スポンサードリンク

家族介護の準備


家族で介護が必要となる療養者は、多くの場合医療機関から退院してきます。いきなり介護が必要になるということはまずありません。そのため、家庭内での介護を考えるにあたっては、入院中に十分な準備をしておく必要があります。ここでは療養者が入院中にしておくべきことについて解説したいと思います。

 

 

まずは介護保険や障害者認定の申請を行いましょう。在宅で介護を受けるためには、介護保険を申請する必要があります。介護保険とは平成12年から始まった市区町村が運営する保険制度の一種です。40歳以上の人は被保険者として介護保険に入り、65歳以上の場合は要介護認定を受けることによってサービスを受けられます(場合によっては64歳以下でもサービスを受けられます)。

 

 

要介護認定を受けるには、市区町村の役所の窓口、介護支援事業所などに相談を行う必要があります。申請すると調査員が療養者の元に審査にきます。その審査で要介護や要支援のレベルが決まり、サービスの給付額が決まります。

 

 

もっとも軽度なのが要支援1、次が要支援2、以下要介護1、要介護2……要介護5と続きます。障碍者認定は本人や家族が役所に申請するものです。障害者手帳が給付されると、その程度に応じて様々な制度を利用できるようになります。障害者手帳は申請から発効までに約1か月ほどかかるため、早い時期人医師やケースワーカーに相談しておく必要があります。

 

 

また、それと同時に介護の方法や医療処置への方法を学んでおく必要があります。シーツを交換する方法、体の拭き方、おむつ交換の方法など、療養者に不快がなく、なおかつ介護者の負担が少なくなるような方法を知っておきます。介護器具や吸引機、吸入器なども併せて用意しておきましょう。これらの医療機器は自費で購入することもできますが、場合によっては介護保険サービスとして受けることもできます。使い方もきちんと押さえておきましょう。万が一壊れてもいいように、予備を用意したり、緊急時にはどうすればいいかを考えておくことも大切です。

 

 

また、家出安心して暮らすためには、普段の体調を管理する往診医を持つ必要があります。特に普段大病院に通っている人は、近くの町医者に往診医になってもらう必要があります。

 

 

病室については今まで寝室として使っていた場所を使うのが基本ですが、静かで落ち着け、なおかつ孤独を感じづらい場所にする必要があります。トイレや洗面所は近いほうがいいでしょう。夏ばばは室外との温度差を5度以内に抑えたほうがいいでしょう。冬場は20度を目安に室温を管理してください。また、定期的に換気をして、新鮮な空気を取り込むようにしましょう。

 

 

 

ベッドは清潔で、トイレなどに移動しやすいものを選びマッ法。適切な高さは70cm程度です。


スポンサードリンク
2015年8月30日 コメントは受け付けていません。 終生