スポンサードリンク

生理的な老化現象とは?身体機能はどうなる?


高齢者になると次第に体の各部分の機能が低下してきます。
以前はこうした現象はすべての人間に対して怒るものだと考えられてきましたが、こうした生理的な廊下にはかなりの個人差があることがわかってきています。

 
老化現象自体は誰にでも起こるものといって差し支えありませんが、その表れ方や度合いはバラバラです。70歳で認知症になってしまう人もいれば、80歳を超えても自立した生活を送れる人もいるのはそのためです。

 

 

たとえば、認知能力。老化は精神認知機能にも及びます。
最も顕著なのは記憶力の減退です。そして、言語や推理、洞察などの機能も次第に衰えてきます。衰えが来ること自体は仕方のないことであり、一見避けられないことのようにも見えますが、実はこの認知機能の廊下も、加齢以外の影響に大きく左右られます。

 

 

それは栄養や教育の因子。特に教育の影響は大きく、教育レベルが同程度の集団で限って言えば、認知能力テストの結果は加齢の影響を受けないということがわかっています。

 

 

逆に、同じ年齢の場合は教育歴が高い人の方が高い点数を獲得します。
しかし、幼少期に受けた教育レベルが低かったからといってあきらめる必要はありません。認知能力は大人になってから、あるいは高齢者になってからも鍛えることができるためです。

 

 

また、心臓や肝臓などの臓器も加齢の影響を受けます。
人間のほとんどの臓器は年を取るにしたがって小さく収縮していきます。
しかし、唯一心臓だけは年をとっても収縮せず、逆に肥大化します。
なぜならば、年を取ると血圧が高くなり、それにこうして全身に血液を送る必要があるためです。

 

 

心臓が1分間に排出する血液の量を心拍出量と呼びます。
以前は心拍出量は加齢とともに直線的に低下するものであると考えられていました。

 

 

しかし今では、日常生活を活動的に行っている高齢者は、そうでない高齢者と比べて心拍出量の低下が少ないことが明らかになってきています。

 

 

骨も加齢とともに弱くなります。骨を構成するカルシウムなどの成分の密度が少なくなり、スカスカになるためです。特に女性は骨密度が小さくなりやすいです。
骨密度の低下は時には寝たきりの原因となってしまうこともあります。

 

 

骨密度の低下自体は誰にでも起こり得るものですが、ある程度予防は可能です。
喫煙、飲酒、カルシウム不足などの因子は、加齢以上に骨密度を減少させます。逆に考えれば、こうした因子を取り除き、健康的な生活を送っていれば、加齢以外の影響を受けないため骨密度の減少スピードは緩やかなものになります。

 

 

これらのことからもわかるように、老化が進むこと自体は不可避ですが、廊下のスピードを遅らせることは可能です。健康的な生活を心がけて、健康寿命を延ばしてください。


スポンサードリンク