スポンサードリンク

糖尿病網膜症の治療方法は?見え方がおかしくなるなどの症状も…


糖尿病には様々な合併症がありますが、
その中でも特にポピュラーなのが糖尿病網膜症です。

 

 

糖尿病で失明する人がいることはご存知かと思いますが、
糖尿病自体で失明するわけではなく、
この合併症によって失明するのです。

スポンサードリンク

糖尿病網膜症の3段階
糖尿病網膜症はその進行具合によって

 

  1. 単純性糖尿病網膜症
  2. 前増殖糖尿病網膜症
  3. 増殖糖尿病網膜症

の3つに分けることが出来ます。

 

 

単純性糖尿病網膜症
最も初期の段階です。
この時点ではまだ自覚症状はありませんが、
網膜の検査を行うと毛細血管瘤(血管にできる瘤)や出血などが見られます。
この時点で発見できれば視力低下を防ぐことが出来ます。
最低でも半年に1回は眼底検査を受けましょう。

 

 

前増殖糖尿病網膜症
この段階でも自覚症状はありません。
検査をすると網膜血管が詰まっていること、
白い斑点やむくみがあることがわかります。
場合によっては目のかゆみなどの症状が現れることもあります。

 

 

また、新しい血管(新生血管)が生まれる準備が始まります。

 

 

増殖糖尿病網膜症
重症の段階です。ここまで来ても自覚症状はまだなく、
新生血管が破れて出血を起こすと初めて飛蚊症や視力低下などの症状が現れます。

 
さらに進行すると網膜剥離を引き起こし、
出血した部分の血液成分が黄斑部にたまって浮腫が出来ます。
この場合は2週間に1度は検査を受ける必要があります。

 

 

一度落ちた視力は糖尿病そのものが改善されても戻らないことが多いので、
糖尿病になったら必ず定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。
特に若い人の糖尿病は進行が早いので、早期発見が視力を守ります。

 

 

治療
糖尿病を持っている人は定期的に眼底検査を受けてください。
単純糖尿病網膜症の段階では血糖値を下げて、糖尿病の改善をすることが優先されます。

 

 

前増殖糖尿病網膜症の段階に入ると、血糖値に改善が見られても網膜症は悪化しやすくなります。

 

 

その場合はレーザー光線を使って新生血管の発生を防ぐ治療がメインになります。
この施術を受けても視力は回復しないのですが、
少なくともそれ以上悪化することはなくなります。

 

 

さらに病気が進行して視力低下が著しい場合は、
浮腫を起こしている血管に対してレーザー治療を行うほか、
ステロイド薬の注射を行うことがあります。

 

 

浮腫が進行している場合は硝子体(水晶体より奥にある部分)を切除することがありますが、たとえ手術に成功しても視力が戻るとは限りません。

 

 

早期発見が何より大事な病気なので、繰り返しになりますが定期的な眼底検査がなにより大切になります。


スポンサードリンク