スポンサードリンク

高齢者と子供に多い秋の病気の流行は?


うだるような暑さも多少は和らいできましたね。
これからは過ごしやすい季節が待っているかと思うと自然と胸も高鳴ります。
しかし、一見穏やかに見える秋に流行る病気は決して少なくありません。
秋は夏の疲れがどっと出やすい時期なので、
免疫力の低い高齢者や子供は特に注意しましょう。

スポンサードリンク

食中毒
食中毒というと真夏の暑い時期に増えるイメージがありますが、
実は食中毒が最も多いのは10月なんです。
秋は行楽シーズンということもあり、バーベキューや川釣りなど野外で食事をとったり、
山で採ったものを食べたりする人が増えます。

 

 

こうした衛生上懸念のある食事は食中毒の元になります。
野外で食事をする場合は衛生管理に十分気をつけましょう。
肉は仲間で良く焼き、調理の前には手を洗う。
当たり前のことに気をつけることが一番大切です。

 

 

肺に関する病気
秋は肺が弱る季節です。喘息もいの方などはいつも以上に注意が必要です。
呼吸を大きくすると、肺が自然と鍛えられ強くなります。
また、皮膚病がある人は一般的に肺が弱いとわれています。
漢方では喘息・花粉症・アトピーの3つの病気が同グループにまとめられています。
このような体質の人はいつも以上に体調管理に気をつけましょう。

 

 

特に冷えと乾燥は肺系統に悪影響を及ぼします。
肺は辛いものを好みますので、ネギやしょうが、
トウガラシなどを使って体を体内から温めてください。

 

 

皮膚掻痒症
皮膚に目だった症状が無いにもかかわらず、
かゆみが出る病気です。かゆみがひっかき傷や発赤を引き起こします。

 

 

老人と妊婦によく見られ、前者を老人性皮膚掻痒症、後者を妊娠掻痒症といいます。
原因は夏と比べて空気が乾燥したことです。
老人は特に体内の水分が少なく、ちょっとした乾燥でも症状が現れます。
入浴時や布団の中などは特にかゆみが出やすく、重症化するとかゆみで寝られないこともあります。

 

 

かゆみに気が付いたらひっかかず、すぐに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科では保湿クリームステロイド外用薬などが処方されます。

 

 

花粉症
秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症がはやります。
スギ花粉症と比べると症状自体は強くないことが多いのですが、
ダラダラと長く続くことが多いので、日常生活に慢性的に影響が出ます。

 

 

花粉が飛散したらできるだけ早く治療を始めましょう。
場合によっては鼻粘膜切除などの手術が効果を示すこともあります。

 

 

疲れ目
秋の夜長で読書をしていると、目にも負担がかかります。
読書もいいですが、きちんと休憩を取って目を休ませてあげることも忘れないでください。

 

 

代表的な秋の病気は以上です。
また何か秋にはやる病気が見つかりましたら、
情報を追加します。


スポンサードリンク
2014年8月31日 コメントは受け付けていません。 秋の病気