スポンサードリンク

有料老人ホームには3つの種類がある!違いは?


少子高齢化の進展に伴って、急速に数を増やしている有料老人ホームですが、実は有料老人ホームには

  • 介護付有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

があることをご存知でしたか?この3つはそれぞれ対象とする入居者や施設数などが異なるため、きちんと区別する必要があります。今回はそれぞれの有料老人ホームの特徴を開設していきたいと思います。

スポンサードリンク

介護付有料老人ホームは介護が必要な人のための施設

  • 入居対象者:自立~要介護
  • 入居期間:原則として終身(亡くなるまで)
  • 入居一時金:0円~1億円クラスまで様々
  • 月額利用料:10~40万円程度

介護付有料老人ホームは、食事、掃除、選択、入浴、排泄等の日常生活に関する介護サービスが提供される施設です。基本的には介護が必要な人のための施設ですが、健康な人が入居できるものもあります。その他、身元引受人や感染症の有無などが入居基準の対象となることもあります。

介護付有料老人ホームのメリットは、介護スタッフが常駐することです。施設によっては看護師が24時間いるようなところもあり、万が一の際にも素早いケアが受けられます。胃ろうやストマ、気管切開などをしている人でも入居できる施設もあります。

レクリエーションやイベント、小旅行などもあり、施設のレベルも高いところが多く、総じて快適な生活が期待できます。反面、月額利用料は他の高齢者向け施設と呼ばれると高めです。

住宅型有料老人ホームは比較的元気な高齢者のための施設

  • 入居対象者:自立~要介護(軽度)
  • 入居期間:原則として終身(亡くなるまで)
  • 入居一時金:0円~数千万円クラスまで様々
  • 月額利用料:10~30万円程度

住宅型有料老人ホームは、比較的介護度が低い元気な高齢者向けの施設です。介護スタッフが常駐していない施設もありますが、外部のサービスを使えます。福祉器具のレンタルもできます。

レクリエーションなどは介護付有料老人ホームよりも充実しているところが多く、自立度が高い人向けのものから医療が充実しているところまで選択肢が広いのもポイントです。月額利用料も介護型有料老人ホームと比べると安めです。

デメリットは、要介護度が高くなると退去しなければならない施設が多いことです。

健康型有料老人ホームは自立した高齢者のための施設

  • 入居対象者:自立
  • 入居期間:一定期間
  • 入居一時金:0円~数千万円クラスまで様々
  • 月額利用料:10~40万円程度

健康型有料老人ホームは、要支援や要介護でない、自立した高齢者のための施設です。老人ホームというよりは高齢者のための集合住宅に近いといえるでしょう。食事などのサービスはありますが、基本的には独立した生活を送れます。レクリエーションや旅行なども充実しており、アクティブな老後を楽しめます。

デメリットは退去の条件が厳しいことと、施設数が極端に少ないことです。現状、日本には16箇所しかないため、入居は非常に困難と言えるでしょう。


スポンサードリンク