足は血流を悪化させ、血液を固まらせます。特に下半身が衰えると血流が悪くなりやすいので、ウォーキングや軽めのジョギングなどで体を動かしましょう。激しすぎる運動は逆効果なので、医師の指導のもとに運動を行いましょう。


スポンサードリンク