スポンサードリンク

ターミナルケア、終末ケアの考え方


医療が高度に進歩した現代においても、なお人間の生命には限りがあります。いまだかつて不老不死を達成した人間は一人もいません。どんなに栄華を極めた人間でも、いずれは死を予感し、死と向き合い、そして死にゆくものです。そうした死の間際にある患者を見守り、支えるための医療をターミナルケアといいます。日本語では「終末期医療」と訳されることもあります。

スポンサードリンク

ターミナルケアの目的はその人を一日でも長生きさせることよりは、むしろ残された日々を生き生きと、充実感を持ちながら過ごせるようにすることです。いくら寿命が延びても、チューブだらけで体もろくに動かせずに、ただ心臓が動いているだけだったり、あるいは末期がんの痛みなどに悩まされているようでは、それはいい最期であるとは言えないでしょう。そうした患者の悩み、苦しみを最大限緩和し、肉体的にはもちろん、精神的にもケアをしていくのがターミナルケア(緩和ケア)の役割です。

 

緩和ケアについて、WHOは「緩和ケアとは治癒を目的とした治療に反応しなくなった患者に対する積極的な全人的ケアであり、痛みやその他の症状コントロール、精神的、社会的、スピリチュアルな問題のケアを優先する。緩和ケアの目標は、患者と家族のQOL(生活の質)を高めることにある」と述べています。

 

重大な病気にかかった患者はその病気による痛みや苦しみだけではなく、全身の倦怠感、不眠症、あるいは精神的な恐怖感や絶望感といった様々な精神的な問題を抱えています。

 

人はこのような立場に置かれたとき、「なぜ自分がこのような病気にかからなければいけないのか、家族や友人と別れるのが怖い、自分がやがて忘れられていくのが怖い」という考え方、苦悩に襲われることになります。ターミナルケアにおいては、このような精神的な苦痛を取り除くのも大切です。

 

ターミナルケアは一般的にチーム単位で行います。医師を中心に看護師、臨床心理士などの複数の医療関係者がチームを組んで連携し、全体の問題を把握していきながら、患者に合った治療、ターミナルケアを提供します。

 

ターミナルケアの方法には入院、外来、在宅があります。ターミナルケアを重点的に行う病とはホスピスと呼ばれることが多いです。厚生労働大臣、もしくは都道府県知事の認可を受けたホスピスに入れるのはがん患者とエイズ患者に限られています。

 

細菌は入院のみならず、在宅のターミナルケアの需要も増していますが、それに対応できる医療関係者は必ずしも増えていません。早急な人材の育成が急務となっています。


スポンサードリンク
2016年4月12日 コメントは受け付けていません。 終生