スポンサードリンク

介護における基本的なケアの方法


介護は人の日常生活を助けるためのものです。食事、排泄、睡眠、体の清潔さを保つことなどが主な援助になります。大切なのは、できる範囲で被介護者にも何かをやってもらうことです。これは被介護者のプライドを保ち、生きがいを守ることにつながります。また、介護者は被介護者がなるべく従来の生活リズムを崩さずに生活できるように支援をするべきです。

 

 

洗面と身だしなみ

朝の洗面は顔や口腔内の清潔さを保つだけではなく、朝の気分転換という意味でも重要です。口腔内は細菌が繁殖しやすく、放置したままにしておくと虫歯や絶対ができたり、口臭や口内炎を引き起こす原因にもなります。被介護者は一度新しい病気にかかってしまうと治りにくい傾向があるため、常日頃から清潔を保ち、残された健康を維持増進するように努めましょう。

 

 

洗面は、できるだけ体を起こして行います。被介護者の身体がある程度動く場合は、時間がかかっても自分でやってもらうことが大切です。それがリハビリにもつながります。自力でできない部分のみ、介護者が手を貸すようにしましょう。

 

 

洗面を介護者が行う場合は、温めたハンドタオルにせっけんを少量付けて、額、鼻の頭、ほお、耳の後ろ、首筋を拭きます。別の温かいタオルで顔や首筋についた石鹸をよく撮り、肌が乾燥している場合は乳液などを使って一定の水分を保つようにしましょう。髭が生えている場合は、洗面と髭剃りを一緒に行うと手間が省けます。

 

 

洗面が済んだら整髪です。介護を受けている状態では頻繁に髪が洗えませんので、時々頭皮をマッサージしましょう。

 

 

歯磨き

歯磨きに関しては、磨いている最中に衣服がぬれないように、襟元から胸元にかけてタオルを当てておくといいでしょう。歯を磨くときは普通の歯磨きを使ってもいいですが、手の動きに難がある場合は電動歯ブラシを使うといいでしょう。普通の歯ブラシよりも使いやすく、力が入らなくても簡単にブラッシングできます。

 

 

入れ歯を付けている場合は、それを外してから歯磨き粉で磨きます。口の中はぬるま湯でゆすぎます。外した入れ歯は水で流してきれいにします。寝る前には入れ歯を外して、清潔な水に入ったコップに着けておくといいでしょう。

 

 

手洗いは洗面器のお湯で行います。それが難しい場合は、温めたハンドタオルにせっけんを少量付けて手を拭き、その後別のタオルでふき取ります。手洗いは朝起きた後と食事前に行いましょう。それが難しいという場合は、手元にウエットティッシュをおいて置き、随時それを使ってもらいます。


スポンサードリンク
2015年9月29日 コメントは受け付けていません。 終生