スポンサードリンク

人間の安楽死方法と是非。日本人とオランダ人の現状と条件、事件の判例は


日本と世界の安楽死事情について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

安楽死には積極的安楽死消極的安楽死があります。
積極的安楽死とは、治療が不可能で終末的な病気に加え、
耐え難い苦痛がある場合に、患者の許可を得て、法律が定めた条件を満たしたうえで、
医師が死に至る毒物を投与して患者を死なせることです。

 

 

一方、消極的安楽死とは、患者(患者が意思表示できない場合は親や子、配偶者など)の意思表示により、
医師の治療を開始しない、もしくは行っていた治療を中止させることにより、
結果として患者をしに至らせることを指します。

 

 

日本では積極的安楽死は明示的には認められてはいませんが、
過去に東海大学で起きた末期がん患者に担当医が塩化カリウムを投与し、死に至らしめた事件では、
条件(患者に耐え難い苦痛がある、患者は死が避けられないなど)を満たした場合には積極的安楽死が許容されるという判決がなされています(この事件では患者は昏睡状態で痛みを感じていなかったため、条件を満たしておらず執行猶予判決となりました)。

 

 

現在、日本では積極的安楽死の賛成派の間で議論が定めれていますが、
今のところ結論が出る様子はありません。
安楽死と認めるにしろ認めないにしろ何らかの問題は間違いなく発生しますし、
立場によって意見が異なるのは当然のことですが、
私個人は現在はどちらかといえば賛成の立場に立っています。

 

 

自分の命の在り方は最後まで自分の意見で決めたい、というのが私の考えです。
ただし、積極的安楽死を認めると、安楽死の名を借りた殺人や見殺しが発生する可能性もあるため、そうした悪意を防ぐための十分な法整備は欠かせないとも思います。

 

 

現在、積極的安楽死を認めているのはオランダ、ベルギー、アメリカの1部の州、スイスなどです。オランダでは安楽死専門クリニックがあり、投薬による「安楽死処置」を提供しています。

 

 

一方、消極的安楽死は終末期に日本でも広く使われる手法です。
ただし、治療の可能性がある患者や、治療はできなくても今すぐに死に至るわけではない患者に対しては、
すぐに消極的安楽死を選ぶのではなく、治療による回復・延命を行われることが要求されます。

 

 

現在、一部の国で積極的安楽死が認められるようになってきたとはいえ、
まだ日本を含む多くの国や地域では認められていません。

 

 

将来もし積極的安楽死が日本でも認めらたい場合、
もっと理想的な社会が来るのか、
それともかえっていきづらい社会が来るのか……。

 

 

私にはわかりませんが、この件に関しては拙速な議論は避け、
多少時間がかかってもより多くの人が納得できる結論を出すようにしたいものです。


スポンサードリンク

コメントを残す