スポンサードリンク

食中毒は実は秋に最も多い!対策は?


ようやく暑さも峠を過ぎ、少しずつ毎日が過ごしやすい機構になっている昨今。しかし、だからといって体調管理に気を抜いてしまってはいけません。

秋は夏の疲れがまだ残っていて抵抗力が弱っている上、急激な温度の変化による体調変化も出やすい時期だからです。今回は数ある秋の病気の中でも特に気をつけたい、食中毒を防ぐ方法についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

意外!?食中毒が最も多い時期は9月~10月

食中毒は高温多湿な7月~8月あたりにピークを迎えるイメージがありますが、実は一番発生件数が多いのは9月~10月です。前述のとおりこの時期は夏バテがマダ尾を引きずっていることに加えて、行楽シーズンで野外での食事の機会が増えることなどが原因と考えられます。

自然毒中毒の防ぎ方

秋は最近やウイルスによる食中毒のみならず、きのこやふぐなどの自然毒中毒が発生し易いのも大きなポイントです。食べれそうなきのこに見えても、実は食中きのこによく似た毒キノコということも十分ありえるため、素人判断で食べてしまうのは大変危険と言えるでしょう。

ふぐについては自分で調理せず、ふぐ調理師の資格を持つ人に調理してもらいましょう。身がき及びふぐ加工製品を購入する場合は表示を確認して、安全を確認しましょう。

食中毒を防ぐ基本は「つけない」「増やさない」「やっつける」

食中毒を防ぐために大事なのは「つけない」「増やさない」「やっつける」の3つをしっかりと実践することです。

つけない

食べ物に菌をつけなければ、食中毒にかかる危険は小さくなります。手にはたくさんの雑菌がついていますので、調理や食事の前などにはしっかりと手を洗いましょう。調理器具もしっかりと洗浄し、残った食材は密閉容器に入れるかラップでくるんで保管しましょう。

増やさない

最近は高温多湿な環境で繁殖し、低音低湿な状態では増殖が遅くなります。概ねマイナス15度以下になると、増殖が停止します。食べ物を保管する場合は、必ず低温低湿な冷蔵庫内で保管しましょう。

やっつける

食中毒の原因となる細菌やウイルスの殆どは、加熱することによって死滅します。中心部を1分間以上しっかり加熱すれば大抵の場合大丈夫です。生食は危険なので極力避けましょう。生牡蠣などを食べる際には必ず生食用のものを消費期限内に食べるようにしてください。もちろん、取扱前の手洗いも忘れずに。


スポンサードリンク
2017年9月9日 コメントは受け付けていません。 秋の病気